ベルギー記者も大絶賛。遠藤航の「血と汗と涙」がハートを揺さぶる

 DMM.comが経営し、日本人選手を5人も獲得したことで飛躍的に知名度を高めたシント・トロイデンは、選手が14ヵ国から集まる多国籍軍団という側面も持つ。一見、一筋縄ではいかない集団のように思えるが、実際にはチームスピリッツに満ちたすばらしい試合を演じている。ベルギーリーグ第17節を終えて、5位という成績は立派なものだ。


アントワープ戦で激しいチャージを見せる遠藤航

 チームのコアメンバーはある程度固まりつつあるが、出場停止や負傷、不振によってメンバーを代える必要がある場合、マーク・ブライス監督は代役のメンバーと戦術のチョイスをいくつも持っている。

「多様性がSTVV(シント・トロイデン)の秘密。選手たちは4大陸にまたがり、異なる文化、異なる宗教、異なる言語が混ざっている。だが、彼らは非常に仲がよく、お互いに助け合ったり、かばったりしている。戦術的にも柔軟。それが化学反応を生んでいる」(ブライス監督)

 第16節のアンデルレヒト戦でストライカーのヨアン・ボリがイエローカードを受け、次節のアントワープ戦に出られなくなってしまった。そこでブライス監督は中盤を厚くする布陣を採用し、遠藤航を3試合ぶりに抜擢した。

 それは開始20秒の出来事だった。アントワープのMFオマル・ゴベアのボールタッチが少し大きくなった。すると遠藤は、ゴベアを吹き飛ばすぐらいの勢いで猛然とアプローチし、身体を入れてボールを見事に奪い返した。

「彼を抑えるように(監督から)言われていました。(ゴベアが負傷退場したため)彼のケガの具合が心配ではあるのですが、試合の最初はあれくらい行く姿勢を見せたかった。ああいうひとつのプレーで、チームの士気は上がります。チーム全体として前から行ってやる、というのが表れたシーンだったと思います」

 アントワープはインテンシティの高いプレーをすることで知られている。だが、シント・トロイデン戦では強度の高さに加えてラフプレーも目立ち、遠藤には中盤で激しく対抗すること、ゲームを落ち着かせることが要求された。

「こういうインテンシティの高いゲームをいかにこなせるか。そこが自分自身の成長において大事なことなので、(プレーの強度を)落とさずに90分間行けるところまでやれるか、それを求めている。きつくなってくる時間帯でも、前に出ていくことを意識していました」

 74分にシント・トロイデンが3−1と2点リードしてからは、「チームとして『ブロックを敷いて守る』という戦術を取りました」と振り返った遠藤だが、「きつくなってくる時間帯でも前に行く」という姿勢は崩さず、83分には右サイドのオープンスペースへ攻め上がってクロスを入れた。

 さらに後半のアディショナルタイムには、6人がかりのカウンターに遠藤も加わっている。そう、きつくなった時間帯(しかもシント・トロイデンの勝利は確定していた)でも前に行こうとしたのは、遠藤だけではなかった。それを私は、ひと言で「チームスピリッツ」と呼ぶのだと思う。

 第2節ゲンク戦で途中出場した2分後にゴールを決めるという派手なデビューを飾った遠藤は、それから4試合続けてフル出場を果たした。しかしながら、現在のチーム内ステータスはセミレギュラーといったところか。時には戦術的な理由から、時には自身の不調から、先発メンバー落ちしてしまうのである。

 だが、困った時には、やはり遠藤だ。第10節のロイヤル・エクセル・ムスクロン戦の65分、スコアは1−1。アレクシス・デ・サートに代わって遠藤がピッチに入ると、試合の流れは完全にシント・トロイデンへと傾き、最終的にはチームを3−1の勝利に導いた。

 地元紙『ヘット・べラング・ファン・リンブルフ」』は遠藤に採点7をつけたうえで、「この試合で遠藤は『ゲームチェンジャー』だった。ブライス監督がより攻撃的なサッカーに舵を切った時、遠藤が(サミュエル・)アサモアとともにチームを引っ張った」と讃えた。

 以前、ブレイス監督が遠藤について、こう言ったことがある。

「私は遠藤のようなインテリジェンスある選手が大好きなんだ」

 10月23日付けの『ヘット・べラング・ファン・リンブルフ』紙も、このように遠藤を絶賛している。

「遠藤は先発とベンチを行ったり来たりしているが、すでに彼はチームに貢献している。デビューマッチとなったゲンクとのダービーでも、すばらしいゴールを決めた。だが、なんと言っても彼のよさは、STVVのDNAとマッチすることだ。彼は『血と汗と涙』をもたらしている」

 シント・トロインデンのモットーでもある「血と汗と涙」というのは、アムステルダムの歌手アンドレ・ハーゼスの有名なナンバーで、「一生懸命ハードワークして、うれしいことも、悲しいことも、選手とサポーターがともに分かち合う」という含意を持つ。遠藤のプレーやチームへの献身性に、地元記者も「血と汗と涙」を連想したのだろう。

 時計の針を、アントワープ戦に戻す。試合を終えた遠藤に、「チーム内の競争が激しいですね」と聞いた。すると、遠藤は「激しくなってきたと感じます」と。

「だから、僕がこうやって久しぶりに試合に出て、結果が出たというのはチームにとって大きいと思いますし、個人にとっても大きいと思います。また、監督も(次戦以降のメンバー選考で)いい意味で悩んでくれればいいと思う。与えられた時間でしっかりと自分らしいプレーをして、いい結果を残したい。仮に出られなくても、チームのために何ができるか考えてやっていけばいいと思います」

 そして最後に、「この半年は、すごく充実していた。試合に出られた時期もあれば、出られない時期もあった。しっかり、サッカーと向き合えたと思います」と語るのだった。

著者:中田徹●取材・文 text by Nakata Toru


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索