「スピードが命」から日本で変身。マイコラスは菅野智之を参考に成長した

「スピードが命」から日本で変身。マイコラスは菅野智之を参考に成長した

 セントルイス・カーディナルスのマイルズ・マイコラスが、父親としてピンチを切り抜けたのは2回ある。

 最初は2017年、読売ジャイアンツの時だ。来日3年目のオープン戦中、妻のローレンが出産するとの連絡があり、慌ててフロリダへと向かった。無事出産に間に合い、長女も産まれた。

 2度目はメジャーに復帰した今年、オールスターに選出された時だ。開催地のワシントンDCに到着し、ホテルでチェックインを済ませたその数時間後、ローレンが予定よりも早く出産するという連絡が入った。まだオールスターも始まっていないのに、マイコラスは早々に帰らなくてはいけなくなったのだ。

「妻の出産予定日は9月初めだったんです。でも、それが早まるということは前々からわかっていたんですが……。日曜日にカーディナルスのゲームが終わり、ワシントンDCに飛び、ホテルにチェックイン。お土産とオールスターのスケジュール表を受け取ったところで、妻の出産を知らされたのです。だから、オールスターのイベントが始まる前に、慌ててフロリダに向かいました」

 予定より2カ月も早かったが、無事に双子を出産。「母子ともに健康だ」と、マイコラスは笑顔で語ってくれた。

 マイコラスの投手としてのキャリアも、このように波乱万丈である。

 2012年の5月にサンディエゴ・パドレスでメジャーデビューを果たしたあと、巨人と契約するまで、マイナーとメジャーを9回も行き来し、解雇も経験している。

 ところが今季、オールスターにも選出されたことでわかるように、カーディナルスでマイコラスは自分の居場所を見つけたのだ。

 今シーズン、ローテーション投手として前半戦から安定したピッチングを見せ、後半戦は1敗しかしないなど、チームがプレーオフ争いに加わったのはマイコラスの奮闘によるところが大きい。

 7月14日の試合後にマイク・マシーニー監督が解雇された時点で、カーディナルスは47勝46敗でナショナル・リーグ(ナ・リーグ)中地区の3位に低迷していた。マイコラスはその翌日に先発し、マイク・シルト監督の初勝利に貢献した。

 その後、カーディナルスは41勝28敗の快進撃を見せ、シーズン終了前日までプレーオフ争いを演じた。

 シーズン初めにカーディナルスと2年契約を結んだ時は、”マイコラス”の名はそれほど知られているわけではなかった。しかし今シーズン、マイコラスが残した成績は、18勝4敗、防御率2.83。メジャーでは無名だったが、マックス・シャーザー(ワシントン・ナショナルズ)やジョン・レスター(シカゴ・カブス)と並んで、ナ・リーグの最多勝に輝いたのだ。

 この結果について、マイコラスは日本での経験を挙げ、3年間で何があったかを話してくれた。

「あきらかに野球がうまくなったんです。投げるボールもよくなりましたし、コントロールもよくなったんです。日本では先発に固定され、その役割をまっとうできたからだと思うのです。それによってピッチングの技術を微調整し、同じことを何度も繰り返せたのがコントロールの向上、ストレートの威力アップにつながったと思います」

 来日するまでのマイコラスは、アメリカでありがちな”スピードが命”の投手だった。「何がなんでも速さで押せ」と考えていたという。

 2009年にパドレスにドラフト7巡目で獲得されるまで、マイコラスはずっと先発投手として活躍していた。しかし、パドレスのマイナーではブルペンを任されることになった。

 アメリカのマイナーでは、とくに中継ぎで起用されるピッチャーがメジャーに上がる際に一番の近道となるのが球速である。そうした理由もあって、マイコラスは長年、スピードを追求しながら過ごしてきた。

 その後、テキサス・レンジャーズに移籍したマイコラスは、解雇になる前、先発投手に昇格した。しかし、1イニングを全力投球するリリーフと違い、キレのいいストレートを長いイニング投げることに苦労した。

 ボールのキレ、コントロールをつけるのにどうすればいいかと考えていた時に、ちょうど日本からオファーがきた。マイコラスは「最高のタイミングでした」と振り返る。

「投げる際に、バランスをどのように取って、肩を開かないようにするにはどうすればいいか。そのことにずっと取り組んでいました。日本にも同じことで苦労している投手がいて、すごく励みになりましたし、刺激にもなりました。

 バランスの取り方は、頭を動かさずに1つのモーションとしてとらえ、シンプルに体の重心を移動させていく。いろんな投手を見て勉強になりましたし、話すことで多くの知識を得ました。そのなかでも、菅野(智之)のピッチングは最も参考になりました。彼は本物だと思いますし、もしジャイアンツがポスティングを認めたら、ぜひメジャーで見てみたいですね」

 マイコラスにとって、日本での3年はとてもいい経験になった。来日する前と比べて、「投球が鋭くなった」とマイコラスは言う。その原因は、ピッチングがスムーズになり、頭を動かさなくなった。その結果、リリースが安定し、コントロールもよくなった。

 四球は1試合平均1.3個と抜群の制球力を誇り、登板したイニング数200回2/3はナ・リーグ6位。その内容は、”メジャー屈指の先発投手”にふさわしい堂々たるものだった。

著者:ブラッド・レフトン●文 text by Brad Lefton


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索