錦織圭の2018年を振り返る。今季のデータが「復活」の何よりの証だ

錦織圭の2018年を振り返る。今季のデータが「復活」の何よりの証だ

 錦織圭は、ATPファイナルズでベストなプレーができなかったことを悔やんだが、2年ぶりに世界最高峰の舞台に戻って来られたことをあらためて誇りに思っていた――。

 男子テニスツアー最終戦・ATPファイナルズのラウンドロビン(総当たり戦)のレイトン・ヒューイットグループは、第2戦が終了した時点で準決勝進出者が誰も決まっていなかった。

 第7シードの錦織(ATPランキング9位、11月12日づけ/以下同)は1勝1敗で、準決勝に進出するためには勝利することが最低条件だったが、ストレートで勝つかフルセットで勝つかによって状況が変わり、さらにもう一つの試合結果によっても左右される複雑な状況であった。

 第3戦の対戦相手である第6シードのドミニク・ティーム(8位、オーストリア)とは、今季1勝1敗。直近の対戦である10月のATPウィーン大会準々決勝では、錦織がストレートで勝っていた。

 また第2戦で、第4シードのケビン・アンダーソン(6位、南アフリカ)に対して24回のミスをして、0−6、1−6で敗れた悪夢から、錦織がどう立て直してくるかも注目だったが、残念ながら修正は難しかった。

 第1セット第5ゲームで、錦織はブレークポイントを4回つかむが取ることができず、これがほとんど唯一の見せ場で、それ以降はまったくいいところなく、1−6、4−6で敗れた。

「ほぼ試合にならなかったというか、ミス(のタイミング)がすごく早かった」と振り返った錦織は、フォアのミス16本とバックのミス19本を含む合計41回のミス。「ここまでミスが多いのは初めてかもしれない」と言うほどの自らの不甲斐ないプレーに錦織は怒りを隠せず、ラケットをコートに叩きつけるシーンもあった。

 錦織は、ラウンドロビンを1勝2敗で終え、ティームとは勝敗数で並び、セット勝率も同じだったが、ゲーム勝率でティームが錦織を上回り、結局錦織はグループ4位。準決勝へ進出することはできなかった。

 錦織はファイナルズの出場権を獲得するため、シーズン終盤の大会で全力を出し続けていた。その疲労がロンドンでのプレーに影響したのか、トップ選手を相手にややエネルギー不足だったのは否めないだろう。

「正直、まったく納得できない。内容的には3試合ともそんなによくなかった。最後まで感覚がつかめず終わりましたね。今週は葛藤の一週間でしたけど、その前はすごくいいプレーができていた。今年1年頑張って、ここまで来られたことは、奇跡のようなところもあるので、そこは我ながらすごく評価しています。ただ、あまりいい終わり方じゃなかったですね」

 こう語った錦織にとって、理想的なシーズンのエンディングではなかったかもしれないが、昨年の右手首のケガから復帰した2018年シーズンの最後にファイナルズの舞台に立てたことは、錦織の状態がトップフォームに戻ってきた証しだろう。

 もちろん、ファイナルズ出場までの道のりは平坦なものではなかった。今季、錦織のリスタートは、1月のATPチャレンジャー大会から。右手首に不安を抱えたまま、なかなか調子が上がらず、4月上旬にはランキングが一時39位まで落ちた。

「痛みがありながら、(100%で)フォアを打てずに決勝までいった」と錦織が振り返るマスターズ1000(以下MS)・モンテカルロ大会では準優勝を飾り、そのあとのクレーシーズンで少しずつ調子が上向き始めると、復活の狼煙を上げた。

 錦織は、試合中の手首の痛みや、ケガが再発するかもしれない恐怖とも戦い続けた。また、サーブのテークバック時に、ラケットを体の近くにセットしてフォームをコンパクトにしたり、両足を固定するなどしてサーブを改良した。28歳のプロテニス選手がプレー技術に手を加えることは決して簡単なことではない。さらに、サーブのルーティーンも変更して、ボールを1球ずつ受け取ってファーストサーブとセカンドサーブを打つようになった。

「いろいろ乗り越えた1年だった。ケガもそうだし、メンタルもそうだし、体が強くなって痛みが出なくなったことも例年にはなかったこと。乗り越えたというか、よくなったこともたくさんあったと思います」

 さらに、ベスト4に入った9月のUSオープンが、ターニングポイントになった。

「USオープンでいいテニスができたことが一番大きな自信になった。USオープンの後から、やっとテニスが安定してきた」

 そこから錦織の快進撃が始まり、ATPメス大会(フランス)でベスト4、ジャパンオープンで準優勝、MS上海大会でベスト8、ATPウィーン大会で準優勝、MSパリ大会でベスト8と、安定した成績を残してトップ10に復帰。そして、2年ぶり4回目となるファイナルズの出場権を獲得した。

「十分すぎる1年だったというか、ここ(ファイナルズ)に出られなくてもおかしくなかった」

 錦織は、2018年シーズンをマッチ43勝21敗で終えた。対トップ10選手には7勝10敗。ファイナルセットにもつれた試合は12勝5敗。ATPランキング9位でフィニッシュした。

 レギュラーシーズン(MS・パリ大会)までのデータにはなるが、サービスゲーム獲得率82%、ファーストサーブでのポイント獲得率72%、セカンドサーブでのポイント獲得率55%、ブレークポイントのセーブ率63%。また、相手のセカンドサーブに対してのリターン獲得率は52%だった。

 錦織が自己最高の4位を記録した2015年シーズンは、サービスゲーム獲得率86%、ファーストサーブでのポイント獲得率75%、セカンドサーブでのポイント獲得率55%、ブレークポイントのセーブ率64%であり、こうしたデータからも、錦織がトップレベルに戻ってきたことをうかがい知ることができる。

 来月29歳になる錦織が、2019年を体も心も充実させたシーズンにすることができれば、悲願であるグランドスラム初タイトルをつかむチャンスはあるはずだ。来季は錦織にとって、大きな勝負に挑む年になるだろう。

著者:神 仁司●文・撮影 text&photo by Ko Hitoshi


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索