根尾昂はすべてをプラスにする天才。キャンプで二軍スタートも問題なし

根尾昂はすべてをプラスにする天才。キャンプで二軍スタートも問題なし

 昨年の12月、根尾昂(あきら)に大阪桐蔭での3年間についてじっくりと話を聞く機会があった。その時、なにより感心したのは、ぶれない姿勢、折れない強さ、隙のない佇まい……高校生らしからぬ内面だった。

 話の中で、「野球をしていて焦ることはないのか?」と尋ねると、根尾は一瞬考え「あるとしたらケガをした時くらいですね」と返ってきた。

 高校時代の根尾のケガといえば、1年の冬に腰に違和感が出たこと、3年春のセンバツ大会直前の練習試合で右手の指を裂傷したことが頭に浮かぶ。なぜこの話を思い出したかといえば、自主トレ期間中に右ふくらはぎの違和感で、キャンプは二軍からのスタートになったというニュースを耳にしたからだ。

 ただその一報を知った時、根尾の落ち込んでいる姿は想像できなかった。おそらく、「しまった」というよりも「いい経験ができた」と。

マイナスと思えるアクシデントさえプラスにとらえ、必ず次につなげる。これも高校3年間を取材してきたなかで感じたことだ。打つこと、守ること、投げること……どれをとっても超一流の素材であるのは間違いないが、どれだけ高い能力を備えていても、思うように力を発揮できずに消えていくのがプロの世界だ。しかし根尾は、アクシデントの中でも自分のペースで体を鍛え、技術を磨いて次につなげてきた。そこにメンタルの強さを実感するのだ。

 入団後も自主トレから大きな注目を浴びてきたが、いくらマスコミに追われようが、ファンに囲まれようが、それがプレッシャーとなって崩れていく姿は思い浮かばない。

 3年前の春もそうだった。大阪桐蔭に入学する前から”飛騨の怪物”の呼び名とともに”根尾昂”の名前は熱心な高校野球ファン、野球関係者たちの間ですでに浸透していた。注目度の高さでは、入学時の中田翔(現・日本ハム)を遥かに超えていた。だが、根尾にとっては、高校入学時の経験がしっかり今に生かされているに違いない。

 高校入学とプロ入団では、ケタが違うと言えばそれまでだが、15歳で岐阜から大阪の名門に進み、まだ何もプレーしていないのに周囲は大騒ぎ。相当の重圧があったはずだ。当の本人は「周りがそんなに騒いでいる感じはわからなかったので……」と他人事のように振り返ったが、寮生活とはいえ、マスコミの視線、取材の多さなど、感じる部分は当然あったはずだ。

 しかも、そのなかで周囲が期待した”怪物ぶり”をすぐに発揮したわけではない。根尾が振り返る。

「高校に入学した時は『もっとできる』と思ってやっていたんですけど、思うようにできなくて……。『アピールしよう、アピールしなきゃ』と力以上のものを出そうと頑張っていました。でも、挫折ばっかりで、どんどん崩れていった感じでした」

 当時の根尾にガツガツ感や崩れた印象を持った記憶はないが、周囲の期待に追いついていないことは確かだった。実際、中田や森友哉(現・西武)が下級生の頃から強烈なインパクトを残していたことを考えると、正直、根尾の活躍は物足りなく映った。

 期待だけが先行して、気分的にしんどくなることはなかったのか。

「そうはならなかったですね。『なんでこんなにできないんだろう』というのはありましたけど、期待に対してどうこうというのはなかったです。できないのは力がないからで、今できることにしっかり集中しようという頭になっていきました」

 意識は常に自分へと向いている。

「負けたくないというのはいつもありますけど、そっちが優先にならない感じです。それよりも『もっとこうしたい』『ああしたい』という思いの方が強いです」

 自らの成長のために「いつまでにこれをできるように……」と、目標を設定して取り組んでいるとも語っていた。

「1カ月後とか2カ月後とか、もっと短い時は1週間後、2週間後にはこれを……という感じでやっています」

 そうした時間を積み重ね、最終学年となった時には周囲の期待に追いついた。

「いや、自分では盛り返した感じもなかったです。『もっともっとできる』と思っていましたし、『できることはあるのに』と常に思いながらやっていましたから」

 ドラフト後、プロのイメージについて尋ねると、「こんなんとか、こんなんですよね」と右手の指先を上下左右に動かし、「とんでもない」という感じでボールの軌道を表現した。ぼんやりとしたイメージのなかで、「苦労する準備はできている」と言いたげな表情を見せた。

「プロはとんでもない世界だと思いますけど、今の自分のレベルでずっといくわけじゃないので。このレベルのままだったら、もちろん通用しないですけど……。もっと成長するところを求められていると思っていますし、自分もそのつもりです」

 1年目の取り組みについて聞くと、「体づくりと一軍経験がテーマで、そこから2年目でどう変わっていけるか」と答えが返ってきた。

 野球人生のなかで初めて迎える野手専念のシーズン。どんな成長が待っているのか、期待は膨らむばかりだ。

 取材時、キャンプの話題に触れると、「楽しみです。いっぱい練習試合です」と目を輝かせていたが、残念ながら二軍スタート。しかし、根尾にとってそれは大きな問題ではないはずだ。

 つい先日、キャッチボールを再開したという記事に根尾のコメントが載っていた。

「できることはしっかりやろうと、やらせていただきました」

 いつの時も、どこにいても、やるべきことは変わらない。スタートの小さなつまずきもきっとプラスにとらえて、根尾のプロ1年目は順調に進んでいくに違いない。

著者:谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索