「悔しがり方は高校時代と変わってない」恩師が見た鈴木誠也の成長度

「悔しがり方は高校時代と変わってない」恩師が見た鈴木誠也の成長度

 日本シリーズでソフトバンクに敗れたとはいえ、鈴木誠也は”カープの4番”として打率.455、3本塁打、6打点と存在感を見せつけた。今やプロ野球でも数少ない「4番らしい4番打者」と言えるのではないだろうか。

 まったく無名だった高校球児の頃から見てきた者としては、「二松学舎大付の鈴木誠也がこれほどの選手に……」と思うと、なんだか感慨深い。

 当時はエースで4番。バッティングは粗かったが、タイミングの取り方はうまかった。いや、うまかったかどうかはわからないが、相手投手の投げてくるボールにタイミングを合わせようとする意識は旺盛だった。

 打ち損じが多く、それはボールの”高低”を間違えてのケースが多かったように思う。とはいえタイミングはしっかり取れていたので、打ち損じたとしても打球はすごかった。

 忘れられないシーンがある。東京の高校選抜の一員としてアメリカの高校選抜チームと戦った時だ。たしか当時、創価高校の池田隆英が先発で、鈴木は外野を守り、4番を任されていた。

 最初の打席で、打球が見えなくなるほど高く上がった内野フライを打ち上げた。ややアッパー気味のスイング軌道からの渾身のフルスイング。初夏の青空に吸い込まれるように打ち上げられた打球は、猛烈な日差しも手伝って完全に見失ってしまったが、相手チームの三塁手は頭上を見上げながらことなげもなく捕球した。

 驚いたのは、打ち損じの内野フライにも関わらず、スタートから三塁打を狙うような全力疾走で、捕球の瞬間には三塁ベース付近まで達していたことだ。その走塁意欲と走る勢いの凄まじさは、今でもはっきりと覚えている。

「絶好球でした。それを打ち損じて、すごく悔しかったのと、その一方でチャンスだと思いました。あの高さのフライならボールは見えづらい。悪くてもツーベースにはしてやろうと思って走りました」

 試合後、当たり前のようにそう語る鈴木の横顔が、じつに精悍だった。「こういうヤツがプロに行くんだろうな……」と、その時は漠然とそんな印象を持っていたが、まさかここまでプロ野球界を代表するほどのプレーヤーになるとは思ってもみなかった。

 また別の日、相手は忘れたが練習試合のグラウンドでのことだ。投手として試合に出ていた鈴木が、試合後半からセンターを守ることになった。たしか、試合序盤で3〜4点奪われていて、投手としてはさほど芳(かんば)しいものではなかった。

 強豪校のエースで4番である。多少の落胆や苛立ちはあるのだろうと見ていたら、颯爽とセンターのポジションに向かっていく鈴木の姿があった。その足どりはとにかく軽快だった。

「やっとオレの出番が来たぜ!」とでも叫んでいるようにセンターのポジションに向かっていくうしろ姿を見ながら、「コイツはピッチャーじゃないな……」と勝手につぶやいていたものだ。

「体が強く、スピードも飛び抜けている。だからケガも多かった。ケガをすると大きかったので、ケガをさせないように、私も気をつけていました。内転筋の肉離れは結構長くかかりました。ケガさえなければ、もっと活躍できたでしょうね。誠也のなかでは、もしかしたら負けた記憶の方が多いかもしれない」

 鈴木が高校を卒業して6年経った今でも、二松学舎大付の市原勝人監督は残念そうに語る。

「誠也のことで思い出すのは、やっぱり負けて悔しがっている姿ですね。誠也の場合は公式戦だけじゃないですから。練習試合だって、変な負け方をすると、そりゃもう悔しがっていました」

 時には何かに当り散らすこともあったという。

「高校生でしたからね。感情のコントロールはなかなかね……でも、それが彼のエネルギーになっていた部分もあったし、私はそこが好きでした。逆に今の高校生は、妙にわかりがよすぎて、物足りない部分があります」

 おそらく、それが実感なのだろう。

「”牙(きば)”の部分はつぶさないように……一方で、人間として当然のマナーとか常識は教えなきゃいけない。そのバランスを取ることをいつも考えていました」

 今年、ペナントレース大詰めの頃、こんなエピソードを教えてもらった。

 前日のナイターで4三振を喫した鈴木に、翌日の試合前、ある雑誌の取材が入っていた。前夜の悔しさを引きずった表情で球場にやって来た鈴木は、間に入った広報にはひと言も口をきかなかったのに、取材には懸命に気持ちを立て直すように、きちんと応じていたという。

 その話を市原監督に伝えると、こんな答えが返ってきた。

「優勝を争うチームの4番バッターなんですから……気持ちに激しい浮き沈みがあってはダメなんだということを、少しずつわかってきたのかもしれないですね」

 セ・リーグを制覇したチームの”4番”という重責をまっとうした今年の鈴木に、市原監督は大きな成長の跡を見たという。

「チャンスで打てなかった時、イメージ通りのスイングができなかった時に誠也が悔しがっている姿は、高校生の頃とまったく変わっていません。でも、それはプロで生きている部分だと思うんです。試合のあとのコメントなんかも、だいぶ落ち着いてきた。だんだん、いろんなものが見えてきたんだなぁって思います。

 あれだけ大きな存在になりましたから、いろんなことを言われたり、誤解されたり、イライラすることも多くなっていると思うんです。でも、それを超えられるぐらいにセルフコントロールできる人間になることが、本当の意味で”4番”になるってことだと思うし、今の誠也にはその”宿題”をこなせるだけの人間的な力が十分備わってきていると、すごく期待しているんです」

 来年こそ、真の意味での”日本一の4番”へ。鈴木の新たな挑戦が始まった。

著者:安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索