CLで元気がいいイタリア勢。セリエA復権の希望をナポリに見た

CLで元気がいいイタリア勢。セリエA復権の希望をナポリに見た

 いま一番勢いのある国はどこか。欧州でその指標になるデータは、チャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)の過去5年の戦績を元に弾き出したUEFA国別ランキングだ。

 CLもELも1勝の重みは同じ。ポイントに差はない。問われているのは、欧州のカップ戦に出場したすべてのチームの活躍度だ。ある有名チームが好成績を収めても、その他のチームがサッパリではランキングは上がらない。リーグとして活気づいていることの裏付けにはならない。

 たとえば、CL決勝にユベントスが進出した2014−15シーズンのイタリアだ。欧州一の座はバルセロナに譲ったものの、ユーベは存在感を示すことができた。ともすると、イタリアはスペインと対等な関係にあるかのように見えた。だが、スペインがベスト8に3チーム(バルサ、レアル・マドリード、アトレティコ・マドリード)が駒を進めたのに対し、イタリアはユーベのみ。本大会に出場していたもう1チームのローマは、グループリーグで消えていた。

 2015−16シーズンは、ユーベとともにローマがベスト16入りしたが、両チームは1回戦であえなく敗退。続く2016−17シーズンもユーベは決勝に進んだものの、本大会に出場していたもう1チームのナポリはベスト16で敗退していた。

 しかし昨季(2016−17)は、ユーベ、ローマ、ナポリの3チームが本大会に出場し、ユーベ、ローマがベスト8入りを果たす。イタリアの成績はじわりと向上した。UEFAランキングもスペイン、イングランド、ドイツに次ぐ4番手の座こそ変わりなかったが、2位、3位との差は大きく詰まることになった。

 そして今季。大会規定の変更で、2017年のランキングで4位だったイタリアにも、4つの本大会出場枠が与えられることになった。

 ちなみに、イタリア勢がCL本大会に4チームを送り出すのは、2009−10シーズン以来9シーズンぶり。それは、欧州トップ3の座から陥落した期間を意味している。

 自分自身で増枠を勝ち取ったわけではないとはいえ、今季ユーベ、ローマ、ナポリ、インテルの出場4チームは、厚遇に応えるだけの成績を収めている。グループリーグ第4節を終えた段階で、すべてベスト16入りの条件である2位以内を死守。このまま、4チームすべてがグループリーグを突破し、ベスト16入りすれば、ランキング3位のドイツを抜き、ランキング2位のイングランドに肉迫することは間違いない。

 イングランド対イタリアという視点でCLを眺めると、注目区はB組(バルサ、インテル、トッテナム・ホットスパー=スパーズ、PSV)、C組(リバプール、ナポリ、パリ・サンジェルマン=PSG、レッドスター・ベオグラード)、H組(ユーベ、マンチェスター・ユナイテッド、バレンシア、ヤングボーイズ)になる。

 まずB組。インテルの勝ち点は4節を終えて7。対するスパーズは4。注目は、次週、スパーズホームで行なわれる直接対決だ。インテルがこのアウェー戦で引き分け以上の結果を残せば、最終節を待たずに通過が決まる。

 次にH組。11月7日、ユーベホームで行なわれたマンチェスター・ユナイテッドとの直接対決は、途中までユーベの一方的なペースだった。後半20分、クリスティアーノ・ロナウドの先制ゴールが決まった時は、もう1、2点はいけそうなムードにあった。

 しかし、敗れれば3位バレンシアに逆転を許す可能性があったマンチェスター・ユナイテッドは、そこから踏ん張った。終了間際、2ゴールを立て続けにゲット。ユーベに続くグループ2位の座を死守した。

 そしてC組だ。昨季のファイナリストで、優勝したレアル・マドリードと途中までいい戦いをしたリバプール。同じくレアル・マドリードに決勝トーナメント1回戦で惜敗したPSGがいる。この組は当初、似た境遇にある両チームのマッチレースかに見えた。ナポリと両チームとの間には、チーム力に少し差があるのではないかと思われていた。

 セリエAでは2010年代に入り上位に君臨するようになったナポリだが、CLにおける最高位はベスト16(2011−12シーズンと2016−17シーズン)。好チームのイメージはあったが、リバプール、PSGと互角に戦う力強さはないように見えた。

 ところが、ナポリのC組における現在の順位は首位タイだ。リバプール(勝ち点6)、ナポリ(6)、PSG(5)、レッドスター・ベオグラード(4)。C組は勝ち点2差の間に4チームがひしめく大接戦が展開されている。

 11月6日。レッドスターにアウェーでまさかの敗退を喫したのはリバプールで、受けて立ったときの脆さを露呈した。リバプールの問題は、立ち位置にある。挑戦者としてのリバプールは強い。魅力的に映る。だが、強者に祭り上げられると、サッカーは攻撃的でも気分は守備的になり、そのギャップで居心地悪そうにプレーすることになる。

 CLで実績のないナポリに、そうした心配は不要だ。無欲。チャレンジャーの立場を貫くことができる。

 PSGと対戦した11月6日のホーム戦では、前半終了間際、フアン・ベルナトに先制弾を許したが、慌てなかった。後半、チームは逆にまとまり、立て続けにチャンスを作った。1点リードしたことで、受けて立つことになったPSGとは対照的な姿を描いた。

 好チーム度が、一時期よりさらに増した印象だ。最大のセールスポイントは前線に並ぶ3トップ。ドリス・メルテンス(左・169cm)、ロレンツォ・インシーニェ(中央・163cm)、ホセ・カジェホン(右・178cm)だ。サイズが小さいことは、身長を見れば、一目瞭然になる。日本代表で売り出し中の3人、中島翔哉(163cm/ポルティモネンセ)、南野拓実(174cm/ザルツブルク)、堂安律(171cm/フローニンゲン)に負けていないのだ。

 PSGの大型ディフェンダーには、彼らがボールを操作する姿が鬱陶しく見えているようだった。リズムが合わないというか、モグラ叩きゲームに興じるも叩き損ないを繰り返し、挙げ句、怒り心頭に発しているような印象だ。後半18分、トラップミスをカジェホンに突かれてPKを献上したチアゴ・シウバは、その典型的な存在だった。

 そうはいっても、両軍の選手のポテンシャルには大きな差がある。ネイマール、キリアン・ムバッペ、アンヘル・ディマリア、エディンソン・カバーニといったレベルの選手はナポリにはいない。それでいながら試合が1−1で終わってしまった理由は、大物選手の動きに連動性がないからだ。

 それぞれがピッチの各所で、自らのフィーリングを最大の頼りに単独で戦っているようで、攻撃に膨らみがないのだ。年々、好チーム度を高めているナポリとは、対照的な姿を晒している。いいときのバルサ、レアル・マドリードを見ているときに感じる、高級なサッカーを鑑賞している気にはなれない。

 そんなPSGをナポリが追い込む姿は、なかなか痛快だった。日本人受けするサッカーであり、日本の参考になるサッカーでもあるだろう。今季好調のナポリから目が離せない。

著者:杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by AP/AFLO


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索