「ポスト浅村」西武・山野辺翔。補欠の高校時代からプロまでの成長過程

「ポスト浅村」西武・山野辺翔。補欠の高校時代からプロまでの成長過程

 ドラフト上位でプロに進むほどの選手だから、高校時代からそれ相応の片鱗を見せているものだと思ったら、名前も聞いたことがない選手がなかにはいるものだ。たとえば、昨年のドラフトならDeNA1位の上茶谷大河(京都学園→東洋大)、阪神1位の近本光司(兵庫・社→関西学院大→大阪ガス)、広島2位の島内颯太郎(福岡・光陵→九州共立大)については、高校時代に名前さえ知らなかった。

 それでも今になって聞いてみると、3人ともチームの中心選手として活躍し、その地域ではそれなりに知名度があったという。だが、昨年のドラフトでただひとり、名前を知るどころか、ギリギリでベンチ入りしていた……そんな危うい高校生活を送った選手がいる。

 それは西武から3位指名で入団した内野手の山野辺翔(やまのべ・かける/桐蔭学園→桜美林大→三菱自動車岡崎)である。

 山野辺のことを「いい選手だなぁ」と感心したのは、桜美林大3年の頃だ。当時は体の線も細く、まだ非力だった。140キロ台のストレートに力負けすることが多く、どん詰まりの打球も多くあった。それでも全力疾走で駆け抜けるスピードに勢いがあったから、詰まった内野ゴロがことごとくセーフになる。

 二塁手としての守備も、打球に対しての反応のよさ、フットワーク、グラブさばきが秀逸で、投手が「打ち取った……」と思う打球を確実にアウトにしてみせた。

 桜美林大が絶対的エースの佐々木千隼(現・ロッテ)を擁して、首都大学リーグを初めて制したのが2016年の秋。そのチームで「1番・セカンド」として活躍していたのが山野辺だった。

 秋のリーグ戦後に行なわれた明治神宮大会でも、リードオフマンとして毎試合長打を放ち、準優勝に大きく貢献した。

 4年になると非力さは消え、むしろ甘い内角寄りの球を強引に引っ張って、弾丸ライナーでスタンドインするシーンもあった。「こんなにいい選手が隠れているんだなぁ……」と、あらためて大学野球の奥深さを痛感させられたものだ。

「ひと口に言えば、パッと見て目立つ選手じゃありませんでした。当時監督だった土屋(恵三郎/現・星槎国際湘南高校監督)さんも『大丈夫かなぁ……。メンバーに入れないんじゃないか』って心配していましたから。でも、練習は人一倍やっていました。こっちが指示しなくても、自分で課題を見つけて練習できる選手でした。結局、レギュラーにはなれなかったんですけど、印象深い選手でしたね」

 当時、コーチとして山野辺を指導していた片桐健一氏(現・桐蔭学園監督)が、懐かしそうに振り返る。

 そういう選手だったから、進路も桐蔭学園の選手にしては”地味”だった。「桜美林」という学園は、高校の方は1975年夏の甲子園で全国制覇を果たしているほどだが、大学の方は硬式野球部が首都大学野球連盟に加盟したのが2009年で、当時は二部からのスタートだった。その後2014年に一部に昇格し、2016年にリーグ戦初優勝と、歴史は浅い。だから、高校球界でバリバリ活躍していた選手はほとんどいない。

 桜美林大で山野辺と同じ時期にプレーしていた元チームメイトに、彼の印象を聞いてみた。

「頭のいい人だな、と思っていました。ウチにはほんとにいろんなタイプの選手がいるんですけど、たとえば練習後にちょっとふざけている人がいても、『バカだなぁ、アイツ』という感じにはならず、一緒にふざけておいて、あとできっちり自主練習をやっている。ある意味、協調性と主体性の両方を持っているような人でした」

 やらされる練習より、自分で課題を見つけて、それをクリアするための練習により力を注いでいたのだろう。その後、山野辺は社会人野球の三菱自動車岡崎に進んだが、見るたびにうまく、そしてたくましくなっていた。

 とくに印象に残っているのが、昨年の社会人2年目のシーズンだ。チームの3番に定着すると、ポイントゲッターとしてすっかり”怖いバッター”になっていたから驚いた。もう学生時代の小技のきく”器用な好打者”のイメージはすっかり消えていた。

「今年(2018年)の公式戦で9本だかホームランを打っているらしいじゃないですか」

 同じ東海地区のある社会人野球の監督が語ってくれた。

「なんであの選手を獲れなかったのかということですよ。その時点で、もうウチの負けなんです」

 聞くところによると、山野辺はテストを受けて、熱意を買われての入社だったという。

「たまにいるんですよ。あんな選手がウチにいてくれたらなぁ……って。山野辺にやられるたびに、そんなことを思っていました。大学ではそれほど目立った存在でもなかった。ウチだって獲れない選手じゃなかった。こういう選手を獲れなかった自分が悪いんだ……って、いつもベンチで反省していました」

 山野辺は社会人の2年間で18本のホームランを、しかも公式戦で放った。

 忘れられない場面がある。昨年7月の都市対抗野球でのことだ。所属する三菱自動車岡崎は東海予選で敗れて本戦出場を果たせなかったが、山野辺はトヨタ自動車の”補強選手”として出場していた。

 毎年、トヨタは主力選手をプロに送り出し、その”後釜”もしっかり育て上げる。そんなチームに補強選手で入ったとしても、せいぜい試合終盤の守備固めか代走、展開によっては代打ぐらいかな……と思っていたら、初戦もその次の試合も「7番・セカンド」でフル出場を果たした。

 トヨタと言えば、出場すれば優勝候補に挙げられる強豪チームだ。プレッシャーがかからないはずがない。それでも山野辺はいつもどおり、平然と自分のプレーをまっとうしてみせた。

 試合前のシートノックから”爆声”を張り上げ、縦横無尽に動き回る姿を見れば、これだけの活躍は予感できたはずだ。

「源田(壮亮)の二匹目のどじょうになってくれないかと思っているんですけどね……。いや、単なる願望じゃなく、浅村(栄斗)の穴を埋めてくれると評価して推薦したんですから」

 担当した安達俊也スカウトが、山野辺への期待の大きさを語る。

 前評判はそれほど高くなくても、使ってみたら「ええっ!」と驚くような働きを見せる。それが今の西武の伝統になりつつある。源田がそうだったし、秋山翔吾、山川穂高、外崎修汰……ベテランの栗山巧だってそうだ。そんな”DNA”を受け継ぐ新鋭が、また西武に加わることになる。

著者:安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索