「いつかこの舞台に」。大坂なおみは思い出の地に3年で戻ってきた

「いつかこの舞台に」。大坂なおみは思い出の地に3年で戻ってきた

 大坂なおみがシンガポールのWTAファイナルズの会場でプレーするのは、3年ぶりのことである。

 2015年……まだ世界の200位前後だった大坂は、大会に先駆けて行なわれるエキシビション「ライジングスター招待試合」に、次代のスターとして招かれた。そこで彼女は、キャロリン・ガルシア(フランス)を決勝で破り、頂点に輝く。

 このタイトルが彼女にとって特別だったのは、プロサーキットに出て4年になる大坂が、初めて手にする”優勝”の肩書きだったこと。同時に、このシンガポールの舞台は、まだグランドスラム本戦出場の経験がなかった当時の彼女に、世界の頂上決戦のステージとはいかなるものかを目に見える形で示した。

「私もいつか、この舞台に立ちたい」

 スポットライトに照らし出されるきらびやかなコートに、戻ってくる日を彼女は誓う。そのときの彼女は、18歳の誕生日を迎えたばかり。テニスの世界で18歳は、上限なく好きな数だけ大会に出られる、まさに大人として認められる年齢である。

 それから3年後――21歳になった大坂は、18歳のときに誓いを立てた地に戻ってきた。かつての「ライジングスター」から成長し、全米オープン優勝者、そして世界のトップ4として……。

 WTAファイナルズは、年間上位8選手のみが集う、長いシーズンのラストを彩る文字どおりの最終戦だ。1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)は椎間板ヘルニアのため欠場を強いられたが、ウインブルドン優勝者のアンジェリック・ケルバー(ドイツ)をはじめ、全豪覇者のキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)、2度のウインブルドン優勝を誇るペトラ・クビトバ(チェコ)、昨年の全米優勝者のスローン・スティーブンス(アメリカ)など、グランドスラム・タイトルホルダーたちが出場する。

 さらには、常に大会上位に名を連ねるエリナ・スビトリナ(ウクライナ)に、先の東レ・パンパシフィックオープン優勝者のカロリナ・プリスコバ(チェコ)、そして今季3大会優勝と大躍進を果たした26歳のキキ・ベルテンス(オランダ)が出場リストに名を連ねた。

 大会形式は、まずは4人ずつから成る2グループで総当たり戦を行ない、各グループの上位2選手がトーナメント形式で優勝を争う。現地金曜日に行なわれた抽選の結果、大坂はケルバー、スティーブンス、そしてベルテンスと同じグループに入った。

 なお、これら今大会参戦選手たちとの過去の対戦成績で、大坂は5勝11敗と負け越している。また、今季に限った直接対決では1勝4敗で、対戦したのはケルバーとスビトリナ、そしてプリスコバのみ。クビトバとは過去に対戦がなく、また久々の手合わせとなる選手たちも多数いる。

 たとえば、ウォズニアッキとは過去2戦して2敗だが、最後の対戦は昨年6月。もし今大会での対戦が実現すれば、果たして「デンマークの壁」の異名を取る全豪優勝者の守備力を、今の大坂なら打ち砕けるのか、あるいはまだ跳ね返されるのか? それは彼女の成長を測る、格好のヤードスティックになるだろう。

 もしくはクビトバとの初対戦となれば、大坂の適応力や判断力が試されることになるはずだ。ベースラインから下がらず、ほぼすべてのボールを強打するクビトバは、多くの選手をして「ゾーンに入った彼女を止める術(すべ)はない」と言わせしめるほどの、ツアー随一の攻撃力を誇る。

 そのようなアタッカーと相対したとき、大坂は多くの選手が取るクビトバ攻略法にならい、守備を固めつつ嵐が去るのを待つのか? あるいは、相手の自慢の鼻をへし折るべく、激しい打ち合いに挑むだろうか? いずれにしても、急成長の季節にいる今の大坂なら、すべての試合から何かを学び、自らの血肉としていくはずだ。

「思い出の地」は、彼女にいつも、幸運を運んでくる。

 セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)の試合を初めて動画で見て憧れたのは、インディアンウェルズの大会だった。その地で彼女は今年、ツアー初優勝をつかみ取る。

 全米オープンの会場であるナショナル・テニスセンターは、ニューヨークに移り住んだばかりのころ、父親と姉とともにボールを打ち合った、始まりの地であった。その会場のセンターコートで大坂がセリーナを破り、涙の戴冠を果たしたのは記憶に新しい。

 そして3年前……優勝プレートとともにトッププレーヤーへの誓いを抱いたシンガポールは、彼女に何をもたらすだろうか?

 躍進のシーズンの掉尾(ちょうび)を飾るのに、これ以上ふさわしい地はない。

著者:内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索