大ケガを経てツアー初Vの西岡良仁。励まし続けた母の万感の想い

大ケガを経てツアー初Vの西岡良仁。励まし続けた母の万感の想い

 リターンを追うべく走り出したその足は、ボールがネットを越えることなく相手コートに落ちたとき、ひざから崩れ落ちるように動きを止め、勝利の……そして優勝の歓喜と安堵に浸された。

 今から約1年半前の昨年3月……。彼の足は同じようにボールを追い、そしてそのときは着地時の「抜けるような」感覚とともに、ガクリとその場へと崩れた。

 前十字じん帯部分断裂――。

 それは、男子のトップテニス選手には前例のない大ケガである。再建手術とリハビリにより、戦線離脱を強いられた期間は9カ月。その失われた時間と悔しさを乗り越えて、23歳の誕生日を3日前に迎えたばかりの西岡良仁は、8日間で7つの辛勝を掴み取り、深センオープンでATPツアー初タイトルをその手に抱いた。

 表彰式のスピーチで優勝者は、いたずらっぽい笑みを振りまきながら、詰めかけた地元ファンに英語で懇願する。

「まだ今季は大会が残っているので、そこでも結果を残したいと思います。どうか、僕の名前を覚えてください。僕は、『ニシコリ』ではないので。僕の名前は、『ニシオカ』です」

 170cmの小柄な優勝者が中国で称賛を浴びるその様を、日本では「ニシオカ」家の人たちが、パソコンのモニター越しに凝視していた。

 母親のきみえさんの心をもっとも震わせたのは、トロフィーを掲げる姿以上に、優勝を決めた直後にキャップを脱ぎ、目もとを覆う息子の姿。その目もとを濡らす涙を見ながら、彼女の脳裏には長い長い動画を巻き戻すように、昨年3月からの日々が駆け巡ったという。

「前十字じん帯が切れてるんじゃないかと言われた」

 昨年3月、マイアミ・マスターズ2回戦を途中棄権した息子から、1本のLINEが送られてきた。本人は、痛みは感じないという。だからこそ、なおのこと、告げられた重症と自身の感覚が重ならない……息子が抱くその不安は、母親の胸にも迫った。

「でも、歩けるんでしょ? だったら、お母さんよりマシよ。お母さんなんて、半月板と側副じん帯も切ったんだから」

 自身もテニスの試合で前十字じん帯を切った経験のある母は、そんな言葉で異国の息子を励ました。

 西岡がケガをした直後から、コーチやトレーナー、日本テニス協会のスタッフたちは迅速に対処すべく奔走し、帰国の日取りもすぐに決まる。

 予定にはなかった、西岡家の次男の帰国の日……。それはくしくも、長男でテニスコーチの兄の靖雄が武者修行のため、スペインのバルセロナに旅立つ日であった。長男を見送ると同時に、次男を迎えるためにも空港に出向いた母は、「手間が省けて助かったけれど……こんなところまで気が合うなんて」と、ふと思う。

 良仁をよろしく……そう言い残す長男を空港で見送ったその足で、母は次男の帰りを待った。

 車椅子でゲートを抜けてきた良仁は、母の顔を見るなり聞く。

「ヤス(靖雄)はちゃんと、スペインに行った?」

 似た者兄弟ね――複雑な思いを抱きながらも、母は笑うしかなかった。

 ケガから半年ほど経ち、術後の経過やリハビリも順当に進んだ9月中旬、男子国別対抗戦の日本対ブラジル戦が大阪市で開催される。ようやく走ることができるまでに回復していた西岡は、観戦に行くことを切望した。

 チームメイトたちの、国を背負って戦う姿を……そして勝利の瞬間に生まれる歓喜の輪を見て、「ひとり取り残されるような寂しさ」を抱えた西岡は、すべての試合が終わり観客も去ったコートへと、ラケットを手にして走り出ていた。

 その姿を見て驚く母親に、息子は「お母さん、ボール打っていいって!」と笑顔で手を振る。

「はしゃぎすぎて、ケガしないようにね!」

 母親は息子に、言葉を返した。

 復帰の時が近づいたころ、母にとって何よりうれしかったのは、「やっぱりテニスが好きだ。楽しい」の言葉が、息子から聞けたことだったという。

 ケガでコートから離れている間、西岡は多くの「新しいこと」を体験した。

 ずっと行きたかったライブにも行った。日本の夏祭りも堪能したし、乗馬やパドルボートなどにもトライした。

 それでも……「いろいろとやったけれど、テニスが一番」と西岡は言ったという。

「ケガしたことで、いいこともあった……」

 復帰できたからこそだとわかりつつも、今は素直にそう思えると、母は言った。

 パソコンの画面の向こうで、優勝し喜ぶ息子の姿が、1年半前の手術直後の記憶へと重なる。

 まだ足を動かすことができず、ベッドに横たわっている姿――。

 この子は、また戻ってこられるのだろうか? 胸をふさぐ不安を振り払うように、「大丈夫だよ。お母さんなんて、もっとひどかったんだから」と声をかけた。

 だが、そんな自分に向かい、「『大丈夫』という言葉に伴う責任を、あなたはどこまで取れるの?」と問う心の声が聞こえる。もし復帰できなかったときに、「大丈夫って言ったじゃないか!?」と息子に糾弾されたら、どうすればいいのか? そんな不安を抱えながらも、激励の言葉しか持たなかった。

 同時に思い出されるのは、この1年半の間にサポートしてくれた、多くの人々の顔である。

 マイアミでケガをしたとき、移動の手段も含め、すぐにサポート体制を築いてくれた方々。

 帰国した直後に診察を受けた3人のドクター、そして、診察結果を見てリハビリプランを素早く立ててくれたJISS(国立スポーツ科学センター)の人々。

「良仁くんの部屋は、いろんな音楽がかかってて楽しいね」と笑顔で応対してくれた、看護師の方たち。地道なリハビリを指導してくれた理学療法士、SNSで応援メッセージをくれたファンの方たち……。

「表には出てこない、公(おおやけ)にならない、いろんな人々」の姿が脳裏を巡り、そうしてふたたびベッドに横たわる1年半前の息子の姿が、目の前のモニターのなかで喜ぶ姿へと重なった。

「よかったね、がんばったね」

 気がつけば、パソコンの画面をなでていた。

 表彰式のスピーチで西岡は、大会関係者やコーチたちに謝意を述べた後、「ここには家族はいないけれど、映像が何かで見てくれているんじゃないかな?」と言及した。

「ありがとう」

 まっすぐな感謝の言葉は、日本語で伝えられる。

「英語がわからない親のことを思って、日本語で言ってくれたのかな?」

 簡潔な言葉に込められた、万感の想い……。それらは確実に、パソコンの向かいに座る両親へと届いていた。

著者:内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索