相手も驚く動きの速さ。錦織圭が格の違いを見せジャパンOPベスト4へ

相手も驚く動きの速さ。錦織圭が格の違いを見せジャパンOPベスト4へ

 勝利を決めた瞬間、錦織圭は、マイケル・チャンコーチたちに向かって、右手を高く上げて力強く拳を握ってみせた――。

 楽天ジャパンオープン準々決勝で、第3シードの錦織(ATPランキング12位、10月1日づけ/以下同)は、第5シードのステファノス・チチパス(15位、ギリシャ)を、6−3、6−3で破り、3年ぶりにベスト4へ進出した。

 20歳のチチパスは、1年前のジャパンオープンでは115位で予選を勝ち上がって、1回戦で敗退していたが、ここ1年で急成長した選手だ。

 今年の4月にATPバルセロナ大会で準優勝して頭角を現すと、8月上旬のマスターズ1000・カナダ大会では、決勝でラファエル・ナダル(当時1位、スペイン)に敗れたものの初めて準優勝を飾った。決勝までに至る過程で、2回戦でドミニク・ティエム(当時8位、オーストリア)、3回戦でノバク・ジョコビッチ(当時10位、セルビア)、準々決勝でアレクサンダー・ズベレフ(当時3位、ドイツ)、準決勝でケビン・アンダーソン(当時6位、南アフリカ)に勝ち、4連続でトップ10選手を破る離れ業をやってのけた。

 これまで錦織とチチパスは練習を1回しただけで、初対戦の難しさがあるのではと予想されたが、準々決勝では、若いチチパスよりはるかに経験豊富な錦織が、格の違いを見せつけるようなテニスを披露した。

「なるべく速い展開でプレーできたので、それがよかったのかなと思います」と語った錦織は、ベースラインからコートの中へステップインして攻撃的なストロークを打ち、常にラリーの主導権を握ると、チチパスは全くついていけなかった。

 第1セット第6ゲームで、錦織が1回だけサービスブレークを許したものの、ファーストサーブのポイント獲得率は85%で非常に高かった。一方、チチパスのセカンドサーブでのポイント獲得率は38%と低く、錦織のリターンは好調で、「感覚がよかった。思いどおりプレーができた」と錦織が、試合全体を終始支配していた。

 さらに、チチパスは、錦織の動きの速さに目を見張り、どんなボールでも追いつき返球してくるプレッシャーを受けた。コートカバーリングや、相手にウィナーを打たせない点、相手にプレッシャーを与えるようなランニングショットなどは、ナダルに匹敵するものだと絶賛した。

「圭は、トップ5に入っていた選手ですし、すべてを知り尽くしていて、経験豊富な選手です。だから、自分のプランがあっても実行するのは難しかったです。次回、彼と戦う時は、もう少し準備を整えられたらと思います」

 チチパスは、今季ツアーレベルに定着したのが初めてで、高いレベルの連戦の中で、フィジカル面でもメンタル面でも自分のテニスを高く維持し続ける難しさを、錦織との試合の中で痛感させられ、錦織と差があることを素直に認めた。そして、錦織のようなレベルの選手と対戦を重なることによって、自分が強くなっていけるはずだとチチパスは、今後の自分の成長に期待を込める。

 今季、若い選手の台頭が続く中、その傾向はジャパンオープンでも見られていたが、28歳の錦織は、チチパスの挑戦を退けて、あらためて自分の存在感を示すことができた。

 だが、今後さらにチチパスをはじめとした”Next Gen”と呼ばれる若手選手たちが成長すれば、「今後1〜2年でトッププレーヤーの顔ぶれが変わるだろう」と、錦織は予測する。チチパスは、いずれまた錦織と対戦し、今度は錦織を追い詰めるような強敵になるかもしれない。

 また、若き挑戦者と対戦する中で、錦織は、プロに転向して1年が経過した18歳の自分を思い起こし、時間の経過と共に成長した自分を振り返る一面もあった。

「(18歳の時は)思い切りのいいプレーがあった半面、テニスの粗さもあった。今はいい意味で落ち着いて、どっしり構えて、いろいろ経験できて、今があるんだなと今日感じました」

 準決勝で、錦織は、第8シードのリシャール・ガスケ(25位、フランス)と対戦する。2人とも天才肌だが、対戦成績は錦織の2勝7敗で、かつてガスケは、錦織が苦手にしている選手のひとりだった。

 2008年ジャパンオープン3回戦で、18歳の錦織(当時84位)は、ガスケ(当時13位)と初対戦し1−6、2−6で敗れている。試合後に錦織は、4歳年上で、すでにツアーのトップレベルで活躍していたガスケを、「リスペクトし過ぎた」と反省したが、その後ガスケ戦では6連敗を喫した。本来ショットメイクがいい錦織なのだが、ガスケの得意なバックサイドにボールを集めすぎて、戦術的に選択を誤って負けるケースが多かった。

 果たして、錦織がジャパンオープンで4年ぶりの決勝進出なるか。ベテランのガスケを相手に真価が問われることになる。

著者:神 仁司●文・撮影 text&photo by Ko Hitoshi


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索