堂安律のように海外リーグに行きたい岩崎悠人。「もう20歳ですから」

堂安律のように海外リーグに行きたい岩崎悠人。「もう20歳ですから」

東京五輪を目指す若きフットボーラーたち(3)
◆京都サンガF.C.・岩崎悠人@後編

 京都サンガではプロ1年目の昨シーズンから出場機会を掴み、U−20ワールドカップにも出場した。だが、けっしてエリート街道を歩んできたわけではない。中学時代には挫折も経験したが、苦しい時期に支えてくれたのは、「日本代表になる」という夢だった。だから今、出場機会を失っても腐ることはない。悩みながらも考え抜くことが未来を切り開くことにつながると、岩崎悠人は知っているからだ。

―― 今年のアジア大会期間中、岩崎選手は「高校の時もそうですけど、今までゴールでチームの信頼を得てきたし、ゴールでチームを助けてきたから、僕にとってゴールは大きいものだ」と言っていました。子どものころからストライカー、ゴールゲッターだったんですか?

岩崎悠人(以下:岩崎) いや、小学生時代はボランチとかで、自分でドリブルで抜いていって、GKと1対1になったところでパスを出して決めてもらう……みたいなシーンが多かった覚えがあります。

―― 低い位置から運んで。足は速かったんですか?

岩崎 足は速かったと思います。

―― では、いつからストライカー、点取り屋に?

岩崎 高校に入ってすぐ、いきなり(京都橘高の)米澤(一成)先生にFWに指名されて、中野克哉くん(現関西大)と2トップを組んでからですね。中学時代(彦根市立中央中)もトップ下でしたから。

―― トップ下から突破していくような?

岩崎 ダイヤモンドの4−4−2で、トップ下をやっていたんですけど、2トップも速かったので、相手の背後にバーンと蹴って、走らせていました。

―― 馬力だとか、多少無理の利くプレーも魅力だと思いますが、そういうプレースタイルはどういう経緯で自分の武器になっていったんですか?

岩崎 高校の時は土のグラウンドで、米澤先生に1対1、2対2、3対3などをかなりやらされたんです。そのなかで、自分よりもうまい選手というか、3年生とずっと対戦していたので。

―― 1年生の時からレギュラーでした。

岩崎 はい。負けず嫌いでもあるので、必死にボールに食らいついていたら、足が伸びるようになった感じです。アジア大会はけっこう、グラウンドの状態が悪かったじゃないですか。ああいうところでも平気でやれるようになれたのは高校時代のおかげです。

 あと、高2の時から、JARTA(ジャルタ)というトレーニングを取り入れるようになって。それは今もやっていて今年4年目ですけど、可動域が広がったり、身体操作というか無駄のない速い動きができるようになってきた気がします。

―― 滋賀県で過ごしていて、京都橘高に進学した。中学3年の時、京都橘高が全国高校サッカー選手権で準優勝したのを見て進学を決めたそうですが、他に京都橘高に憧れた理由はありますか?

岩崎 選手権を見て、やっぱり高校サッカーはいいなと思っていて、高体連から誘われたのが橘だけだったんですよ。米澤先生が声をかけてくれて。中学3の時に高1の先輩たちと一緒に国体に出たんです。

―― 滋賀県選抜の一員として、ですね。

岩崎 はい。その滋賀県選抜の監督と米澤先生の仲が良くて、紹介されたんです。それで会ってみて米澤先生に惹かれたというか。実際はむっちゃ怖かったですけど(笑)。

―― では、これまでは比較的順調にキャリアを築いてきて、今季は初めて大きな壁にぶつかっている感じですか?

岩崎 いや、中学時代はめっちゃ悩んだし、間違いなく挫折を味わったと思います。でも、自分としては、南アフリカ・ワールドカップを見て日本代表になるという夢を持って、それになるためにガムシャラに、ずっとボールを蹴ってきたし、苦しい状況のなかで、自分でいろいろと考えたことが今、大きな財産になっていると思います。だから、今もいろいろと考えていますし。来年や再来年に、この時期があったから今の自分がいるって言えるように、がんばるしかないですよね。

―― 本当にそうですね。ところで、日本代表の試合は観ていますか?

岩崎 観てます。(堂安)律、出てるなーと思って(笑)。普通にやってるなと。悔しさもありましたけど、トミ(冨安健洋)と律が日本代表に入ってくれたので、本当に刺激になっています。自分にとって新しい目標ができましたし、早く追いつきたいなって。

―― 同級生は堂々とプレーしていましたね。

岩崎 ああいうのを見ると、海外に行きたいですね。

―― 京都サンガに加入した時、「23歳までにドイツかオランダに行って、27歳ごろにプレミアに行きたい」と言っていましたよね。覚えています?

岩崎 言ってましたね、はい。

――その目標は今も変わらない?

岩崎 目標は変わってないですけど、予定はだいぶ狂ってます(笑)。

―― 大丈夫。まだまだ取り返せます。だって、まだ20歳でしょう?

岩崎 いや、もう20歳ですよ。早く海外に行かなくちゃ。もう20歳ですから。

―― たしかに、同級生の堂安選手、冨安選手は行っているわけですから。

岩崎 そうですね。でも、まあ、それぞれ、いろいろな道があるので。

―― では、今後の目標を教えてください。

岩崎 まずはアジア大会で気づけたことを、試合に出た時にしっかり表現して、変わったなって思ってもらえるようにしたですね。決勝のソン・フンミンのように、試合で表現ができなければ、自分の価値は上がらない。だから、今はしっかり準備して、試合ですべてを表現できる選手になりたいと思います。

著者:飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索