ヤクルト荒木大輔は熱投→敗戦。石井丈裕は西武の勝利に複雑だった

ヤクルト荒木大輔は熱投→敗戦。石井丈裕は西武の勝利に複雑だった

西武×ヤクルト “伝説”となった日本シリーズの記憶(9)

【同級生】西武・石井丈裕 前編

 四半世紀の時を経ても、今もなお語り継がれる熱戦、激闘がある。

 1992年、そして1993年の日本シリーズ――。当時、”黄金時代”を迎えていた西武ライオンズと、ほぼ80年代のすべてをBクラスで過ごしたヤクルトスワローズの一騎打ち。森祇晶率いる西武と、野村克也率いるヤクルトの「知将対決」はファンを魅了した。

 1992年は西武、翌1993年はヤクルトが、それぞれ4勝3敗で日本一に輝いた。両雄の対決は2年間で全14試合を行ない、7勝7敗のイーブン。あの激戦を戦い抜いた、両チームの当事者たちに話を聞く連載の5人目。

「参謀」に続く第3回のテーマは「同級生」。今回は、西武の石井丈裕のインタビューをお届けする。


◆荒木大輔と投げ合うことが嬉しかった1992年シリーズ

――早稲田実業高校時代の同級生・荒木大輔投手を擁するスワローズと、ライオンズが激突した1992年、1993年の日本シリーズから四半世紀が経過しました。

石井 人間というのは勝手なもので、いいことは覚えているんですけど、悪いことは忘れやすいですよね。1992年は一応、シーズンで活躍できて日本シリーズでも優勝し、シリーズMVPもいただいた。だけど、1993年は主力として起用してもらったのにシーズン後半は体がボロボロで、本当にキツかったという印象しか残っていません。

――1992年の日本シリーズは、荒木投手との比較から「同級生対決」と騒がれました。ご本人はどんな意識だったのですか?

石井 「特別な意識はなかった」と言えばウソになりますね。やはり、僕自身も試合で投げる以上、「彼にもいいところを見せたい」という思いはありました。

――高校時代は荒木投手がエースとして大活躍して、日本中の注目を浴びていました。一方の石井さんは、当時は控え投手でした。その辺りについての意識はいかがですか?

石井 当時は、そのこともよく言われていたけど、その点についてはあまり意識していなかったです。高校時代、僕は二番手だったけど、僕を含めたみんなが「大輔のおかげで甲子園に連れていってもらった」って考えていました。それは当時の和田(明)監督の指導がよかったんだと思うけど、みんなが「自分のこと」よりも「チームのこと」を優先していましたから。

――その和田監督が亡くなったのが1992年のことでした。そして、この年は荒木投手が、長いリハビリ生活を経て復活を果たした年でもありますね。

石井 彼が約4年ぶりに復活登板したその日(1992年9月24日)のことは、今でもよく覚えています。家に帰って、スポーツニュースで大輔の復活登板を知ってすぐに、彼に電話をしたんです。

――その一連の経緯は、荒木さんの書籍にも書かれていました。古い番号しか知らなかったから、荒木さんの実家に電話をして、新しい番号を調べたそうですね。

石井 そうです。それまでずっと連絡を取っていなかったから、高校の住所録を取り出して彼の実家に電話をかけて、お母さんに大輔の電話番号を聞いて電話をしました。「大輔が投げた」ということで、興奮していても立ってもいられなかったという感じですね。だって、テレビで知ったときに鳥肌が立ちましたから。

――どんな思いでその電話をかけたのですか?

石井 純粋にうれしかったんです。肘や肩というのはピッチャーの生命線ですよね。そこを故障して4年間もリハビリを続けることは、本当にキツいことだったと思うんです。それを乗り越えて復活したというのは、「同級生として」という思いもあったけど、「同じ投手として」という思いもあって喜びが込み上げてきたんです。彼がリハビリを続けている間は、何となくこちらからは連絡ができなかった。でも、このときはうれしくて電話をかけましたね。


◆複雑な思いで、荒木のピッチングを見ていた

――あらためて1992年日本シリーズについて伺います。この年の石井さんは第3戦、そして最終第7戦に先発登板しています。まずは第3戦のことから教えてください。

石井 先発を告げられたのはシリーズが始まる前の合宿のときでした。この年は年間を通じて活躍させてもらったので、「この成績に恥じないように、とにかく日本シリーズでも頑張ろう」という気持ちが強かったですね。

――この年の石井投手は15勝3敗3セーブという好成績でした。初戦が渡辺久信投手、第2戦が郭泰源投手、そして第3戦が石井投手。森祇晶監督の本によると、「第3戦は第7戦を任せられる投手を起用する」と書かれています。実際に第7戦にも先発登板をしていますが、そういう説明は事前に受けていましたか?

石井 いいえ、特に聞いてはいません。当時の僕は自分のことでいっぱいいっぱいで、「とにかく、任された試合をしっかり投げよう」という気持ちだけでしたね。この年、僕はプロ4年目なんですけど、それまでに1990年、1991年と日本シリーズに出場していました。でも、この2年間はいずれもリリーフ登板で、先発を任されたのは1992年が初めて。ずっと「先発したい」と思っていたので、”待ちに待った”という感じでした。

――石井さんが登板する第3戦に先駆けて、スワローズは第2戦で荒木投手を先発に起用しました。この試合はどんな心境でご覧になっていたんですか?

石井 僕は第3戦の登板が決まっていたので、この日は上がりで、神宮球場のトレーナー室でマッサージを受けていました。本当に複雑な心境で見ていましたね(笑)。正直なことを言えば、この日の大輔は全盛期と比べるとボールのスピードが落ちていました。それでも、シュート系の球とカーブをうまく使って、当時パ・リーグ随一の西武打線を抑えているのを見て、「いろいろ考えて投げているな」と感心していました。

――その試合は、清原和博選手に2ランホームランが飛び出して、ライオンズが2−0で勝利。荒木投手は6回2失点で降板し、敗戦投手になりました。

石井 チームとしてはいい結果なんですけど、複雑……本当に複雑でしたね。でも、打たれはしましたけど、彼のピッチングを見て「本当に復活したんだな」と、うれしかったことを覚えています。

◆第3戦は清原和博の言葉に救われた

――そして、いよいよ第3戦を迎えます。この日のコンディションはいかがでしたか?

石井 そんなに悪くなかったんですけど、この日7回表に広澤(克実)さんにソロホームランを打たれるんです。このときに、ものすごくカリカリしたことと、それを敏感に感じ取ったファーストの清原くんがマウンドまで来てくれて、「落ち着いて、落ち着いて」と声をかけてもらったことをよく覚えています。

――当時の記事を読むと、石井投手は「基本的には温和で優しい性格だけど、マウンド上では意識して、闘争心を掻き立てている」と書いてありましたが。

石井 温和で優しいかどうかは自分ではわからないけど、どうしてもバッターを攻め切れない部分があったので、自分で気持ちを高めて、アグレッシブにいくようにはしていました。でも、清原くんのひと言で冷静になれましたね。この時点で2−1でしたけど、「冷静になって、行けるところまで行こう」と思っていました。

――結局、この日は9回を1失点で完投して、見事に勝利投手に。対戦成績を2勝1敗としました。

石井 1勝1敗のタイだったということはもちろんわかっていたけど、正直、そこまでの余裕はなくて、「とにかく自分の力を発揮しよう」という思いだけでしたね。それがチームの勝利にもつながるし。

――そして、この試合の終了後に第7戦の先発を告げられたんですよね?

石井 僕はもともと、「第7戦は(郭)泰源が先発して、僕はリリーフなのかな?」って思っていました。でも、第2戦でピッチャーライナーが当たって、「もう泰源は投げられない」となったことで、僕が先発することになりました。チームとしては一試合でも早く日本一が決まったほうがいいんだけど、個人的には「第7戦で投げたい」という思いも強かったです。

――3勝1敗で王手をかけたものの、第5戦、第6戦ともスワローズが驚異的な粘りを見せて逆王手。第7戦までもつれ込みましたね。

石井 正直言って、第3戦の登板はそこまでプレッシャーはなかったんです。自分のことだけ考えていたので。でも、第7戦は違いましたね。第5戦、6戦の負け方がよくなかったし、3勝3敗のタイだったということもあって、プレッシャーが全然違いました。ヤクルトには勢いがありましたから、なおさらでしたね。

(後編に続く)

著者:長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索