ネイマールが世界最高の選手になるためには、根本的な改革が必要だ

ネイマールが世界最高の選手になるためには、根本的な改革が必要だ

あなたの知らないネイマール(4)


 ネイマールには根本的な改革が早急に必要だ。

 2月5日で27歳になるネイマールだが、その振る舞いはまるで子供のようだ。感情のままに泣き、真剣に女性と付き合うこともなく、ピッチの内外で悪ふざけをし、パーティーでバカ騒ぎをし、狂ったようにSNSに投稿し、自分では責任を負おうとしない。

 ロシアW杯でベルギーに敗れた後、ブラジル代表のコーチのひとりだったエドゥーはこうコメントした。

「ネイマールは子供と同じだ。毎試合いいプレーをし、ゴールをし、勝利をし、人々の手本とならなければいけないことは、彼にとってはあまりにも荷が重すぎた」

 この言葉はブラジルで波紋を呼んだ。「エドゥーは何を言いたい? 26歳で、もう7歳の子供の父親でもあるネイマールが子供?」と。

 だが、思い出してほしい。11歳のころから周囲は彼をさんざんに褒めそやし、15歳で父親より高い給料をもらうようになった。そばにはいつもネイマール・シニアがぴったり寄り添い、何があっても彼をかばい続ける。友人も彼から離れない。彼らはバルセロナにもパリにも、そしてW杯にもついていく。

 彼らはネイマールを最大限に甘やかすので、ネイマールはいつまでたっても現実が見えない。子供のように無垢で、そして無責任だ。それが人間としても、そして選手としても、ネイマールの成長を阻害している。

 ネイマールの父は、彼以外の人間がネイマールに近づくことを許さない。彼はマネジメントを学んだこともなければネゴシエートのやり方も知らない。英語もフランス語もしゃべれず、法律も知らない。つまり代理人を務める能力など持ってはいないまったくの素人だ。

 ネイマールの父が動くにあたっての法則はただひとつ、「ネイマール・ファースト」。ひたすらネイマールの味方をし、庇う。彼にとって正しいのは常にネイマールだ。ネイマールと何かするには、常にこの父親を通す必要がある。だが、何も知らない父親の行動は無茶苦茶で、逆にネイマールの評判を落としてしまうこともしばしばだ。ネイマールが変わるための第一歩は、まずこの父親の庇護のもとから独り立ちすることだろう。

 こうした状況にありながらも、ネイマールはこれまで370あまりのゴールを決めている。もう少しすればペレの持つ記録も超えるだろう。つまりネイマールの持つ能力とは、私たちが見ているよりも、もっともっと高いはずなのだ。彼が父親から離れ、プロの代理人やスタッフを持ち、子供じみた面を捨て、より真面目に、より責任を持つようになれば、今後世界最高の選手にもなることは可能だ。

 ただ、ネイマールが親や友達から離れるのはそう簡単なことではないだろう。彼もそれを望んでいないし、親や取り巻きたちもそれを望まない。そうなるとネイマールが今後サッカーの歴史に名を残すような選手になるのは、かなり難しくなる。

 ネイマールが何かを勝ち取りたいなら、自分のキャリアを見直す必要がある。レアル・レアル・マドリードに行きたいのであれば、もっと成長し、ピッチ内外の態度を改め、真のリーダにならなければいけない。もうそれほど時間はない。この1、2年が彼の本当の正念場となるだろう。

 2019年になってもネイマールの周辺は落ち着きそうにない。パリ・サンジェルマン(PSG)との間にもいろいろ問題が起こりそうだ。そんなネイマールに現在の気持ちを聞いた。

――もうすぐ27歳。サッカー選手としてもっとも脂ののった年齢となる。まだまだ手に入れたいものはたくさんあると思うが、自分の今後をどう予想している?

「今は目の前の試合のことだけに集中しているよ。とにかくプレーする試合はすべて勝ちたい。それが僕の唯一の願いだ。W杯のタイトルも足りないし、FIFAの最優秀選手のタイトルも手に入れたことがない。それからPSGがフランスでもヨーロッパでも世界でも優勝するのを見たい。ブラジル代表としてプレーした時は、いつも勝ってピッチを後にしたい。サントスで勝利を始めた頃から、僕はそれだけを追い求めているんだ。

 一番怖いのはピッチ内での危険プレーだね。アタッカーはいつもその標的になりやすい。しかしそれもサッカーのうちだ。だから敵がどんなに僕をピッチに倒そうとしても、僕は立ち続けるためにそれと戦う。

 あと8〜10年はトップレベルでプレーしたいと思うから、まだまだみんなネイマールのニュースを聞くと思う。僕がもっと早く立ち止まってしまうことを、皆が望んでいないことを願うよ。もちろんカタールW杯でもプレーしたい。この大会ではブラジルは何が何でも勝たなくてはならない。そのためには今から用意すべきだよ。そして2022年には最強のセレソンを作り上げたいね。

 サッカーは僕に、この世の中は何でも起こり得るということを教えてくれた。だからこの先、いいことが起こるのを願うよ」

――リオネル・メッシや、ルイス・スアレス、アンドレス・イニエスタなど、バルセロナのチームメイトを時に懐かしく思う?

「もちろん。彼らの代わりになる友人はいないよ。サントス時代のチームメイトと同じくらい大事な存在だ。みなともに戦ってきた仲間であり、憧れでもあった。

 メッシは僕のアイドルで、絶対に自分の前にいる存在だった。一緒にプレーするうちに生涯の親友にもなった。スアレスとはピッチの中でも外でもいつも一緒で、まるで兄弟みたいな存在だ。(ジェラール・)ピケは僕の永遠のキャプテン、後ろに彼がいないのが本当に寂しい。イニエスタは僕の偉大な師匠で、またもう一度、一緒にプレーしたいけど、そのためには日本に行かないといけないね。バルセロナのすべてが懐かしいよ。ドクター、コーチ、サポーター……それから街も。息子もバルセロナに住んでいるしね」

――バルセロナにまた戻りたいと思う?

「バルサでは幸せだった。でもパリでもすごく幸せだ。ただこの先は何が起こるかわからない。未来の可能性は無限だ。この先、もしチームを変わることがあるなら、やっぱり大きなタイトルを狙えるチームがいいな。今別のチームの話をしたら、PSGは無責任だと言うかもしれないけどね。

 それから日本や中国、アメリカ、いろいろな国でもプレーしてみたい。バルセロナでももう一度プレーしたいが、今はそうは言えない。でも、あの街に大きな愛を感じるのは確かだよ。ただ、今はパリでのプレーに集中しないといけない。このチームはとても強い。フランスサッカーの歴史を塗り替えられるようなチームだ。そんなチームでプレーできることは僕にとって大きなアドバンテージだと思う。今、僕はPSGの大ファンで、僕を心から応援してくれるサポーターたちに、笑顔を贈りたいと心から思っているよ」

著者:リカルド・セティオン●文 text by Ricardo Setyon 利根川晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索