野村克也は「素直」で森祇晶は「したたか」。名参謀が見た知将の素顔

野村克也は「素直」で森祇晶は「したたか」。名参謀が見た知将の素顔

西武×ヤクルト “伝説”となった日本シリーズの記憶(7)

【参謀】ヤクルト・丸山完二 前編

 四半世紀の時を経ても、今もなお語り継がれる熱戦、激闘がある。

 1992年、そして1993年の日本シリーズ――。当時、”黄金時代”を迎えていた西武ライオンズと、ほぼ80年代のすべてをBクラスで過ごしたヤクルトスワローズの一騎打ち。森祇晶率いる西武と、野村克也率いるヤクルトの「知将対決」はファンを魅了した。

 1992年は西武、翌1993年はヤクルトが、それぞれ4勝3敗で日本一に輝いた。両雄の対決は2年間で全14試合を行ない、7勝7敗のイーブン。あの激戦を戦い抜いた、両チームの当事者たちに話を聞く連載の4人目。

 第2回のテーマは「参謀」。前回の西武・伊原春樹に続き、今回はヤクルトのヘッドコーチを務めていた丸山完二のインタビューをお届けする。

* * *

◆「歴代監督の中で、野村さんはもっとも決断力のない監督」

――丸山さんは、前身の国鉄、サンケイ時代からスワローズひと筋の野球人生でした。1992年は野村克也監督が就任して3年目。丸山さんはヘッドコーチでしたね。

丸山 1990年に野村さんが監督に就任したとき、僕自身もすごく勉強になりました。それまで、僕らはずっと「投手側から見た野球」しか経験していなかったけれど、野村さんは自分の経験から、「捕手側から見た野球」という観念を教えてくれた。キャッチャーはどんな思いでサインを出し、ピッチャーはどういう考えで投げるのか。選手たちにとっても、僕らコーチにとってもすべてが目新しかったね。

――丸山さんは三原脩氏、荒川博氏、広岡達朗氏、関根潤三氏ら、個性的な監督の下でコーチを務めてきましたが、野村監督とはどんな監督でしたか?

丸山 現役時代、コーチ時代を含めて、私は16人の監督に仕えましたけど、野村さんがもっとも決断力のない監督でした。

――「決断力がない」、ですか?

丸山 えぇ。今もそうだと思うけど、私がヘッドコーチだった頃は、野村監督が作戦を決めて、横にいる私がサードコーチャーにサインを出す。そして、サードコーチャーがバッターにサインを伝える。そういう流れでした。でも、野村さんは「ひょっとしたら、ここは外されるのでは?」とか、「バントシフトを敷かれるかも?」と、いろいろなことを考えるわけです。そして、それを考えている間に場面はどんどん進んでいく。ようやく、「バントや」と決断するんだけど、私はいつも「監督、もう遅いですよ」って(笑)。投手交代もそうでしたね。決断を迫られる場面なのに、その判断は遅かった。

――いろいろなシチュエーションが頭に浮かぶからこそ、決断が遅くなるんですか?

丸山 そうかもしれないですね。一度、野村さんに言われたことがありますよ。「お前、オレがブツブツ言っているときは迷っているときなんだから、そういうときは何かアドバイスしろよ」って。でも、僕は絶対にアドバイスしなかった。だって、失敗したら「お前のせいだ」って怒られるし、後で何を言われるかわからないから(笑)。

◆野村さんは素直な性格だけど、森さんはしたたか

――丸山さんは野村監督の下でのヘッドコーチ経験がある一方で、ヤクルトが初の日本一に輝いた1978年の広岡監督時代には、ヘッドコーチだった森祇晶(当時・昌彦)さんとも指導者として接点がありますね。

丸山 野村さんと森さんは、ともにキャッチャーで「知将対決」と言われていたけど、2人は全然タイプが違いますよ。野村さんは人がいいんです。悪気はなくても、自分の思ったことを時と場所を選ばずに、つい口にしてしまう。でも、森さんは絶対にそんなことはしない。自分が話すべきことは事前にしっかり考えていて、「こう話せば、相手はこう反応する」ということを、すべて計算ずくで話している。人間的に言えば、野村さんは「素直」で、森さんは「腹黒い」というか、「したたか」だったかな?

―― 一般的には、森監督も野村監督もキャッチャー出身の「知将」という印象がありますが、丸山さんから見たら、人間的にも監督としてもタイプが違うのでしょうか?

丸山 人間的には違うタイプだと思いますけど、監督としてはどうですかね。僕は森監督の下で野球はやったことがないのでわからないけど、人をうまく使うのは、森さんのほうが長けている気がします。さっきも言ったけど、森さんは「こう言えば、相手はこう出る」という判断が上手でしたから。そういうことは野村さんにはできない(笑)。

――では、野村さんが長けている点は?

丸山 「野球とはこういうものだ」という本質、本筋をきちんと理解して、理論を持っているということかな。自分の野球スタイルをきちんと持っていますよね。

――この年のシリーズ開幕前の監督会議で、野村さんが森監督に対して、「西武にはスパイ疑惑がある」と指摘しました。この会議には丸山さんも出席していましたね。

丸山 あぁ、そういうこともありましたね。お客さんに仕立てたスパイを外野席に座らせてサインを盗んで、伝達しているという話だったかな? あるいは、スコアボードの中にスパイを忍ばせているという話だったかな? そういえば、森さんがヤクルトにいた頃、そういうスパイ行為を一番気にしていたのが森さんだったね。あるとき、森さん自ら広島市民球場のスコアボードの裏側まで見に行ったこともあったから。

―― 一連の発言は、野村さんならではの陽動作戦だったのでしょうか?

丸山 もちろん、そうだと思います。相手を牽制する意味があったんでしょう。こちらとしては予告先発なんかしたくないのに、向こうが断ってくることが分かっていて、あえて「予告先発をしようじゃないか」と言ったり。そういう牽制はよくありましたね。

◆事前の「西武対策」がほとんどできなかった1992年

――1992年のペナントレースは阪神とのマッチレースでした。10月10日に、甲子園球場で14年ぶりにセ・リーグ優勝。そして日本シリーズは翌週17日開幕という日程でした。事前の準備はどのくらいできたのですか?

丸山 ほとんどしていないです。もちろん、ミーティングを重ねたりビデオを見たりはしましたけど、西武の資料が少なくて、シリーズが始まってから直接対策を考えるという感じでした。むしろ、この1週間は自軍のコンディション調整や、士気を高めることがメインでした。

――そうした状況の中で、「勝てるぞ」という自信、手応えはありましたか?

丸山 うちは若い選手が多かったし、初めてシリーズに出場する選手がほとんどだったから、「勝てるぞ」というイメージはなかったです。正直に言えば、「セントラルの代表として、無様な試合はできないな」というイメージでした。ただ、僕の気持ちとしては、勝つとか負けるとかはともかく、勝負事は「やってみなくちゃわからない」と楽観視している部分もあったけどね。だけど、相手メンバーを見たら、すべてが西武のほうが上だったけど。

――野村さんはシリーズ開幕前に、「ひとつ敗れるとズルズルいってしまうので、4勝0敗で勝つ」と宣言しました。これは本音だったのでしょうか?

丸山 全然、本気じゃないと思いますよ。確かに、ひとつ負けたらズルズルいってしまいそうな気配はあったから、選手たちに意識を植えつけるためにも「4連勝する」と言ったんだと思います。それは、あの人の得意なやり方ですよ。

――そもそも、丸山さんが野村監督の下でヘッドコーチに就任するきっかけは何だったのですか?

丸山 僕がヘッドコーチになったのは、野村さんの2年目の1991年です。このときは「お前、やってくれないか」ということで引き受けました。野村さんは外から来た人だったので、ずっとスワローズにいる僕がそばにいるのはやりやすかったんじゃないですか? 野村さんはよく、「オレはチーママだから」と僕にこぼし、「その点、丸山は大ママだから」と言っていました。自分のことを「雇われママ」だと思っていたんですかね(笑)。

――野村さんの就任によって、少しずつ「ID野球」がチーム内に浸透していくわけですね。

丸山 そうですね。広澤(克実)や、池山(隆寛)は多少、とまどいはあったようだけど、古田(敦也)は全面的に信頼して伸びていきました。たとえば、「この流れだと次は70%の確率でストレートが来る」というデータがあったときに、広澤は「でも、ひょっとしたら変化球が来るかも?」と、「残り30パーセント」のことを不安に思うタイプ。一方で古田は「70%なら大丈夫だ」と、楽観的に考えるタイプでしたね。こうして彼らが成長した結果が、1992年の日本シリーズ進出だったんです。


(後編に続く)

著者:長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi





関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索