巨人がドラ1で狙うべきは金足農・吉田より「ミスター・コンスタント」

巨人がドラ1で狙うべきは金足農・吉田より「ミスター・コンスタント」

 高校卒業後の進路に注目を集めていた金足農の吉田輝星が、当初予定されていた八戸学院大の進学を辞退し、10月10日”プロ志望届”を提出した。

 今月初め、福井国体で高校野球生活最後の奮闘を見せたあと、初めて進路について触れた時の言葉が印象的だった。

「後悔しないような道を選びたい」

 この言葉を聞いて「あっ、プロだな」と、すぐにわかった。

 吉田を初めて見た時の印象は、投げ込める投手だということだ。リリースの瞬間、ただボールを離すだけでなく、指先に力を入れてグッと前にボールを押し込むイメージ。そういう力の入れ方をできる投手というのは、じつはプロの世界でもそう多くいるわけではない。

 昨年のドラフトでいえば、鈴木博志(ヤマハ→中日ドラフト1位)や、東克樹(立命館大→DeNAドラフト1位)、石川翔(青藍泰斗→中日ドラフト2位)がそうだった。一昨年なら山岡泰輔(東京ガス→オリックスドラフト1位)、山本由伸(都城高→オリックスドラフト2位)ぐらいで、数えるほどしかいない。

 その指先の押し込みが生み出す猛烈なバックスピン。とくにベルトより上のゾーンは、明らかにボール球なのに打者はつい手を出してしまう。駒大苫小牧高時代の田中将大(現・ヤンキース)が、夏の甲子園でも何度も見せたあのホップするような球筋だ。

 ただ私は、この夏の甲子園での大活躍を踏まえても、進学してからプロを目指してもいいんじゃないかと思っていた。

 たしかに、好調時の吉田のストレートの質は、おそらく今年の高校生のなかでもナンバーワンだろう。それにチェンジアップやツーシームもすばらしいし、フィールディングやけん制も一流。彼のプレーから、抜群の野球センスが見てとれる。

 その一方で、ストレートとともにピッチングの軸となるべきスライダーが弱い。本来、スライダーは変化球ではなく、キュッと鋭く曲がる”速球”である。ストレートと見分けがつかない球筋で、手元でキュッと曲がるから打者は翻弄されるのだ。しかし吉田の場合、そのスライダーの曲がりが早く、打者からすれば厄介なボールではないのだ。

 また、角度がないのもプロでは厳しいのでは……と考えていた。たとえば、疲れがたまっていても角度があればなんとかしのげるのだが、吉田は上背がなくボールのキレで勝負するタイプ。本来のボールがいかなくなると、やはり苦しい。夏の甲子園決勝で大阪桐蔭に粉砕された姿などは、まさにその典型だと思う。

 だからプロに行くのは、もっといろんな引き出しを身につけてからでもいいんじゃないかと……。

 そんな時に突然スポーツ紙の一面に踊った「吉田、巨人にラブコール」の活字。好きな球団を聞かれた吉田が「巨人が好きです。行きたいです」と言ったことが原因だった。およそ1カ月ぶりに戻った故郷で、ホッと緊張が解けた拍子についポロッと口から出てしまっただけなのだろう。しかし、求愛された巨人の方が微妙な立場になってくる。

「巨人、吉田輝星指名へ!」

 甲子園のスターからの逆指名に、巨人もすぐさま反応を見せたが、ここにきて大阪桐蔭の根尾昂を1位で指名するのでは……といった報道も出ており、さらに吉田自身も昨日の会見で「12球団どこでもOK」の姿勢を示している。

 ただひとつ言えることは、今の巨人が本当に必要としているのは「吉田なのか?」ということだ。

 4年続けてリーグ優勝を逃し、その3年間で指揮を執った高橋由伸監督が今シーズン限りで辞任。来季から原辰徳監督が復帰すると発表された。巨人というのはいつも勝たなくてはならない存在である。チームにとっても、原監督にとっても、来季はなにがなんでも勝ちたいシーズンのはずだ。

 ならば、球団の本音は”高校生”ではない。外野陣も手薄になってきているが、それ以上に先発できる投手がほしい。

 今年のドラフト候補を見渡すと、即戦力投手は何人かいる。そのなかでも1年目から10勝ぐらいやってのけそうな投手が、日体大の松本航だ。

「この投手なら間違いありません!」

 もし私がスカウトで、ドラフト直前の会議で「誰なら役に立つんだ」と聞かれたら、真っ先に挙げたい選手がこの松本である。

 まさにミスター・コンスタント――。いつ見てもいいピッチングをする。調子の良し悪しに左右されない”大人の仕事”ができる投手だ。「松本炎上」なんて言葉を見たこともないし、聞いたこともない。

 立ち上がりから150キロ台前半を続けながら、時折カットボールでバットの芯を外し、ファウルを打たせる。落差の大きいカーブで打者の視線を動かし、ツーシームかフォークで打者を仕留めていく。

 いつもストライクを取れる変化球を3種類は用意していて、それでいて”ベストボール”は地を這うように低めに伸びてくるストレート。

 吉田だってピカイチの逸材。人気、注目度だって群を抜いている。巨人にしてみれば、喉から手が出るほどほしい選手であるのは間違いない。だけど、深刻なチーム事情を考えれば、吉田ではないはずだ。

 果たして10月25日、巨人は誰を1位で指名するのだろうか。

著者:安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索