羨望の布陣。ビジャ加入が神戸にもたらす絶大な効果

羨望の布陣。ビジャ加入が神戸にもたらす絶大な効果

「(今シーズン、監督に就任して以来)日本人選手は着実に成長を示している。来季も彼らが中心になるだろう。ただ優勝を考えたとき、センターフォワードはワールドクラスが必要だろう。シーズン25得点以上を計算できるような……。すでに、目星はついている」

 ヴィッセル神戸のフラン・マヌエル(ファンマ)・リージョ監督は、不敵な眼差しでそう洩らしていた。

 その数日後、元スペイン代表FWダビド・ビジャ(ニューヨーク・シティ)の獲得が発表されることになった。

 ビジャはJリーグで神戸を優勝に導くような活躍ができるのだろうか?

 まず、ストライカーとしてのビジャの実力に、疑いの余地はない。36歳で挑んだ2018年シーズンは、ケガでの欠場がたたって、26試合出場15得点に終わった。ただ、この得点率でも”低迷”に見えるほど、圧倒的な数字を残してきた。2001年にプロデビュー以来、ほぼ毎シーズン、20得点以上を記録してきたのだ。37歳になったといえども、ゴールゲッターとしての能力は保証書付きと言える。

 そして瞠目すべきは、「点取り屋にありがちなエゴがない」という点だろう。
 
 ビジャは独善的なプレーをしない。守備の決めごとは守るし、味方のためにスペースを作るような動きもする。チームプレーを重んじ、献身的に働きながら味方を生かすと同時に、自分のプレー=ゴールを見せられるのだ。

 ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ監督)は、我の強いセンターフォワードタイプの選手を好まないことで知られる。事実、サミュエル・エトー、ズラタン・イブラヒモビッチ、マリオ・マンジュキッチらとは仲違いすることになった。そのグアルディオラがバルサ監督時代、FWとして全幅の信頼を寄せていたのが、ビジャなのである。

 グアルディオラの師匠であるリージョも、ナルシズムの強いストライカーを嫌うところがある。その点、ビジャなら申し分ない。リージョは監督就任以来、ルーカス・ポドルスキの得点力を引き出すようなチーム編成をしてきたが、ビジャの得点力は明らかに上。今後はビジャとポドルスキの波長を合わせつつ、そこに日本人アタッカーを組み入れる形になるだろうか。
 
 ビジャは中央でもサイドでも能力を発揮できる。事実、バルサでは左FWとしてコンビネーションを創り出し、得点を量産していた。ピッチのどこにいても、最善の判断を下せるインテリジェンスを持ちあわせている。

「僕は立ち塞がる敵を恐れることはないよ。敵は成長させてくれる存在だから。苦手なディフェンダーというのもいない。だって、それは自分を変えてくれるすばらしい好敵手だからさ」

 ビジャはそう言うが、対応するディフェンダーにとってはたまらないだろう。

 まさに天性の点取り屋で、ピッチのどこからでもゴールを狙える。ミドルシュートやサイドから切り込んでの一発は強烈で、GKとの1対1を得意とし、大柄ではないがヘディングも巧みだ。なかでもPKは特技で、リーガ・エスパニョーラ史上最高のキッカーと言える。度胸満点で、冷静さを失わない。

 なにより神戸では、バルサ、スペイン代表で長年、パートナーだったアンドレス・イニエスタのアシストを受けられる。ビジャとイニエスタのホットライン。それは、世界中が羨む風景だ。

 ビジャが失敗する可能性を探す方がよほど難しい。

 あえて言えば、Jリーグ特有のテンポが速いプレーに適応するのに時間が必要だろう。タメを作り、タイミングを計るプレーに慣れたスペイン人にとって、Jのスピード感覚はどうしてもせわしなく、違和感となる。

 当然だが、言葉の壁という問題も出てくるだろう。いくら優れた通訳がいても、すぐに自分の思いを伝えられず、相手の意をくみ取れないのはストレスになる。意思疎通の面では、若干の混乱があるはずだ。

 しかし、ビジャはこれまで所属した各クラブで結果を残し、適応力の高さを売りにしている。繰り返すが、どんな戦術、布陣も苦手としない。ましてリージョ、イニエスタという理解者がピッチ内外にいるのだから、その点のノッキングはないだろう。コーチングスタッフもスペイン人で固められているだけに、生活面も孤立するようなことはない。オーストラリア、アメリカという国々でプレーしてきた海外経験も、プラス要素だ。

 一方でビジャの加入によって、日本人FWはポジションを明け渡すことになる。ただ、チーム全体としては、競争力が生まれ、好転するだろう。ビジャほどの選手をライバルにして、日々切磋琢磨できるような恵まれた環境はめったにない。

 チームプレーヤーであるビジャは、必ず周りの選手のプレーも改善させるはずだ。パサーやクロッサーの潜在能力を引き出すことになるだろう。ビジャの神戸入団は、単なる一ストライカーの加入にとどまらない波及効果があるはずだ。

 イニエスタ、ポドルスキ、そしてビジャ。神戸には3人の世界王者が顔を揃えることになった。戴冠への手はずは着々と整いつつある。
 

著者:小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by KYODO


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索