Jリーグ初の低酸素ルームも。新設「ラボ」が湘南の新戦力を強くする

Jリーグ初の低酸素ルームも。新設「ラボ」が湘南の新戦力を強くする

 初めてタイトルホルダーとして臨む新シーズン、湘南ベルマーレがさらなる加速を誓った。1月11日に開かれた新体制発表会見で、8シーズン目の指揮を執る曺貴裁(チョウ・キジェ)監督が今季のチームスローガン、「Acceleration ──加速──」を公表した。

「我々の目標は(このスローガン)ひとつしかない。チームを加速させるために、来てもらった(新加入)選手たちです。聞きなれない言葉かもしれないけれど、(アクセラレーションは)アクセルの名詞形。(昨季)チームが崩れなかったこと、そこへの思い、成長、そうしたすべてのことを加速させていきたい」

 加速のためのインフラ面もさらに充実していく。昨年4月、湘南はパーソナルフィットネスクラブ事業を展開するRIZAP(ライザップ)グループに加わり、6月にはRIZAPのトレーナーがチームのパフォーマンスアップチーフに就任。フィットネスクラブと同様に、選手それぞれに寄り添って個別指導や食事指導を行ない、目標のひとつだった「2020年までにタイトル獲得」を前倒しで成し遂げることに貢献している。そしてチームには、新シーズンから『RIZAP Lab(ライザップラボ)』と呼ばれる新たなトレーニング施設が導入されるのだ。

 登壇したRIZAPグループの瀬戸健社長はまず、「四半期決算の発表後、(経営不振と報道されたことを)心配している方もいるかもしれませんが、ベルマーレとの関わりは1ミリも変わることはありません。RIZAPグループは湘南ベルマーレとともに、全力でしっかりと未来を築き上げていく。そう決意しています」と説明。その後、ライザップラボを紹介した。

 これまでより面積が10倍広くなり、機器が2.5倍充実する新たな施設には、Jリーグ初の低酸素ルームが設置される。このなかで心肺系のトレーニングを30分すれば、普通の場所での2時間と同等の効果が得られるという。

「ベルマーレは走るチーム。それをもっと加速させるために」使用される。また、リカバリールームやカンファレンスルームも設置される「最高のトレーニング環境」で得られたデータは、テクノロジーを用いて分析され、「的確なパフォーマンスアップにコミットする」とも瀬戸社長は語った。

 こうした環境で自身の殻を破ることを目指す新加入選手がいる。ジェフユナイテッド千葉から移ってきたFW指宿洋史(いぶすき・ひろし)だ。

 この2月で28歳になる身長195センチのストライカーは、今から10年ほど前、Jリーグを経験せずにスペインのプロクラブと契約した初めての選手となった。柏レイソルの下部組織からファーストチームには昇格できなかったが、在日スペイン人指導者の誘いで当時スペイン2部のジローナ(現1部)のテストを受け、入団を勝ち取ったのである。

 しかし欧州では複数のクラブを渡り歩くことになり、セビージャで一度だけファーストチームのリーグ戦に出場したものの、1部リーグでこれといった結果を得ることはなく、2014年に帰国。アルビレックス新潟で約3シーズンを過ごしたあと、ここ2年は千葉でJ2を戦っていた。最後に二桁得点を記録したのは、ベルギー2部のオイペンに所属していた2012−13シーズン。ただし昨季はあと1点でそれ以来の二桁に近づいており、曺監督とベルマーレはその姿を見逃さなかった。

「去年の12月に曺さんと話して、一緒にやろうと熱く誘ってもらったんです。自分もここだったらやりたいと思って、決断しました」

 会見後の懇親会で話しかけると、指宿はそう話した。では、新天地に期待するものは?

「湘南のトレーニングはすごくきついと聞いている。正直に言って僕自身、走るとか、戦うといったところが得意ではないので、そこが磨かれれば、もっともっと成長できるはず。日々の練習を100%でやり続け、自分ができることを示して、チームにも馴染んでいく。出番が来るまで、完璧な準備をするだけです」

 初対面ながら、失礼に聞こえるかもしれない質問も投げてみた。これまでのキャリアは、10年前に広く報道された頃に自分が思い描いていたものとは違うはず。曺監督は燻っている才能を引き出すことに長けた監督なので、その意味でも期するところは大きい?

「(望んだキャリアになっていないのは)もちろん、そのとおり。自分も選手としてまだまだ上を目指しているので、ここでしっかりと成長したい。でも個人的なことよりも、チームとして結果を出したい。自分ももう若くないし、年下に与える影響も大きいと思うので、見本となれるように」

 会見の壇上では、「FWなので、得点に絡んで勝利に貢献したい」と渋い声で話した指宿。長身ながら足元のスキルに定評のあるストライカーは、昨季もバックヒールの洒落たゴールを決めている。ただ本人も認めるように、ひたむきさや心身の強さが欠けており、これまではどこか綺麗にまとまりすぎていたようにも見えた。

 そんな選手が変わろうとするには、今のベルマーレ以上に適したところはない。曺監督の熱い指導と、誰もが溌剌と切磋琢磨する環境、そして最新鋭の設備とテクノロジー。湘南スタイルの次なるチャプターで、指宿が覚醒するか。憧れのズラタン・イブラヒモビッチ(ロサンゼルス・ギャラクシー/元スウェーデン代表)に少しでも近づく時間は、まだ残されている。

著者:井川洋一●取材・文 text by Yoichi Igawa


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索