バラは再び咲く。NBA元MVP・ローズがスタイルチェンジでキャリアハイ

バラは再び咲く。NBA元MVP・ローズがスタイルチェンジでキャリアハイ

 バラの花が、再び咲いた――。

 現地10月31日、デリック・ローズ(ミネソタ・ティンバーウルブズ/PG)がユタ・ジャズ戦でキャリアハイとなる50得点を叩き出す。それまでのローズのキャリアハイは2011年5月。7年半も前に記録した44得点だった。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 時計の針を巻き戻せば、2011年はローズが史上最年少の22歳でMVPを受賞したシーズン。誰もがこの若者に、どれほど輝かしい未来が待っているのだろうと、夢を見ずにはいられなかった。

 しかし、ローズのキャリアは暗転する。2012年のプレーオフで左ひざ前十字じん帯を断裂し、翌シーズンを全休。さらに復帰後に右ひざ半月板も損傷し、ふたたび長期離脱。2015年には再度、右ひざの半月板を痛め、通算3度目の手術を行なった。

 度重なる故障と手術の影響で、ローズの爆発的なスピードと得点力は失われた。2012年を最後に、ローズが平均得点で20得点をオーバーしたことは、一度もない。

 シカゴ・ブルズで華々しいキャリアをスタートしたローズは、その後、ニューヨーク・ニックス、クリーブランド・キャバリアーズと渡り歩く。

 2017年9月、ローズはアディダスのプロモーションで中国を訪れる。このとき、多くの中国人ファンのメッセージを編集したビデオをローズは見た。そして、激励の言葉の数々にローズは思わず涙する。

『僕は医師から、もう2度とプレーできないかもしれないと言われた。でも、そんな自分に信じる力を与えてくれた存在こそ、あなただった』

『陽はまた昇る、バラの花も再び咲く』

 しかし、その後もローズの歩む道は厳しかった。昨シーズン途中にキャブスからユタ・ジャズにトレードされるが、移籍後わずか2日で解雇される。その後、「歴代MVP受賞者で殿堂入りを逃す初の選手になるだろう」と囁かれるローズと契約したのが、現在所属するウルブズだった。

 ジャズ戦で50得点を叩き出した後、ローズは「バスケットボールが僕を離してくれない」と語っている。

「本当にバスケットボールが好きなんだ。だから、僕は決してタオルを投げなかった。それに、今の僕には息子と娘がいる。いつか、ふたりにこう言えるようになりたいんだ。『言い訳はするな。不平不満を言わず対処しろ。自分がやりたいことを、やるべきことをやるんだ』と」

 ローズの50得点に、敵味方なく、多くのNBA選手がSNSなどを通じて賛辞を送っている。そのひとり、今シーズンかぎりで引退を表明しているドウェイン・ウェイド(マイアミ・ヒート/SG)の言葉を紹介したい。

「今夜、決してあきらめないこと、そして信じてくれる誰かがいるとき、奇跡は起こるとローズが教えてくれた。自分が50得点したようにうれしい。おめでとう」

 もちろん、この夜の50得点を根拠に、”ローズ完全復活”ということにはならない。全盛期の、ディフェンスを1歩目で抜き去る圧倒的なスピードを持ったローズも、空中でディフェンスと激突してもシュートをねじ込むパワーを誇ったローズも、もはやいない。

 しかし、ちょうど10月4日で30歳となったローズは、丁寧なフェイントでマークマンをずらしてスペースを作り、極力タフショットを避けるクレバーなシュートセレクションで、まさに自身が歩んできた道のりのように、地道にコツコツと4本の3Pを含む19本のシュートと8本のフリースローを沈め、20代の全盛期でも達成できなかったキャリアハイとなる50得点を積み上げた。

 あの日のローズがいないことを、本人が誰よりも知っている。

「今の目標はシックスマン賞を取ること。そして、若手が成長するのを助け、チームをサポートしていきたい」

 そしてもうひとり、今年スタイルチェンジを果たし、キャリアハイをマークした選手がいる。2011年のダンクコンテストでクルマを跳び越えるプレーで優勝するなど、パワフルなダンクが代名詞だったブレイク・グリフィン(デトロイト・ピストンズ/PF)だ。グリフィンは10月23日のフィラデルフィア・76ers戦で50得点を記録した。

 2009年のドラフト1位でロサンゼルス・クリッパーズに入団したグリフィンは、ケガのため2009−2010シーズンを全休。デビューイヤーとなった2010−2011シーズンに記録した47得点が、これまでのキャリアハイだった。

 スター選手だったグリフィンだが、ここ数年はケガに悩まされ、周囲からも「ピークを過ぎた」と言われていた。実際、2015年を最後にオールスターにも出場していない。そして、昨年1月にチーム再建のため、ピストンズにトレードされている。

 今年でNBA9シーズン目となるグリフィンは、最初の6シーズンは放ったシュートのうちの97%以上が2Pシュートだった。しかも最初の4シーズンは2Pシュートのうち、リングから0〜3フィート以内のシュートが約40%と、いかにダンクを含むゴール下のシュートが多かったか、この数字が物語っている。

 転機は2016−2017シーズン。それまで、1試合平均0.5本程度だった3Pシュートが平均1.9本に上昇。さらに、昨シーズンは平均5.6本まで増加している。しかも、昨シーズンの3P成功率34.5%はシューターとしてなら心もとないが、インサイドを主戦場とする選手としてなら悪くはない数字だ。そして今シーズンも現時点で、1試合平均5.8本の3Pシュートを放っている。

 しかも、今シーズンのグリフィンを見ていると、単純に3Pシュートを多投するようになっただけではないことがわかる。

 スピンムーブなどの器用さやパスセンスも持ち合わせるグリフィンは、ドウェイン・ケーシー・ヘッドコーチから「ポイント・パワーフォワード」の役割を任され、ポストアップするか、アウトサイドで3Pを狙いつつ1対1を仕掛けるか、それとも味方にパスを配給するか、状況によってプレーを変化させるオールラウンダーに変貌を遂げている。対戦チームにとっては、より厄介な存在にスタイルチェンジしたと言っていいだろう。

 全盛期は身体能力を前面に押し出すスタイルだった、かつてのダンク王ヴィンス・カーター(アトランタ・ホークス/SF)がベテランになってシューターになったように、NBAでプレーし続けるためには、年齢に応じたスタイルの変化が必要なことは間違いない。

 勢いのある若手や、全盛期の選手の放つ輝きは、煌々とまぶしい。しかし、紆余曲折を経てスタイルを変えたベテランの放つ、いぶし銀の輝きにも注目したいところだ。

著者:水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索