森保ジャパン招集メンバーに矛盾あり。なぜ乾が外れて長友が入った?

森保ジャパン招集メンバーに矛盾あり。なぜ乾が外れて長友が入った?

 ハイチ戦(10月12日)、ウルグアイ戦(16日)に臨む日本代表メンバー23人が発表された。9月のチリ戦(中止)、コスタリカ戦に招集されたメンバーからの入れ替わりは6人だ。

 車屋紳太郎、守田英正(以上、川崎フロンターレ)、植田直通(セルクル・ブルージュ)、山口蛍(セレッソ大阪)、伊藤達哉(ハンブルガー)、天野純(横浜F・マリノス)が外れ、長友佑都(ガラタサライ)、吉田麻也(サウサンプトン)、酒井宏樹(マルセイユ)、原口元気(ハノーファー)、柴崎岳(ヘタフェ)、大迫勇也(ブレーメン)が加わった。

 前回招集されながら、故障のため参加を断念した大島僚太(川崎フロンターレ)、同様に前回の合宿中に故障のため戦線離脱した杉本健勇(セレッソ大阪)は、それぞれ直近のJリーグには出場しているが、今回、再招集されることはなかった。

 また、ロシアW杯のメンバーで、前回に引き続き今回も招集されなかった選手は以下の通り。

 川島永嗣(ストラスブール)、中村航輔(柏レイソル)、昌子源(鹿島アントラーズ)、酒井高徳(ハンブルガー)、長谷部誠(フランクフルト)、本田圭佑(メルボルン)、乾貴士(ベティス)、香川真司(ドルトムント)、宇佐美貴史(デュッセルドルフ)、岡崎慎司(レスター)、武藤嘉紀(ニューカッスル)の10人だ。

 このうちJリーグでプレーする2人(中村と昌子)は負傷中。また、長谷部、本田、酒井高徳の3人は代表引退を発表したり、ほのめかしている。可能性を残しながら選ばれなかった選手は、川島、乾、香川、宇佐美、岡崎、武藤の5人になる。森保監督から低評価を受けている海外組ということになる。

 この中で川島(35歳)、岡崎(32歳)は、年齢的に見ても、状況的に見ても、次回W杯が難しそうであると推測できる。代表から外れることに違和感はないが、乾(30歳)、香川(29歳)らはそうではない。事件性を覚えずにはいられない。

 乾は、ロシアW杯で日本のベスト16進出の1、2を争う立役者だ。所属のベティスでも出場を果たしている。次回、カタールW杯の2022年には34歳。年齢的に見ると4年後の可能性は高くはないが、長友(32歳)が今回、選ばれたことを考えれば、その違いはどこにあるのか、気になるところだ。

 結局、2019年1月にUAEで行なわれるアジアカップを考えた選出なのだろう。そこで好成績を狙うために、長友は欠かせない選手だと森保監督は踏んだのだろう。

 しかしその結果、貴重な左利きである車屋が外れることになった。左サイドバックの候補として残ったのは佐々木翔(サンフレッチェ広島)だった。

 先のコスタリカ戦でも、佐々木の評価は車屋を上回っていた。スタメンを飾ったのは佐々木で、車屋は交代出場にとどまった。森保監督の佐々木評は高い。広島繋がりのよしみが多分に働いていると考えられるが、単純にサイドバックとしての能力に限れば、車屋の方が上だ。佐々木が上回るとすれば、森保監督が3バックを選択したときの対応力だろう。4バックのサイドバックというより、3バックの一角の方が似合っていると見る。

 車屋には、3バック時のウイングハーフ(ウィングバック)に欠かせない「槍」的な要素はない。4バックのサイドバックとしての適性が他を大きく勝っている。

 コスタリカ戦では4−2−3−1を採用した森保監督。だが、今回の記者会見では、広島時代の3−4−2−1を使用する可能性があると相変わらず述べていた。コンセプトが真逆な布陣を、臨機応変な対応という名のもとに採用しようとしているわけだが、その歪みがサイドバックの人選に見て取れる。

 4バックのサイドバック、3バックのウイングハーフ(ウィングバック)、センターバックの両端は、それぞれ似て非なるポジションだ。しかし23人という枠組みの中で、各ポジションに最適な選手をいちいち選んでいる余裕はない。そういう意味でも森保式3バックは代表チームには向いているとは言いがたい。とりわけW杯やアジアカップのような短期集中型のトーナメントで、効率の悪さを露呈する。

 外れた選手に話を戻せば、香川が外れたことは、なぜかあまり大きなニュースになっていない。今季、ドルトムントでの出場機会はほとんどなし。ただし、同様な立場にある柴崎岳、原口元気が選ばれたのとは対照的だ。

 4年後には33歳を迎えている選手ながら、前10番だ。その落選は、ちょっとした事件に値するはずだが、なぜか報道では騒ごうとしない。香川は30歳手前にもかかわらず、このまま代表チームからフェードアウトしていくのか。

 宇佐美、武藤はともに26歳。4年後を十分狙える選手だが、中島翔哉、堂安律、伊東純也、南野拓実らの後塵を拝す格好になっている。具体的には4−2−3−1の3の列である。4年後に31歳になっている原口が、どこまで頑張れるか。

 センターフォワードのポジションには、現在28歳の大迫勇也が復帰した。4年後を考えるときわめて微妙な年齢ながら、少なくとも現在の力は抜けている。アジアカップでも日本の浮沈のカギを握る存在だ。年齢が上がればトップ下としてもいけそうな高い技術を誇る。4年後に30歳を超える選手の中では、最も可能性を感じる。キャプテン格の吉田麻也以上に。

 年齢の問題を続ければ、森保ジャパンの誕生とともに代表に復帰した青山敏弘(32歳/サンフレッチェ広島)をどこまで引っ張るのかも見どころのひとつだ。アジアカップまでなのか。森保ジャパンを立ち上げたいま現在に限ったものなのか。

 4年前、監督のハビエル・アギーレは、アジアカップが近づくと当時30 歳を超えていた遠藤保仁、今野泰幸(ともにガンバ大阪)、長谷部誠を代表に復帰させた。若手中心でスタートしたものの、結果を残せず、このままでは危ないというわけで、ベテランの力を借りたわけだが、それでも結果はベスト8だった。

 今回のアジアカップ優勝には、コンフェデレーションズカップの出場権はかからないという。ならば、ひとりでも多くの若手に門戸を開放するべきではないだろうか。青山や槙野智章(浦和レッズ)という選択は、森保ジャパンの立ち上げ時に限ってほしいものだ。

著者:杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by Sano Miki


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索