錦織圭、ガスケを退け決勝へ。10年前の完敗があって今がある

錦織圭、ガスケを退け決勝へ。10年前の完敗があって今がある

 リシャール・ガスケ(フランス)と初めて対戦したのは、10年前のジャパン・オープン3回戦だった。

 同年2月に18歳にしてツアー初優勝を成し、日本のみならず世界中のテニスファンが「次代のスター候補」と目するまでになっていた錦織圭の凱旋試合には、1万人に迫る観客と多くの報道陣が詰めかけていた。その一戦に1−6、2−6で完敗を喫した錦織は、「昔からすごい選手として知っていたので、リスペクトしすぎてしまった」と伏し目がちに告白する。

「錦織の敗因は?」
「彼に足りないものはなにか?」

 錦織の敗戦の訳を求める問いは、敗者のみならず勝者にも向けられた。それらの狂熱に囲まれる日本の若者に、母国フランスでは「小さなモーツァルト」の愛称で幼少期から知られ、過大な期待にさらされてきた自身の姿が重なっただろうか。色めき立つメディアを諌(いさ)めるように、当時22歳のガスケは言った。

「まだ彼は若いし、経験が必要だ。もう少し待ってあげなよ」……と。

 そのときから”ひと昔”に相当する年月が流れた、今年のジャパン・オープン準々決勝――。

 自分より9歳年少のステファノス・チチパス(ギリシャ)を迎え撃った錦織は、ウォームアップ時に読み上げられる対戦相手の生年月日に、「自分より10歳近く若いのか……」と、郷愁を伴う衝撃を覚えたという。

 同時に胸裏に甦ったのは、10年前の、まだ何者になるかすら不確かだったころの自分。たしかにあのころのほうが、若さゆえの思い切りのよさはあったかもしれない。だが、今はいい意味で落ち着き、いかなる状況にも動じることなく、試合を迎えられている自分がいる。

「いろいろと経験ができて、今があるんだな」

 そんな感傷をも胸の隅に抱えながら、彼は若いチチパスを圧倒する。

 その先で迎えた準決勝の対戦相手は、奇しくも、10年前の若かった……つまりは未成熟だった日の自分が敗れた、ガスケであった。

 初対戦での敗戦以降も5連敗を喫し、通算成績で2勝7敗と負け越すガスケとの対戦を、錦織は「チャレンジしていけるので楽しい」と言い表した。弱点が少なく、繊細なタッチから多彩な技を繰り出す天才肌のショットメーカーは、錦織がどこか自分と似た匂いを嗅ぎ取るテニスプレーヤーでもあるのだろう。

 その相手との10度目の対戦は、両者ともに高い集中力で自身のサービスゲームを獲得しあう、緊迫の幕開けとなる。

 ひとつの綻(ほころ)びが趨勢(すうせい)を決めかねない張り詰めた空気のなか、先にチャンスをつかんだのは錦織のほう。だが、手にした3つのブレークポイントを、いずれもガスケの高質のプレーに阻まれる。嫌な予感も胸をよぎるなか、第1セットはタイブレークへとなだれ込んだ。

 今大会のガスケは、ここまでの3試合ですでに5度のタイブレークを経験し、そのすべてをモノにしている。そのデータも頭に刻み込んだうえで、錦織は「プレーのレベルを一層上げなくてはいけない。集中力を高め、なおかつネットに出るなど攻撃的にいく」ことを自分自身に言い聞かせた。

 その冷静さこそが、彼が10年以上に及ぶプロキャリアのなかで蓄積してきた、経験の産物だろう。とくにタイブレークの立ち上がりでは、フォアを深く打ち込むと同時に前に踏み込み、スマッシュやボレーで豪快にポイントを連取した。さらには、「届かないと思うボールも取れている」と自賛する軽快なフットワークで、決まったと思われる相手のショットをことごとく打ち返す。

 もちろん、そのフットワークも、手首のケガで戦線離脱していた間に「トレーニング方法も少し変えながら、長時間取り組んできた」というフィジカル強化の賜物だ。自身のみならず、ガスケも「完璧だった」と声を揃えるタイブレークの末に、錦織が第1セットを奪った。

 自信を持っていたタイブレークを失ったこのとき、精神的に落ち込んだことをガスケは否定しない。そして錦織の”経験”は、ここが「叩きどころ」だと彼に告げた。第2セット最初のゲームを錦織は、巧妙なドロップショットや強烈なリターンを連ねてブレークする。

「第1セットを失って落ち込み、さらに第2セットの第1ゲームを落としたときに、自信を失ってしまった」

 敗者がそう顧(かえり)みれば、勝者は「ブレークした後から、伸び伸びプレーできた」と穏やかに振り返る。

 最終スコアは、7−6、6−1。

「僕のプレーは悪くなかった。今日の圭は、すべてのプレーが僕よりよかっただけ」

 敗戦を全面的に受け入れるガスケは、かつて「もう少し待ってあげなよ」と同情を寄せた相手と自身の現況を、次のように述懐した。

「彼はずっとトップ10にいた選手で、僕は今、ランキングが下がって30位前後にいる。そのあたりの差も出たんじゃないかな」と。

 尊敬するガスケを退け、勝ち進んだその先は、錦織にとって通算24度目のツアー決勝の舞台となる。これまで「決勝の前夜にぐっすり眠れたことはない」という彼には、迎える眠りの浅い朝も、試合前に覚える胃の痛むような緊張も、すでに幾度も経験した身心の記憶である。

 初優勝のそのときから積み重ねた、10年の歳月の深み――。踏破した道のりで醸成した風格を身にまとい、錦織は3度目となるジャパン・オープンのタイトルを掴みにいく。

著者:内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索