ヤクルト村上宗隆は1年目で風格。首脳陣も「4番しか考えられない」

ヤクルト村上宗隆は1年目で風格。首脳陣も「4番しか考えられない」

 昨年の8月、ヤクルトの二軍は福島・楢葉町(ならはまち)で公式戦を開催した。新人の村上宗隆が打撃練習をしている時だった。地元の球界関係者の男性が、連れてきていた球児たちに「ありゃースゲーなぁ。ひとりだけ打球が違う。スゲーよ」と興奮気味にしゃべっていた。11月の愛媛・松山キャンプでは、石井琢朗コーチも「見る人みんなが『あいつはすごい』と言ってくれます」とうれしそうに話していた。

 プロ入り後の村上を最初に見たのは、昨年の二軍での春季キャンプ(宮崎・西都市)だったが、まず体の大きさ(188センチ、97キロ)に驚いた。フリー打撃では、ケージから打球が出ないことも多かったが、ティー打撃などでの打球はほかの選手と明らかに音や飛距離 が違っていた。一方で、守備は高校時代の捕手からプロ入り後は三塁に転向。キャンプで村上は悪戦苦闘していた。

「木のバットへの対応が課題ですけど、振り込むことでよくなっていると思います。守備はゼロからのスタートなのでやることが多いです。基本である、捕ること、送球、ランナーの追い込み……しっかりと学んでゲームで生かせるようにしたい。まだ100のうち5ぐらいしかできていないと思います」

 オープン戦が始まると”顔見世的”な形で一軍デビューを果たすが、打席での雰囲気がすばらしく、ボールを最後まで見る姿には風格すら感じた。一軍のオープン戦デビューを飾った試合後、村上はこんなコメントを残した。

「一軍はすごいという感情しかわきませんでした。ボール球を打ってもヒットにはならないので、ストライクゾーンにきたら振ろうと思っていました。詰まりましたけどヒットになってよかった。自分にとっては自信になります。ここまでしっかり強く振ることを意識して、技術もそうですが、相手がどんな投手でも打ってやるという気持ちでやっています。キャンプでは守備の課題ができたので、まずはそこです」

 昨シーズン、プロ1年目の村上の成績はこうだ。

一軍 6試合/打率.083/1本塁打/2打点/出塁率.214
二軍 試合/打率.288/17本塁打/70打点/出塁率.389

 目立つのは二軍の成績である。ここで、現在、日本球界を代表する選手たちの高卒1年目の二軍での成績を見てみたい。

筒香嘉智(DeNA)/102試合/打率.289/26本塁打/88打点/出塁率.333
中田翔(日本ハム)/56試合/打率.255/11本塁打/31打点/出塁率.339
岡本和真(巨人)/69試合/打率.258/1本塁打/16打点/出塁率.307
山田哲人(ヤクルト)/114試合/打率.259/5本塁打/39打点/出塁率.320

 筒香の26本塁打は圧巻だが、村上はそれに匹敵するぐらいの堂々たる成績を残している。一軍では思うような結果を残せなかったが、9月16日の広島戦ではプロ初打席初本塁打。”未来の大砲”を予感させるには十分の衝撃弾だった。

 また10月のフェニックスリーグでは10本塁打を放ち、2009年に中田翔(日本ハム)が記録した6本塁打を抜き、リーグ記録となった。

 そのフェニックスリーグ中、松元ユウイチ二軍打撃コーチに、村上の1年目について聞いてみた。

「まず選球眼がよかったですね。ただ、高めの速いストレートに対してはファウルや空振りが目立っていました。軸がぶれないよさはありますけど、一軍ではやはり速いボールが多い。そこへの対応力というか、レベルを上げる必要があります。何かを教えるというより、まずはスイングスピードを上げることが先決です」

二軍での成績を見れば、2年目の今年に期待してしまうところだが、松元コーチはどのように思っているのだろうか。

「(一軍で通用するには)もう少し時間はかかるんじゃないですかね。そんなに甘い世界じゃないですし、本人も一軍の打席に立って感じたと思います。どれぐらいスイングスピードを意識できるのか。これがレベルアップできれば、今後は配球とかの勉強になってきますが、今はやはりスイングスピードです」

 村上が課題とする守備については、森岡良介二軍内野守備・走塁コーチに話を聞いた。

「正面で捕るという基本を大切にして練習してきました。そのなかで、逆シングル、シングルキャッチなどのバリエーションも増やしてやっています。打球に対しての反応やとっさの判断力など、まだまだです。技術的にも、一軍で通用するレベルには達していません。ただ、できることはすごく増えました。ゼロからのスタートなので伸びしろはたくさんありますし、取り組み方がすばらしい。『絶対に活躍してやるんだ』という気持ちが強いですし、近い将来、安心して見ていられる選手になると感じていますし、楽しみですよね」

 フェニックスリーグでは、村上がアップ、練習、試合を通して、積極的に「声出し」している姿が強く印象に残った。

「本人が頑張って声を出しているのが伝わってきますよね。声を出すことは大事なことで、チームの雰囲気もよくなります。それを意識して出せる能力がありますよね。強いチームは中心選手が声を出していますし、僕としてもそうなってほしいです。本人もそこを意識してくれていると思います」(森岡コーチ)

 フェニックスリーグが終わると、村上は松山での秋季キャンプに参加。そこで待ち構えていたのは、宮本慎也ヘッドコーチや石井コーチといった”鬼コーチ”たちだ。

 村上が”サンドバッグ”と呼ばれる打撃練習中、石井コーチから「ここからギアを上げることが進歩の差。抜くなら誰でもできるぞ!」と檄が飛ぶ。村上は声を振り絞りながらサンドバッグにバットを叩きつけた。その様子を見ていた石井コーチが言う。

「やっぱり、サンドバッグを叩く力や音に抜きん出たものを感じますよね。もう4番しか考えられないですよ(笑)。村上こそ、”将来の4番”として育てないといけない選手だと思っています。ファームの試合で結果を出していますし、誰もがすごいと感じています。でも僕から見ると、果たしてこれで一軍のパワーピッチャーたちに通用するかと言えば……『?』なんです。

 このキャンプでは、彼なりに試行錯誤しながらやっています。長い目で見た場合、もっといいアプローチというか、打撃の考え方があるんじゃないかなと。本人や宮本ヘッド、宮出(隆自)コーチたちと話し合いながら探っているところです。そして、ただ打つだけじゃなく、人間としての考え方や行動、そういった部分もしっかり教えていければと思っています」

 午後4時、村上と宮本丈(たけし)を相手にした、宮本ヘッドの”特守”が始まった。ノックのピッチが速く、10分もすれば息が上がり始める。村上は「さぁ行こう、さぁ行こう」と声を出し、打球に向かっていく。宮本ヘッドが「(打球に)合わせすぎだよ。もっと前にこんかい」と言えば、村上は「意識の差は進歩の差! オッケー、オッケー」と叫ぶ。

「まだ行けるよ」(宮本)
「当たり前、まだまだ!」(村上)

 約25分の”第1弾”が終了。3分間の休憩後に”第2弾”が始まると、村上の声が次第に聞こえなくなる。そしてミスをした村上に、「もう一丁!」という宮本ヘッドの声が増えるのであった。

「へばったね。ここからよ、覚えるのは!」(宮本ヘッド)

 やがてノックは横にふられる打球となり、村上は捕球のたびに「うっ」とうめき声を上げる。両膝に手をあて頭を下げると、帽子のツバから汗が切れ目なく流れ落ちる。約1時間の”特守”が終わると、村上はグラウンドに大の字になり倒れこんだが、練習はまだ終わらない。少しの休憩をはさみ、今度はバットを振り込んだ。

 練習に明け暮れる村上に話を聞いた。

―― この1年を振り返って、2月には木製バットへの対応が課題と言っていました。

「高校時代とはピッチャーも違いますし、必死に食らいついたなかで結果を出せてよかったと思います。バットがどうこうではなく、相手のピッチャーに食らいつけたことがよかったと思います」

―― 一軍に昇格を果たした時、小川淳司監督は「消化試合での起用はしたくなかった」とおっしゃっていました。

「順位争いをしている、いい緊張感のなかで試合に出させてもらい、いい経験になりました。期待されていると思うので、あのような場面で活躍できるようにならないといけないと強く思いました」

―― フェニックスリーグでは10本塁打のリーグ記録を樹立しました。

「試合で結果を残すことを目標にして、自分のなかではそれができたと思います。松山では練習しかないのですが、フェニックスの試合中に感じることがあったので、そこに取り組んでいます」

―― 松山では”地獄のキャンプ”を初めて体験しました。

「1年目ですけど、もうプロ野球選手ですので、初めてとか関係ないと思っています。練習についていくとかではなく、しっかりと自分で考えて行動しようと。一軍で打つためにはどうすればいいのかを考えながらやっています。このあと台湾のウインターリーグに参加しますし、そこでも感じる部分もあると思うので、またしっかり練習して、2月を迎えたいです。一軍で打つために頑張りたいと思います」

 その台湾でのウインターリーグで村上は、19試合に出場して打率.224と苦しんだが、リーグトップとなる4本塁打をマークした。

 今シーズンはもとより、2年後、3年後、さらには10年後……どんな成長曲線を描いてくれるのだろうか。ヤクルトの”将来の4番”の今後が楽しみでならない。

著者:島村誠也●文 text by Shimamura Seiya


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索