スペインの名伯楽の戦術講義。「50cmいる場所が違うだけで差が出る」

スペインの名伯楽の戦術講義。「50cmいる場所が違うだけで差が出る」

 プロサッカー監督に求められる最大の資質とはなにか?

「PASION DE APRENDER」(学ぶ情熱)

 ミケル・エチャリ(72歳)は端的にそう答えている。

 スペイン人指導者エチャリは、ヴィッセル神戸を率いるフアン・マヌエル・リージョを筆頭に、多くの監督たちを指導者養成学校で教えてきた。現在は、名誉職的なバスク代表監督(FIFA未公認だが、今年10月にはベネズエラ代表と対戦する予定で、少なくとも年に一回は活動している)を務め、世界各国から講演、講義に招待されている。人格者だけに、国内の刑務所から呼ばれ、服役囚に対して「サッカーを通じた人生」について語ることもある。

「指導者養成学校で、私は活溌な議論を好む。議論することで、教える方も得られるものがある。語り合うことで、ディテールを突き詰めていく。それには、もっと学びたい、という熱意が必要になる。”オレはすべてを知っている”という人間は、監督としてやっていくのは難しいだろう」

 つい先日、エチャリは日本サッカー協会にも、指導者向け講習会の講師として招かれている。そこでは「ハイプレスのかけ方」や「リトリートした相手の崩し方」などの戦術講義を行なった。

「日本にも、とても熱心な生徒がいた。運営面もすばらしい。マイクの精度などセッティングのひとつひとつが……」

 数々の選手や指導者に影響を与えてきたエチャリにとって、名将とはいかなるものだろうか。

「プロの監督という仕事は、勝った負けたで評価される。そこからは、どうしても逃れられない。そして、いくら監督がいいトレーニングをしていたとしても、負けるときは負ける。その逆も起こりえる。でも、どう転んでも立ち止まってはならない。割り切りながらも意欲的に学び続け、チームを改善し続けることだ」

 エチャリはそう言って、目の力を強めた。若い頃、地方のユースチームを全国リーグまで昇格させている。それはひとつの成功だったが、終わりはない仕事だったという。

「結局のところ、監督は選手に、自分が思うようにプレーしてほしいと思っている。そして、そうなったときは喜びがある。しかし、監督はそこで慢心してはいけない。自分のやり方を常に疑うこと。周りとのコミュニケーションを欠かさないこと。これが大切だ。他にベターなやり方があるのではないか、もっと改善の余地があるのではないかと疑い、仕事に向き合い続けるのだ」

 今や名将のひとりに数えられるウナイ・エメリ(現アーセナル)や、監督業をスタートさせたばかりのシャビ・アロンソ(レアル・マドリードU−14監督)からも、アドバイスを求められる。しかし、エチャリは彼ら自身が答えを持っているのを承知している。ディスカッションするなかで答えの精度を高め、自身も新しいことを知る。

 エチャリがサンセ(レアル・ソシエダのBチーム)を率いていた時代、選手の中にエメリがいた。現役時代のエメリは左利きで天才肌のアタッカーだった。エチャリが攻撃戦術をトレーニングで仕込み、試合で「あとはエメリがラストパスで送るだけ」という場面が訪れた。ところが、エメリは自らゴールを狙って失敗。エチャリは頭を抱えたが、試合後は論理的に話し合ったという。

 今やそのエメリは、戦術家として世界的名声を得ている。

「最近、サッカーがロマン主義に流れていないか。そのことはひとつ、提起しておきたい。美しいフットボールとはなにか。ポゼッションが高いことなのか。縦パス1本でゴールを狙えるなら、それは最善の手段となる」

 そう語るエチャリは、単純なパスサッカーの追求に疑問を呈している。

「プロは勝ち負けがつく。整理すべきは、失点しなかったら負けないということだ。一方、得点しても負けることはある。だったら、どうするべきか。まずは失点しない状態を整備するべきだろう」

 90年代、2部にいたエイバルを率いたエチャリは、5バックを運用し、堅い守備で2シーズン連続の残留に成功している。

 とはいえ、単にディフェンシブな考え方の持ち主ではない。選手の力量に合わせ、論理的に戦っているだけだ。その単純明快さに、エチャリの奥深さがある。

「日本でもそうだったが、『トランジション(攻守の切り替え)について聞きたい』という指導者は少なくない。しかし、トランジションという状態は存在しない。サッカーは自分たちがボールを持っているか、相手が持っているか。トランジションは切り替えの一瞬を指すが、そこに対して努力しても成果は出ない。必要なのは、攻めているときに守る準備をし、守っているときに攻める準備をすること。そのポジショニングを突き詰めるべきだ」

 トランジションは現象としては存在するが、そこを突き詰めても正体は見えない、ということだろう。攻守一体。数的優位ではなく、ポジション的優位を取れるか。

「50cmいる場所が違うだけで、トランジションで差が出る」

 エチャリはそう言う。その細部にこそ、監督の差は表れるのだ。
(つづく)

著者:小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索