必見のグアルディオラの戦術。CL制覇を狙うマン・シティ最大の特徴は?

蹴球最前線──ワールドフットボール観戦術── vol.41

 サッカーの試合実況で日本随一のキャリアを持つ倉敷保雄、サッカージャーナリスト、サッカー中継の解説者として長年フットボールシーンを取材し続ける中山淳、スペインでの取材経験を活かし、現地情報、試合分析に定評のある小澤一郎――。この企画では、経験豊富なサッカー通の達人3人が語り合います。

 今回のテーマは、激戦の続くチャンピオンズリーグ(CL)。ペップ・グアルディオラが率いるマンチェスター・シティは、昨シーズンリーグを制覇し、今季はCLでの優勝を狙う。主力のケガによる離脱はあるものの、ここまでリーグで順調なシティは、CLでも頂点に立てるのか。連載一覧はこちら>>


昨季プレミア王者となったマンチェスター・シティを率いるグアルディオラ監督

――次に、今回クローズアップする4チームの中で、唯一チャンピオンズリーグ優勝の経験がないマンチェスター・シティの話に移りたいと思います。まずは、ペップ・グアルディオラ監督率いるチームの特徴からお願いします。

小澤 最大の特徴は、攻撃時のボールの保持にあると思います。システムはいくつか使い分けていますが、ベースは4−3−3。今シーズンは開幕直後にケヴィン・デ・ブライネが故障して戦線を離脱していますが、ダビド・シルバも含めたインテリオール(インサイドハーフ)にボールをつけながら、中盤をしっかり経由して前進します。

 サイドからクロスも入れますが、中央はガブリエウ・ジェズスとセルヒオ・アグエロなので、クロスよりもコンビネーションで突破していくというところがフィニッシュ局面での特徴です。その分、攻守の切り替えのところではボールの即時回収を試みて、ハイライン、ハイプレスを実践しています。もちろんプレミアリーグのクラブなのでカウンターの精度も高いですし、高い位置でボールを奪ったらショートカウンターで1トップを狙うというところも、基本的なプレーモデルに盛り込まれています。

 ただ、残念ながらチャンピオンズリーグ初戦のリヨン戦は、ペップのベンチ入り禁止処分が影響したのか、その特徴が生かされる場面があまり見られませんでした。スタンドで家族と観戦するペップの様子が頻繁にテレビ用カメラに抜かれていましたが、サッカーファンの間では「ペップの娘さん、かわいいね」という話題の方が試合の話題よりも上回っていたようです(笑)。

倉敷 リヨンは準備してきたシティ対策を見事に実践していましたね。彼らと戦うならこのやり方が有効だ、というテキストを示したような試合でした。

中山 そうですね。まずこの試合をひと言で表現すると、「シティが緩かった」というところに落ち着くのではないでしょうか。ペップが家族と観戦しているということも、その緩さの象徴でもありましたし、選手の中にもおそらくリヨンに対して楽に勝てるという油断もあったと思います。

 それに対して、リーグ戦でなかなか調子が出なくてメディアやファンから批判を浴びていたリヨンはこの試合に賭けていましたし、倉敷さんが話した通り、戦術的にもしっかりと対策を練った形跡もうかがえました。通常、リヨンは4−3−3を基本システムとしていますが、シティ戦の前に行なわれたリーグ戦(対カーン戦)では、中盤の形を変えて4−2−3−1にトライしていて、それがシティ対策の実験だったのだと思います。

 また、人選の部分でも工夫があって、ボランチ2枚にはフィジカル、パワー、ボール奪取能力、推進力もあるパペ・シェイク・ディオプを大抜てきし、タンギ・エンドンベレと組ませたこと、そして右ウイングにサイドの奥深いエリアを突くためにマクスウェル・コルネを起用したことも、結果的に当たりましたね。

 ただその一方で、シティがもし本当に緊張感を持って戦っていたら、もう少し違った展開になったのではないかとは思います。実際、第2節のホッフェンハイム戦のインテンシティはリヨン戦の反省からか、明らかに異なっていた印象があります。

 試合というのは、チーム、選手のフィジカルやメンタルのコンディションによって、どうしてもパフォーマンスが変わってくる。おそらく実力的に言えば、シティとリヨンは2ランクくらいの差があると思いますが、チャンピオンズリーグに出るようなチームはそれなりの力を持ったチームなので、あれくらい緩い試合をしてしまうと格上チームも食われてしまうという典型例になってしまったのではないでしょうか。

倉敷 シティが採用する4−3−3の場合、相手はアンカー、ピボーテのフェルナンジーニョの両脇のスペースを狙ってくるのがセオリーです。それに対して、シティはどういった対応をし、そのポジションのインテンシティを保とうとしているでしょうか。


マンチェスター・シティの今季の基本布陣


小澤 基本的に、これまでは左サイドバックのファビアン・デルフがその位置まで入っていって、2ボランチを組むような変形したかたちでビルドアップをすることが多かったですし、1ボランチの場合でも相手が1トップであれば2人のセンターバックとフェルナンジーニョを合わせると3人いるので、そこは問題なく対応できていると思います。

 もし相手が2トップで来た時は、フェルナンジーニョの脇を締めるようにイルカイ・ギュンドアンが下りてくるか、あるいは左サイドバックのデルフかバンジャマン・メンディが前に出た時には、彼が少し高い位置にあるスペースを埋めにいくという形で対応しています。その辺りは、相手の出方によってきちんと対応できている印象はありますね。

倉敷 デ・ブライネが8月中旬に右膝靭帯を負傷し、3カ月の戦線離脱を余儀なくされました。大きな戦力を失ったシティはどこまで修正できていて、どこが問題を抱えているのか? 中山さんいかがですか。

中山 ここまでは、デ・ブライネの不在をギュンドアンが埋めています。もちろんデ・ブライネであれば、もっといろいろな局面で1本のパスやひとつのドリブルなどで変化をつけられることは確かだと思いますが、ここまでのギュンドアンも良いパフォーマンスを見せていると思います。

 逆に少し気になっているのが、あまり調子が良くないフェルナンジーニョの存在です。リヨン戦でもそうでしたが、ここはチームのアキレス腱になっているような気がしていて、このポジションには代役も見あたらないという点も懸念材料だと感じます。おそらくリヨンのブルーノ・ジェネジオ監督もそこをわかっていたうえで、あえてナビル・フェキルをメンフィス・デパイの後方に配置した4−4−1−1という形にして、フェキルをフェルナンジーニョのところに当てたのでしょう。

 だからシティの2失点目を見ても、フェキルがしっかりフェルナンジーニョに寄せていって、足で突いてデパイにボールが渡り、デパイがすぐにフェキルに戻してシュートまで持ち込んでいました。さらに言えば、1失点目もフェルナンジーニョのミスパスから始まっていましたし、フェルナンジーニョが不安要素であることが浮き彫りになった印象を受けてしまいました。本気でチャンピオンズリーグ優勝を狙うと考えた場合、さすがにフェルナンジーニョ1枚だけで乗り切るのはかなり難しいと思います。

小澤 リヨン戦でのフェルナンジーニョは必要以上に攻撃的で、アタックの時に無理に割って入っていくシーンや、強引なドリブルでの持ち上がりが目に付きました。そこでボールを奪われた時には当然アンカーのポジションのエリアが空いてしまうので、その辺をうまくリヨンに使われていました。

倉敷 バイエルン時代にペップ・グアルディオラが、いわゆる5レーンという攻撃のラインを縦に割った形にする方法を世間に紹介しました。シティにおいては、そこはどれくらいうまくできているでしょうか。

小澤 基本的には5レーンに人を均等に配置しつつ、とくにボール保持時には各レーンに人を置くことで角度の付くパスコースをきちんと作ってボールを前進させようとしています。GKから相手をはがしていくような場面もそうですが、ワンタッチでリズム良くパス回しをできています。なので、後ろ向きの選手は前向きの選手にワンタッチでパスを返して、前向きの選手をフリーで持たせる形が多く見られます。そういった各選手の立ち位置もかなり細かく指導していると思うので、ある意味、選手はすでにオートマチックにできるようになっている印象があります。


マンチェスター・シティの今季の所属選手一覧


倉敷 ペップは時代を先行する旗手ですから常に研究されるのが宿命という感じですね。古巣であるバイエルンにはアウトサイドでプレーするスペシャルなベテランがいます。ペップの時代から真摯にサッカーに打ち込んでいる彼らは、今もストイックに自己管理をしているのでコンディションも良く、ニコ・コバチ監督は両翼の幅を心配することはないでしょう。ではシティの場合、幅を取るためにはどの選手がカギになりますか?

中山 そこは、レロイ・サネがカギになるでしょうね。リヨン戦でも途中から彼を入れることで変化が起きました。ただ、その時にリヨンは右サイドバックのラファエル・シウバを下げてレオ・デュボワを投入し、すばやく対応したので事なきを得ましたが、サネのスピードとテクニックは相手にとっては間違いなく脅威になると思います。

 それと、シティは左サイドバックのメンディが故障していたこともあって、その間はデルフが左サイドバックを務めていましたが、メンディが復帰したのでサイドの攻防でまた違った状況が生まれると思います。今シーズンのメンディを見ていると、ようやくペップのサッカーを理解し始めてきた印象を受けますし、まだまだ荒削りでミスも多い選手ですが、のびしろという部分ではまだまだ期待できると思います。

倉敷 最後に小澤さん、シティはさまざまな方法で足りない部分を補正していますが、ペップの代理でリヨン戦の指揮を執ったミケル・アルテタの監督力についてはどのように感じましたか?

小澤 リヨン戦だけの振る舞いでは評価できませんが、今のところまだ厳しいのではないでしょうか(笑)。ただ、ペップの下で日々学びを得て指導者として成長していることは間違いないと思うので、将来的には独り立ちしてビッグクラブを率いてもらいたいところです。


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索