スペインの師匠が弟子のリージョを語る。「彼には特別な能力がある」

スペインの師匠が弟子のリージョを語る。「彼には特別な能力がある」

「自分はサッカーを教えることで、サッカーを教えられてきたと思っている。ディスカッションすることによって、知識は向上する。その意味で、ファンマ(フアン・マヌエル・リージョ)は”最高の教え子”だった」

 そう語るミケル・エチャリ(72歳)は、かつてスペインの指導者養成学校の教授を務め、ヴィッセル神戸を率いるリージョ(52歳)の”師匠”にあたる。また、2人はレアル・ソシエダ時代、強化担当と監督という立場で、2シーズン、昇格を懸けてともに戦っている。その信頼関係は想像を超えたものがある。

 エチャリは50年以上、プロフェッショナルのサッカー界を生きてきた。監督としても、地方のユースを全国リーグにまで昇格させ、90年代にはエイバルを2シーズン、2部に残留させた。サンセ(レアル・ソシエダBチーム)では、ホセバ・エチェベリア、ハビエル・デ・ペドロ、アグスティン・アランサバルなど、後にスペイン代表に上り詰める選手を輩出している。

 そのエチャリが、リージョには監督としての生来の才能があるという。

「ファンマには、自分にも他の多くの指導者にもない能力がある」

 師匠から見て、”教え子”リージョは日本で成功を勝ち取れるのか?

「戦術がチームに浸透するには、どうしても1カ月から1カ月半はかかるだろう」
 
 エチャリはそう言って、碧い目を光らせた。話を聞いた時点で、リージョ神戸は浦和レッズに4−0、鹿島アントラーズに0−5と大敗を喫していた。

「今の私には、神戸の展望を語ることはできない。しかし神戸の選手たちが、たとえファンマの求める高いレベルに達していないとしても、戦術的なアプローチは必ずできる。短時間で、技術を格段に上げることはできない。しかし、戦術はロジックだから、やり方次第。論理的な動き方なので、ファンマがそれを伝えることは十分にできるはずだ」

 ロジカルな動きを身につけられるようになったら、自然と選手のプレーも改善されるという。

「指導者は、すばらしいプレーを選手に求めるべきではない」

 エチャリは哲学的に語っている。

「選手も度肝を抜くようなプレーをする必要はない。大事なのは、簡単なことを高い精度でやれるかどうか。戦術が向上すれば、それが可能になる。たとえばラインを突破するのに、派手なフェイントを繰り返して一か八かで抜くよりも、壁パスのワンツーが的確に決まれば、それでいい。その点で傑出しているのが(アンドレス・)イニエスタだ。

 選手はプレーの中で成長できる。たとえばコスタリカ戦の遠藤航は、とてもいいプレーをしていた。正直、過去に見た試合ではその特長が伝わってこなかった。しかし、シンプルにプレーする、ということが自分の中で整理できたのかもしれない」

 神戸の選手も、リージョの哲学を体現できるか。

「ファンマのフィロソフィや理念はたしかに優れている。しかしそれよりも、彼には自分にはない特別な能力がある」

 エチャリの話しぶりに、熱が帯びた。

「プロの世界は、どうしても勝ち負けがある。負けたときというのは、感情をコントロールするのが難しい。とてもナーバスになってしまう。『なぜなんだ!』『もっとやれたはずなのに、理不尽だ』と平常心を失い、怒りをぶつけ、愚痴をこぼす。しかし、監督はそこで乱れてはならない。チームの士気を下げず、たとえ勝てなくてもやり続ける。優れた監督はまず、『自分には必ずできる』と信じることができる」

 結果が出ない試合が続くリージョだが、それを乗り越えるだけのパーソナリティがあるという。不動心、あるいは平常心。常にフラットな心理状態で、粛々とチームを強化することができる。

「私はファンマをプロの監督として評価する。彼は(2017年に)コロンビアの王者アトレティコ・ナシオナルを率い、リーグ戦でもカップ戦でもタイトルを取ることはできなかった。しかし、『いい仕事ができた』と胸を張っていた。ファンマはこれまで多くのチームを率いてきたが、結果だけを見れば成果をあげたとは言い難い。にもかかわらず、関わったほとんどの人からその仕事を賞賛され、オファーは絶えない。そこに監督としての本懐がある」

 リージョはポゼッションを手段とし、試合を支配し、ゴールする確率を高める。そのために必要なトレーニングで、選手の成長を促す。選手たちはその指導に納得し、勝ち負けにかかわらず充実感を覚えるという。現役時代にリージョのチームと対戦したジョゼップ・グアルディオラ(現マンチェスター・シティ監督)は、試合後、教えを乞いに向かったほどだ。

 一方でリージョは、サラマンカを1部に昇格させ、史上最年少(29歳)で1部のチームの監督になって以来、ほとんどのクラブで1シーズン以上、指揮を続けることができていない(レアル・ソシエダ時代を除く)。目立ったタイトルもない。スペクタクルを追求する戦い方で、降格を喫したこともある。

「プロは勝ち負けがある世界だよ」

 エチャリは厳しい言葉で、弟子へのエールを送った。

著者:小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Fujita Masato


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索