トーレスも守備に奮闘。鳥栖は「らしさ」を取り戻して生き残った

トーレスも守備に奮闘。鳥栖は「らしさ」を取り戻して生き残った

「鹿島(アントラーズ)を相手に引き分けられる、という考えは甘い」

 サガン鳥栖の金明輝監督は、最終節を前にあくまで勝利を目指す戦略を明瞭にしている。第30節、マッシモ・フィッカデンティに代わって監督に就任してからの成績は、3勝1分け。急浮上で降格圏から抜け出した。最終節の鹿島に引き分ければ残留決定、というところまで巻き返していた。

 しかし、引き分け狙いほど難しい駆け引きはない。負けた場合、他会場の結果にその身を委ねることになる。J1最終戦は、何が起きてもおかしくはなかった。

 12月1日、鹿島サッカースタジアム。15位の鳥栖は、アジア王者・鹿島の本拠地に乗り込んでいる。立ち上がり、緊張からか少しばたつくが、右サイドバックの小林祐三が2度のパスカットで流れを断ち切るなど、守りでリズムを作り出す。これで主導権を握ると、鹿島陣内でプレー。小野裕二のFKがGKを慌てさせ、右CKからのクロスを高橋秀人がファーポストで叩いたヘディングシュートはわずかにバーを越えた。

「前から行こう、とはみんなで話していました。最初の20分は攻められたので、そこで点が獲れたらよかったですけど」(鳥栖・小野)

 だが、前半20分を過ぎると、徐々に鹿島がアジア王者の地力を見せる。ひとりひとりの基本技術が高く、常勝軍団のメンタリティなのか、ディテールで上回る。サイドチェンジからの攻撃は圧巻だ。右サイドから細かくパスをつなぎ、左サイドに展開し、さらにクロスを一気に逆サイドに振って、日本代表FW鈴木優磨が豪快に合わせる。攻勢によって、試合のペースを握り返した。

 もっとも、鳥栖も鹿島の攻撃を忍耐強く受け止めている。

「守備は安定していたので、”これならプレーオフに回っても負けない”と開き直ってプレーしていました。こういう試合を乗り越えることで、選手は成長していくものなんだと思います」(鳥栖・小林)

 残留戦を争うなかで、センターバックの高橋祐治はもっとも成長した選手のひとりだろう。不器用さは硬骨さや強さに変わった。これも良質なトレーニングの賜物か。

「(監督交代したとき)大きく変える時間はなかったので、ベースはそのままで、ただ、初歩的な部分を見直しました。止めて蹴る、だったり、相手を追い越して走る、だったり。そこを強調することで、(フェルナンド・)トーレスも走ってくれました」(鳥栖、金明輝監督)

 この日、トーレスはセンターライン付近から、前に出たGKの頭上を狙ったシュートを狙い、異彩を放っている。しかし、ストライカーの仕事に固執していない。なりふり構わずに中盤へ下がって守備し、体を使ってキープして時間を作り、ボールを奪われたら猛然としたチャージで挑みかかる。キャプテンマークを巻いてフォア・ザ・チームを貫いた。

 鳥栖は0−0のまま試合を推移させ、それは計算どおりに近かった。しかし後半途中、「名古屋グランパスが湘南ベルマーレに2−2で追いついた」という情報がベンチに入る。鳥栖が負けた場合、プレーオフに回ることになる。じりじりとした緊張の密度が濃くなった。

 鳥栖は左からのクロスを鈴木のヘディングで狙われる。センターバックのジョアン・オマリはバックパスをミスしてやらずもがなのCKを与え、際どいミドルシュートはどうにか体を投げ出してブロックした。鳥栖は劣勢に立った。紙一重の戦いだっただろう。

「(監督からの指示は)プレスバックし、背後を狙って、という感じでした。名古屋が追いついた(名古屋対湘南が2−2になった)のは言うな、という指示でしたが、ピッチの選手は知っていたようです」(鳥栖・豊田陽平)

 スクランブル状態の終盤、トーレスに代わって鳥栖を長年支えてきた豊田が、”クローザー”として投入される。まもなく、試合終了を告げるホイッスルが鳴った。鳥栖の選手たちは大げさに喜ぶことはなかった。安堵に近い気持ちだろうか。なんと5チームが勝ち点41で並び、得失点差での残留だった。

 もし、監督交代が1試合でも遅れていたら――。鳥栖の関係者にとって、ゾッとする事態になっていただろう。

 U−18を率いていた金監督は、基本に立ち返った。

「外側の足を使おう」「アングルとって斜めのパス」「お互いの距離が大切!」……そんなトレーニングで、各自が自信を取り戻していった。それ以前は、ボールを使わないという偏執的な練習が多く、守ることのみに執着することになっていた。金監督は単純にプレーのテンポを高め、失いかけていたダイナミズムを回復した。

「来季、自分がどうとかは決まっていません。でも、勝ち点を積み上げ、チームのポテンシャルは見せられたと思います。残留が目標ではなくて、優勝するようなチームを作っていかないと」

 金監督は、J1残留をそういう言葉で締めくくった。現役時代を鳥栖で過ごし、U−18も率いてきた金監督は、誰よりも鳥栖のスピリットを持つ。「鳥栖らしさ」。それをアップデートした戦いぶりで生き残ったのだ。

著者:小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Masashi Hara/Getty Images


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索