野間峻祥の進化を担当スカウトも激賞。「カープのドラ1なんやから!」

野間峻祥の進化を担当スカウトも激賞。「カープのドラ1なんやから!」

 初めて野間峻祥(のま・たかよし)を見たのは、彼が中部学院大3年の全日本大学野球選手権に出場した時だ。

 第3試合だったか、午後の遅い時間からの試合で、私は所用があって球場を出なくてはならず、仕方ないので試合前のキャッチボールとシートノックだけを見て出ようと考えていた。

 この時点で、野間の存在は知らなかった。

 ただ、中部学院大の外野手のなかで181センチ、78キロというサイズバランスのよさと、”野間”という珍しい苗字が妙に気になっていた。なにより、野間のユニフォーム姿がかっこよかった。

 野球のユニフォームが似合っているということは、野球に適した体格だということだ。野球に必要な筋肉がほどよく発達しているとも言える。今まで数え切れないぐらいの選手を見ていたが、野球がうまい選手はほぼ例外なく、ユニフォームがよく似合う。

 外野でキャッチボールが始まった。ひとりだけしなやかな身のこなしと腕の振りで、定規で線を引いたような真っすぐなボールを投げている選手がいて、ピッチャーかな……と思って見ていると、背番号8だった。

 次にシートノック。センターを守る背番号8がやはり飛び抜けていた。打球めがけて走ってくるスピードと、それ以前にスタートの反応の鋭さ。転がったボールを追いかける犬のようなスピード感と弾力性。

 さらに、ホームへ返球するボールの伸びにも目を奪われた。ワンバウンドしそうな低い返球がそのままグングン伸びて、ダイレクトで捕手のミットに突き刺さった。

 今年、ドラフト1位で楽天から指名を受けた辰己涼介(立命館大)だって、とんでもない肩をしているが、その背番号8の強肩も凄まじかった。

 それがわけもなく気になっていた野間だったから、もう帰れなくなってしまった。結局、予定を変更してもらい、最後まで試合を見届けた。

 その試合で野間は3番を打ち、2安打を放った。試合はサヨナラで敗れたが、その驚異の身体能力を走攻守で見せつけていた。

「ちょうどその頃からですね、僕が野間を意識し始めたもの……。その頃は4位か、せいぜい3位ぐらいの選手かなと思っていたのが、見るたびにうまくなっていって、大学4年の春には2位でもいいんじゃないか……と。それが秋になったら、『いや、コイツ”ドラ1”やな』って。どんどん評価が上がっていったんです」

 2014年のドラフトで野間を1位で指名した広島。その野間を見続け、球団に強く推したのが東海地区担当スカウトの松本有史(ともふみ)である。

「最初の印象は、正直、飛び抜けた素質に任せてプレーしているだけの子かなと思いましたが、体が強くて、野球が大好きで、練習を休んだことがない。『みんなが上がったあとも、最後まで練習しているのが野間です』と監督さんから聞いていましたので、それならウチやな、と」

 以来、岐阜の大学リーグに野間を追跡する日々が続いた。

「かっこよかったですよ、最初から。走る姿、打球を追いかけていく姿……バッターボックスで構えている姿もね」

 中部学院大の原克隆監督は、手放しで選手を褒めたりする人じゃない。だが、野間の話になると別だ。

「打つのが好きでねぇ。全体練習が終わっても、いつも最後までバッティングをしているんですよ」

 原監督が「リーグ戦は8割打て!」と命じたほどのバッティングセンスだったが、プロに進んでからは、強烈なカルチャーショックを受けたという。

「大学の頃は、とくに何も考えなくても、野球になっていたんですけど……」

 見た感じ、威勢のよさそうなお兄さんだが、穏やかでゆったりとした語り口は学生時代と変わっていない。

「普通にバットを振ればヒットになったし、塁に出ればスタートを切るのが当たり前みたいになっていて……スタートを切ればセーフっていうのが普通でしたから。だから、プロに入ってビックリしました。何もできない。すべてにおいて、僕よりも上の人ばかりですから……」

 そう頼りなさそうに笑っていたが、それでも3年間の懸命な努力があって、4年目の今シーズン、丸佳浩、松山竜平の離脱があって出場機会を得ると、気がつけばレフトの定位置を獲得し、126試合に出場して、打率.286、5本塁打、46打点。終わってみれば、リーグ3連覇の立役者のひとりとなっていた。

「いやいやいやいや、あんなもんじゃない。野間はあんなもんじゃないですよ!」

 野間の活躍を喜んでいると、松本スカウトにあっさり否定されてしまった。

「足だってチームでいちばん速い。いや、セ・リーグでいちばんかもしれない。(今季は)17盗塁ですか? 120試合以上出たのなら、30ぐらいは走らないと。あいつの足だったら」

 自信がついたら、もっともっと変われると言う。

「バッティングだって天才的なものを持っていますから。普通に3割ぐらい打ってくれないと。なんたってカープのドラフト1位なんですから。野間に会うと、いつも言っているんですよ。『それぐらいやって当たり前なんやぞ。お前はカープのドラフト1位なんやから』って」

 いま行なわれている日本シリーズでも、野間は4試合連続スタメン出場を果たしている。34年ぶりの日本一へ、野間の進化はまだまだ止まらない。

著者:安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索