アーセナル、宿敵を撃破。停滞感を払拭したエメリ監督の改革

アーセナル、宿敵を撃破。停滞感を払拭したエメリ監督の改革

 ここまでエミレーツ・スタジアムが熱気に満ちたのは、いつ以来だろうか――。

 12月2日に行なわれたトッテナム・ホットスパーとの「ノースロンドン・ダービー」を、アーセナルは4−2で制した。トッテナムに一度は逆転されながらも同点に追いつき、さらに宿敵を突き放したスリリングな試合展開に、アーセナルサポーターは大いに沸いた。そして、チームが見せたパフォーマンスと勝利への執念に、心を極限まで高まらせたのだ。

 振り返れば、昨シーズンかぎりで終焉したアーセン・ベンゲルの長期政権では、直近8試合のダービー成績を見ると1勝3敗4分と負け越していた。国内リーグの順位表でもトッテナムの後塵を拝し、それまで「アーセナル優位」だった北ロンドンの勢力図は大きく変わろうとしていた。

 そんななか、今年5月にアーセナルの政権が交代した。当時68歳のベンゲル監督が去り、代わりにやって来たのが47歳のウナイ・エメリ。停滞感が漂っていたアーセナルを、スペイン人の新指揮官はゆっくりとだが着実に変革していった。

 その成果が公式戦19戦無敗という、ここまでの成績だ。開幕直後はマンチェスター・シティ戦とチェルシー戦の連敗でつまずいたが、その後は軌道修正。19戦無敗のなかには、82分の土壇場で1−1の同点に追いつき、「ベンゲル政権なら確実に落としていた」(BBC放送)と粘り強さが評価された第11節・リバプール戦も含まれている。

 22年続いたベンゲル政権が終焉し、アーセナルのサポーターたちはチームの移行期間に相応の時間を要すると覚悟を決めていたが、エメリは予想を上回るペースでチームを軌道に乗せてきた。

 そして、昨季3位の宿敵トッテナムを撃破――。「アーセナルのほうがずっといい出来だった。勝利にふさわしい」と元イングランド代表FWアラン・シアラー氏が褒めれば、BBC放送も「エメリの改革は順調に進んでいる」と伝え、エメリ政権にポジティブな風が吹いていることを証明した。

 勝因のひとつは、勝利を強引に手繰り寄せたエメリ監督の采配にあった。試合翌日のロンドンの地元紙『イブニング・スタンダード』も「エメリの交代策が潮目を変えた」と、強気な采配がターニングポイントになったと指摘している。

 キックオフ時は、ピエール=エメリク・オーバメヤンの1トップに配した3−4−2−1でスタートした。積極的にプレスを仕掛け、前半10分で先制する。しかし、セットプレーから同点にされると、その4分後にPKで逆転ゴールを被弾。前半を1−2で折り返した。

 ここから、エメリ監督は大胆な策に打って出る。ハーフタイムで先発の2選手を引っ込め、代わりにMFアーロン・ラムジーと、軽傷を抱えてベンチスタートにまわったFWアレクサンドル・ラカゼットを投入。ラカゼットとオーバメヤンの2トップとし、ラムジーをトップ下に据えた3−4−1−2に変更して反撃体勢を強めた。

 すると、交代策から9分後にオーバメヤンが同点ゴールを奪取。しかし、それだけでは満足せず、エメリは勝利を奪おうとさらに動く。センターバックのスコドラン・ムスタフィとの交代でMFマテオ・ゲンドゥージを投入し、中盤ひし形の4−4−2に変更した。

 前傾姿勢をいっそう強めたアーセナルは、ここから2ゴールを加えて逆転に成功。マン・オブ・ザ・マッチに輝いたルーカス・トレイラが4点目を決めると、エメリ監督は思わずテクニカルエリアで飛び跳ねた。

 エメリ監督がこの試合で採用したフォーメーションは3つ。しかも、ハーフタイムに「2選手を交代する」という強気な采配を見せた。試合後、エメリ監督は交代策について胸を張って言う。

「試合前、私は複数の状況を想定していた。ラカゼットとラムジーを投入する策は、そのひとつだった。ラカゼットは得点意欲が非常に高く、(アーセナル在籍11季目の)ラムジーも、ノースロンドン・ダービーとビッグゲームで豊富な経験を有している。彼らを投入すれば90分間で追いつけると、そう踏んだ。それが、彼らを起用した理由だ」

 思い返せば、前任のベンゲルはスタメンで起用した選手を信頼し、なかなか選手交代に踏み切らなかった。1試合で3つの布陣を使い分けることなど、ベンゲル監督時代ではまずありえなかっただろう。

 しかしエメリ政権では、ハーフタイムでの選手交代が今回で7試合目と、実に多い。加えて、トレーニングでも「戦術練習が格段に増えた」(英紙デーリー・メール)という。複数の戦術とフォーメーションを使いこなすのが指揮官の狙いのひとつで、その結果、トッテナム戦でもプランA→プランB→プランCと戦術を変え、勝利を引き寄せた。

 英BBC放送は、エメリ体制について次のように評価する。

「ベンゲル前監督の功績を過小評価するつもりはないが、長期政権を経て、アーセナルは変革の必要性があった。クラブもサポーターも腐りかけ、新しい希望を見出す必要があった。断言するにはまだ早いが、エメリ政権の見通しは明るい」

 キックオフ直後、ベンチで十字を切って勝利を祈ったエメリ監督も、試合後は「アーセナルの監督に就任してから今日が最良の日」と微笑んだ。しかし、「喜ぶのは、ほどほどにしたい。今は12月5日に行なわれるマンチェスター・ユナイテッド戦のことを考えたい」と、すぐに気持ちを切り替えていた。

 長期政権を引き継ぐ難しさは、アレックス・ファーガソンの引退から続くマンチェスター・Uの苦戦が証明している。しかし、ベンゲルからバトンを受け取ったエメリは、ここまで新しい息吹をもたらすことに成功している。

 第14節終了時点で、3位チェルシーと1ポイント差の4位につけるアーセナル。はたして、エメリ体制はどこまで上位に食い込めるだろうか。

著者:田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索