スペインの名将が森保Jを総括。「戦術の充実で飛躍を遂げつつある」

ミケル・エチャリのベネズエラ戦レポートを読む>>

「ふだん代表でプレーしていない選手たちを起用し、経験を積ませる試合になった。相手のキルギスはテクニック、タクティクス、フィジカルなど、あらゆる面で日本に劣っていたが、完全に引いた相手をどう崩すか、というトレーニングになっている。それは決して簡単な作業ではない」

 スペインの目利き、ミケル・エチャリ(72歳)は11月20日のキルギス戦での日本代表を肯定的に評価している。ポジティブな側面に目を向けられるのは、ひとりのプロフェッショナルとして生き抜いてきた証だろう。エチャリはファン・マヌエル・リージョ(ヴィッセル神戸監督)、ウナイ・エメリ(アーセナル監督)という優れた指揮官たちに強い影響を与えてきた。

「キルギス戦は2018年という1年を総括し、日本サッカーが確実に成長していることの証となった」

 エチャリはそう言って、お墨付きを与えた。


キルギス戦でクオリティの高いゴールを決めた大迫勇也

「キルギスはレベルが高い相手とは言えない。力の差を考えたのか、5−4−1という守備的な布陣で完全にリトリートしてきた。

 これによって日本には、『露骨に引いて守りに入った相手を崩せるか』という課題ができた。

 テストの意味が多分にあったのか、ベネズエラ戦から先発11人全員を変更。これまでの控え選手中心で、布陣は4−4−2だった。

 集中的に守る相手を崩すのは、かなりの力の差があっても苦しむことがあるのだが、日本はすぐに門をこじ開けている。前半2分に北川航也(清水エスパルス)、杉本健勇(セレッソ大阪)の連携から、左サイドを抜け出した山中亮輔(横浜F・マリノス)がフリーになって、左足でファーサイドにボールを流し込む。あっさりと先制し、攻撃はストレスを感じることはなくなった。攻め続けながら、失ったボールを奪い返すという、攻守の練習のような様相を呈した。

 19分には左FKを原口元気(ハノーファー)が直接シュート。相手GKが手からこぼすという失態を犯し、追加点を奪った。序盤で、力量差が浮き彫りになっている」

 エチャリはそう言って、冷静に戦いの流れを説明した。

「日本の基本攻撃は、伊東純也(柏レイソル)、原口の2人がサイドからディフェンダーを中に引き連れ、SBの室屋成(FC東京)、山中が空いたスペースを駆け上がる形か。その動きに対し、2トップの北川、杉本が連動。お互いがサポートに入り、パスコースを多く作り出し、コンビネーションを生み出した。

 また、三竿健斗(鹿島アントラーズ)、守田英正(川崎フロンターレ)のボランチは判断が速く、相手を寄せ付けなかった。常に敵陣でプレー。それぞれの距離感はコンパクトで、敵を押し込んでいることもあって、ボールを失ってもすぐに奪い返し、攻め続けた。いつもよりもショートパスを多用した印象はあったが、前線、サイドと連携し、イニシアチブをとった。

 ただ、攻めながらも3点目は生まれていない。とりわけ、伊東はエリア内で2度の決定機を得たが、どちらもシュートが枠を捉え切れなかった。原口が左サイドを奥深くまで侵入し、折り返したクロスは効果的だったが……」

 エチャリは、丹念に試合を分析している。

「後半が始まって15分近く、キルギスは自陣から出て積極的にプレーしている。システムは変えなかったものの、意識を高め、確実に強度を上げた。プレスをかけるようになって、コンビネーションを使い、ゴールに近づくようになった。

 日本が劣勢に立ったわけではない。ただ、膠着状態になったことで、森保監督は吉田麻也(サウサンプトン)、柴崎岳(ヘタフェ)、堂安律(フローニンゲン)、大迫勇也(ブレーメン)など主力組を次々に送り出している。この交代で再び盛り返し、インサイドでボールを持つ機会が増えた。

 そして後半27分だった。守田が強めに出した縦パスを、前線の北川がフリックで大迫に通す。大迫はGKと1対1になって、確実に決めた。守田のラインを破るパス、北川の判断、大迫の落ち着きは特筆すべきだろう。これで、相手は憔悴した。

 その直後だった。南野拓実(ザルツブルク)がボールを前に持ち運び、堂安にパスを流す。そして堂安はダイレクトで左へダイアゴナルのスルーパス。中島翔哉(ポルティモネンセ)が4点目を流し込んだ。いずれも途中出場の3人による、質の高い攻撃だった。

 率直に言って、この2つのゴールのクオリティはとても高かったと言える。事実上、試合はこれで決した」

 そして最後に、エチャリは2018年の日本代表をこう総括している。

「2018年、日本はロシアW杯を戦い、ベルギーと熱戦を繰り広げた。その後も、技術、体力、そして戦う姿勢など確実に成長したことを証明している。なにより戦術面の充実によって、大きな飛躍を遂げつつある。森保一監督は、世代交代を適切に進めている。新しい選手たちが野心的にプレーしている点は、これからの可能性と言える。そういう状況を作り出すために日夜働いている、Jリーグのクラブの方やサッカー協会の人たちを、心から祝福したい」
(つづく)

著者:小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Masuda Yuichi


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索