吉井理人が説くコーチングの極み。選手との「振り返り」がひと味違う

吉井理人が説くコーチングの極み。選手との「振り返り」がひと味違う

【連載】チームを変えるコーチの言葉〜吉井理人(3)

 コーチは選手の邪魔をしてはいけない。コーチは教えてはいけない。教えるのではなくて、あくまでも選手のサポートをしないといけない――。

 それが自身の「コーチングの哲学」だという吉井理人は、何より選手とのコミュニケーションを重視する。普段からの対話はもとより、とりわけ大事にするのが「振り返り」という作業だ。シーズン中、おもに成長過程にある若い投手とともに、前日の試合の一場面をテーマに振り返ることが多いそうだが、果たして、どういう時にその手応えを感じるのか。吉井に聞いた。

「2017年のファイターズでの話になるんですが、1シーズン、3人の先発ピッチャーの話を記録したんです。そしたら3人それぞれ、前半にしゃべっている内容と後半にしゃべっている内容が違ってきて、ちゃんとゲームのなかで、うまく自分を立て直すような考え方に変わってきてるな、という流れが見えたんです」

 話の記録は、まさにその場で対話を録音して、文字起こしをして読める状態にしてある(録音は選手の許可を取った上で行なっている)。そこまでやらないと「コーチとしての責務を果たせない」と吉井は考えている。実際、記録してあったからこそ、前半と後半の違いに気づけたわけだ。

「ただ、なかには、せっかく考え方が変わったのに、また戻っちゃう選手もいる。これは本人の性格もあると思うんですが、実際に翌年、2018年はひとりの選手が元に戻ってしまって……。そこを自分で気づいて『直していこう』と思うようになっていかないと、なかなか順調に成長できないですよね。

振り返りにしても、もしかしたら僕が答えを言ってしまって、対話のなかで答えが出るように誘導してしゃべらせている可能性があるので。自分から本当に気づいて、答えに向かってしゃべっているかどうかはわからない。そこは僕の方で改善しないといけないな、と思いました」

 もともと、振り返りはネガティブな話から入らないようにしている。たとえば、前日登板した投手の自己評価が100点満点で20点だとしたら、80%はダメだったことになるのだが、あえて20%のポジティブな話から入る。ダメだったほうが話のネタは豊富にあって話しやすい半面、先にそこを取り上げると参加している選手全員の気持ちが沈んでしまうからだ。

 そこでポジティブな話から入ると、自然と周りはよかったことについて話すから、たとえ20点でも褒められたような感覚になる。気持ちが前向きになって、ダメだった80%をちゃんと直していこうとあらためていく力につながる。じつに細やかな気遣いだと感じる。ただ、そこまで気を遣っても、元通りになってしまう選手がいるのはなぜなのか。

「そのあたり、選手とコーチの関係性が影響しているかもしれません。選手は知らず知らずのうち、『コーチの方が立場は上だから、あんまり本当のことを言わない方がいいのかな』と思っている可能性がある。こちらは選手を評価する立場じゃないですか? 評価して、監督に起用法を提案する立場なので、それで遠慮して本当のことを言えない、といった関係性になっているかもしれない。でも、そこを取っ払って信頼関係を築かないと、なかなかコーチングってうまくいかないんです」

 コーチはまず選手よりも年上。日本には年長者を敬(うやま)う文化があるから、常に上下関係がついて回る。立場が上で評価を下す人間に対して、ときに遠慮が生じても無理はないと思える。

その点、旧来のコーチ対選手の関係性こそは、まさに遠慮してしまう関係性だったのではないか。自ら言葉を発しにくい選手に対し、コーチがよかれと思ったことを上から教える、その教えが選手の邪魔になるときがある。

 だからこそ吉井は、教えるのではなくてサポートをすべきだと言い、遠慮する関係性を取り払って、お互いに信頼できる関係を築くべきだと説く。選手もコーチもプロ、個人事業主だから、「グラウンド上では上下関係に重きを置かない」という考えだ。

「もしかしたら、コーチの立場で『バーン!』って答えを言ったら即効性はあるかもしれませんけど、(効力が)消えるのも早いですよね。それがその選手にとっていいことなのかどうか、という疑問はあります。『プロなんで、それでいいよ』っていう考え方もあるかもしれないですけども、僕のやり方はちょっと違いますね」

 吉井の振り返りが「ちょっと違う」のは、選手が失敗した時の感情までしっかり振り返らせることだ。たとえば、二死満塁で2ストライクからフォークボールを投げた場面。球が高めに浮いて、ホームランを打たれたときを振り返ったとする。「緊張して力んだ」だけで終わったら、必ずまた同じ失敗を繰り返してしまうという。

「緊張している自分はどうしようもないので、それを認めて、緊張したらどういうミスをするか、原因まで知っておけば、最小限の失敗で済むと思うんです。その点、ピッチャーによって違いはありますが、緊張して力んだら、たいていフォームが乱れています。だったら、緊張した時に自分のフォームがどう変わりやすいか理解していれば、修正法を考えられますよね。球が浮いた原因もわかるんで、単に『ここは低めに投げなきゃ』と思うだけじゃダメなんだとわかる。逆に言うと、ミスした場面を深く振り返って思い出さないと原因はわからない。これも大学院で勉強しないと気づかなかったことです」

 ピンチの場面、感情の変化が知らぬ間にフォームの変化につながり、ミスが起きる。心の動きがフォームという技術に影響して、ボールを制御しにくくなる。そのことを知っていれば、ミスが少なくなる。あらためて、心技体という言葉がクローズアップされるかのようだが、この感情と技術の関わりにしても、吉井が選手に伝えるわけではないという。

「”伝える”というよりも、”気づかせていく”ということですね。選手たちはわかっているはずなんですよ。マウンドで、どういうボールを投げたら打たれないか、わかっていて、意識して投げてるんですけども、やっぱり失敗しちゃうんですよね。その失敗する理由を自分で探せるようになってもらいたいんです。時間はかかりますけど、プロ野球シーズン、長いので。一発勝負だったら、そんなこと言ってられないですけど、やり直す機会はいっぱいあるじゃないですか」
 
つづく

(=敬称略)

著者:高橋安幸●文 text by Takahashi Yasuyuki


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索