自動昇格はほぼ消滅。アビスパ福岡、J1復帰へのハードルは意外と高い

自動昇格はほぼ消滅。アビスパ福岡、J1復帰へのハードルは意外と高い

 J1昇格候補が、あとのない崖っぷちに立たされている。

 J2第40節。前節終了時点で勝ち点66の6位につけていたアビスパ福岡は、同69で3位の町田ゼルビアと敵地で対戦し、1−2の逆転負けを喫した。

 福岡がJ1自動昇格となる2位以内を確保するためには、どうしても勝ちたい、いや、勝たなければならなかった町田戦。だがしかし、試合の主導権を握ったのは町田だった。

 とくに後半に入ってからは、町田が攻勢を強め、福岡陣内で試合を進める時間が長くなった。福岡にとっては、耐える展開ばかりが続いていた。

 ところが、試合展開に反して、先制点は福岡に。後半70分、左サイドからMF輪湖直樹が送ったピンポイントクロスを、FW城後寿がヘディングでゴールに叩き込み、貴重な1点を奪った。

 圧倒的に劣勢だったチームが、ワンチャンスを生かして勝利する。サッカーという競技は、内容と結果が釣り合わない試合が少なくない。もしも福岡が得点後の10分間を無難にやり過ごし、町田の焦りを誘うことができていたら、この試合もまた、”サッカーらしい”結末に向かって進んでいったに違いない。福岡にとっては、ここが勝ち運を引き寄せる最大のチャンスだった。

 しかし、試合は瞬く間に、それまでと変わらぬ流れに引き戻された。

 74分に、MF平戸太貴のクロスをFW中島裕希が、80分に、平戸のFKをFWドリアン・バブンスキーが、いずれも頭で合わせ、町田が逆転。その後、福岡は前線の人数を増やして反撃を試みるも、これといったチャンスを作ることはできず、町田がそのまま逃げ切った。

 福岡の井原正巳監督が、痛い敗戦を振り返る。

「球際のところや、粘り強さ、コンタクトで町田が我々を上回っていた。チームとして、ここまでやってきたことを出されてしまった。町田のゲームだった」

 ゲームキャプテンを務めたMF鈴木惇もまた、「我慢して1点を取るまではよかったが……」と振り返り、力なく言葉をつないだ。

「(先制後に)マイボールをすぐに失ったりして、自分たちの時間が作れず、町田に逆転のパワーを与えてしまった。町田のほうが焦(じ)れずに、積み上げてきたものを出していた。力の差を認めざるをえない」

 この結果、福岡は順位こそ前節終了時点と同じ6位を保ったものの、J2優勝の可能性は消滅。J1自動昇格圏内、すなわち、勝ち点72で2位の大分トリニータとの勝ち点差も6まで広がった。

 もちろん、今季J2は2節を残しており、数字のうえでは追いつくことも可能だ。しかし、勝ち点72で3位の町田、同70で4位の横浜FCとの勝ち点差も広がっており、現実的に考えて、自動昇格の可能性は限りなくゼロに近い。7位に大宮アルディージャが、わずか勝ち点1差で続いていることを考えれば、J1参入プレーオフへ進出できる6位以内を死守することが、当面の目標である。

 鈴木が「J2優勝でJ1昇格というシーズン前の目標が達成できなくなったことには、ショックもある」と話すように、福岡に少なからず喪失感があるのは確かだろう。

 福岡は、井原監督就任1年目の2015年、リーグ戦を8連勝で締めくくった勢いそのままに、J1昇格プレーオフ(今季からJ1参入プレーオフに名称変更)を勝ち上がり、J1昇格。一昨季はJ1で最下位に終わり、1年でJ2へ逆戻りとなったが、昨季J2では4位となり、再びJ1昇格プレーオフ決勝まで駒を進めている。

 そんな近年の安定した成績から、今季開幕前には、福岡をJ1昇格の有力候補に推す声は多かった。実際、今季も一時は首位に立つなど、シーズンを通して上位争いに加わり続け、昇格候補の前評判に恥じない戦いを見せてきた。

 にもかかわらず、2節を残して早くも優勝の夢は絶たれ、自動昇格の可能性も事実上消滅。突きつけられた現実は、受け入れ難いものに違いない。ショックがあって当然だろう。

 しかし、だからといって、それを引きずってしまえば、まだ残されているチャンスもフイにしてしまいかねない。「J1昇格の可能性がなくなったわけではない。もう一回、上を向いてやるのが大事」(鈴木)だ。

 幸いにして、福岡の監督や選手たちは、現状を冷静に受け止めることができているように見える。井原監督は「可能性がある限り、(自動昇格の2位以内を)目指すが」と前置きしながらも、その可能性が極めて低いことを認め、こう語る。

「少しでも(順位を)上に上げて(J1参入プレーオフを)勝ち上がり、J1(で16位のクラブ)との決定戦に臨めるように、まずは残り2試合、とにかく勝つしかない。勝つことで、(現在の順位より)下がることはない」

 過去2度のプレーオフを経験し、喜びも悔しさも知るFW城後寿も、「プレーオフで(J1へ)上がれるチャンスは残っている。とにかく顔を上げてやっていきたい」と、強い覚悟を口にする。

 はたして、福岡のJ1昇格はなるのだろうか。

 J1参入プレーオフを含め、最大残り5試合を5連勝。シーズン前の最大目標を達成するために、福岡が越えなければならないハードルである。

著者:浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索