穴馬パターンにぴったり合致。エリザベス女王杯は3頭が大仕事するぞ

穴馬パターンにぴったり合致。エリザベス女王杯は3頭が大仕事するぞ

 牝馬の頂上決戦となるGIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)が11月11日に行なわれる。3歳馬とそれ以上の古馬との、世代間の実力比較が難しいうえ、牝馬限定戦としては数少ない2000mを超えるレースゆえ、予想はなかなか困難を極める。

 そのため、過去10年の結果を振り返ってみても、1番人気はわずか1勝と波乱含みのレースとなっている。2009年には、単勝1.6倍と断然人気の3歳牝馬ブエナビスタが3着に敗戦。11番人気のクィーンスプマンテが大金星を挙げて、2着にも12番人気のテイエムプリキュアが入って、馬連が10万2030円、3連単が154万5760円という高配当をつける歴史的な波乱となった。

 その他にも、2012年には7番人気のレインボーダリアが優勝。2015年には6番人気のマリアライトが人気の各馬を抑えて快勝している。また、2016年には12番人気のシングウィズジョイが2着に、2017年には9番人気のクロコスミアが2着に突っ込んでくるなど、穴馬の台頭も少なくないレースだ。

 秋のGIシリーズは、早くも折り返しを迎えようとしている。後半戦に向けて弾みをつけるためにも、ここでオイシイ馬券をゲットしたいところだ。そこで、過去の傾向をもとにして、一発ありそうな伏兵馬を探し出してみたい。

 まず、過去10年の結果を見てみると、3歳馬と4歳馬が強いことがわかる。3着までに来た30頭のうち、3歳馬は11頭、4歳馬が13頭、5歳馬が5頭、6歳以上の馬は1頭となっている。

 今回、6歳以上のベテラン牝馬が何頭か出走予定だが、基本的には3歳、4歳馬を中心視して、手を伸ばしても「5歳馬まで」というのが、このレースの必勝法と言えるのではないだろうか。

 それを踏まえて、最初に取り上げたいのは、4歳の上がり馬だ。

 こうした馬は下級条件から勢いよく上がってきているものの、実績馬が上位人気を占めるため、伏兵扱いにとどまることが多い。しかし、そんな馬たちが過去のエリザベス女王杯では、何度となく上位争いを演じてきている。

 先述のマリアライトがいい例だ。同馬は、春に条件戦を連勝してオープン入り。続くGIIIマーメイドS(阪神・芝2000m)でも2着に入って、牡馬相手のGIIオールカマー(中山・芝2200m)でも5着と健闘していた。

 同じく前述のクロコスミアも、直前に1600万下特別、GII府中牝馬S(東京・芝1800m)を連勝していた。さらに、2012年に5番人気で3着となったピクシープリンセスも、下級条件を勝ち上がって挑んできた馬である。

 それぞれ、重賞実績豊富な馬たちに人気を譲ったものの、現状の勢いに乗って人気以上の結果を残した。

 なお、先にも触れているとおり、ここに挙げた3頭は皆、4歳馬。つまり、勢いのある”4歳の上がり馬”がいれば、外せない、ということだ。

 そして今年は、この例にピタリとハマる馬がいる。レッドジェノヴァ(牝4歳)だ。

 文字どおりの”上がり馬”である同馬はこの夏、1000万下特別、1600万下特別と連勝し、続く前走のGII京都大賞典(京都・芝2400m)でも、GI2勝のサトノダイヤモンドに半馬身差まで詰め寄る2着と奮闘した。

 GI馬や重賞勝ち馬に人気は譲っても、このレースぶりからして一発あってもおかしくない。金星を期待して、積極的に狙っていきたい1頭だ。

 次に、エリザベス女王杯と関連性の深いレースとして取り上げたいのが、マーメイドSである。

 2013年に5番人気で3着となったアロマティコは、春に同レースで3着と善戦し、2014年に6番人気で3着に入ったディアデラマドレも、同年春のマーメイドSの覇者。また、先述のマリアライトも、マーメイドSで2着と好走していた。

 要するに、同じ年のマーメイドSで好走している馬は、軽視できないということ。となると、今年はワンブレスアウェイ(牝5歳)に食指が動く。

 同馬は、今年のマーメイドS(6月10日)で2着と好走した。同レースで上位3着までに入った馬で、ここに出走するのは同馬だけ。過去の例から狙わない手はない。

 マーメイドS以降も、GIII七夕賞(7月8日/福島・芝2000m)で5着、オープン特別のオクトーバーS(10月14日/東京・芝2000m)で3着と、牡馬相手に堅実な走りを見せているワンブレスアウェイ。初のGI戦であっても、同じ牝馬が相手なら、大駆けがあっても不思議ではない。

 最後に、ここ数年のエリザベス女王杯における最大の穴馬として、2016年に12番人気で2着に入ったシングウィズジョイに着目したい。

 同馬は、それまでに重賞を2勝していた4歳馬で、実績的には十分だった。しかし近2走が、いずれも重賞で15着、7着と惨敗。加えて、前年の3歳牝馬三冠レースでも振るわなかったため(オークス17着、秋華賞10着)、GIでは力不足と見られて人気が上がらなかった。

 このシングウィズジョイと似たような馬が、今年の出走予定馬の中にもいる。ミスパンテール(牝4歳)である。

 同馬も、重賞3勝の4歳馬で、3走前にはGII阪神牝馬S(4月7日/阪神・芝1600m)を勝っているが、直近2戦のGIヴィクトリアマイル(5月13日/東京・芝1600m)、府中牝馬S(10月13日)で、5着、9着と連敗。昨春の3歳牝馬クラシックでも見せ場なく敗れているため(桜花賞16着、オークス10着)、GIのここでは力が足りないと見られて戦前の評価は低い。

 とはいえ、シングウィズジョイの例もある。重賞3勝の実績はダテではなく、展開や状態面がかみ合えば、ミスパンテールも上位に食い込む力はあるはずだ。

 ちなみに、ミスパンテールは昆貢厩舎所属の馬で、鞍上は横山典弘騎手が務める。先週行なわれた交流GI JBCレディスクラシック(11月4日/京都・ダート1800m)を勝ったアンジュデジールも、昆厩舎の所属馬で、横山典騎手が騎乗していた。同”コンビ”が、2週連続で大仕事を果たす可能性は大いにある。

 3歳牝馬三冠を達成したアーモンドアイ、重賞2連勝中のディアドラなど本命候補が別路線に駒を進めて、混戦ムードが色濃くなってきたエリザベス女王杯。色づく秋を存分に堪能するための旅費を、ここに挙げた3頭が稼がせてくれるかもしれない。

著者:text by Sportiva


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索