森保Jの注目は香川真司。ミステリアスなのは31歳ベテランの選出だ

 コロンビア戦(3月22日)、ボリビア戦(3月26日)を戦う23人は、アジアカップを戦ったメンバーとどんな関係性があるのか。代わり映えしないメンバーが選ばれたらどうしようと心配したが、それは杞憂に終わった。アジアカップ決勝でスタメンを飾った11人中、今回も選ばれた選手は4人。チーム全体としても9人にとどまった。

 変わらなければならない理由はさまざまあるが、一番は時間的な余裕があることだ。カタールW杯本大会が開催されるのは2022年11月。通常のW杯より約半年遅い。また、本大会出場枠も現行の32から48に増加することが濃厚と言われ、それにともなってアジア枠も8.5枠程度に拡大される見込みだという。ロシアW杯とカタールW杯の間は4年ではなく4年半。通常より時間的並びに精神的に余裕がある。慌てる必要は何もない。畑はじっくり耕される必要がある。

 ところが、アジアカップでの森保采配には余裕は感じられなかった。スタメンとサブをハッキリと分け、メンバー交代も著しく遅かった。その結果、チームは「出る人」と「出ない人」に大きく2分され、出場時間に大きな差が生まれた。畑が十分耕されることはなかった。結果的に余裕の無さを露呈させてしまった。


代表招集はロシアW杯以来となる香川真司(ベシクタシュ)

 しかし、今回選出されたメンバーの中で、アジアカップで出ずっぱりだったのは堂安律(フローニンゲン)、南野拓実(ザルツブルク)、柴崎岳(ヘタフェ)、冨安健洋(シント・トロイデン)の4人。権田修一(ポルティモネンセ)、吉田麻也(サウサンプトン)、酒井宏樹(マルセイユ)、長友佑都(ガラタサライ)、遠藤航(シント・トロイデン)、大迫勇也(ブレーメン)、原口元気(ハノーファー)は外れることになった。

 察するに、再度呼ばれた4人は、森保一監督が今後しばらく中心として起用していきたい選手なのだろう。さらに、ケガのためにアジアカップを回避した中島翔哉(アル・ドゥハイル)もここに属する選手になる。

 では他の7人はどうなのか。次回、あるいは次々回、全員復帰するだろうか。年齢的に疑問符が付くのは長友だ。復帰が確実視される選手を順に並べれば、大迫、遠藤、酒井、吉田、原口、権田、長友となる。

 今回、外れた選手にさらに目を凝らしてみたい。北川航也(清水エスパルス)、武藤嘉紀(ニューカッスル)、塩谷司(アル・アイン)、伊東純也(ゲンク)、槙野智章(浦和レッズ)、青山敏弘(サンフレッチェ広島)。年齢的に見て将来がありそうなのに外れた選手は北川と伊東だ。アジアカップで出場機会をそれなりに与えられながら、パッとしなかった北川はJリーグで立て直しを図れということか。

 では、伊東はどうなのだろう。堂安にはない縦への突破力が魅力。アジアカップでも堂安のプレーが特段、冴えていたわけでもないのに、出場機会はろくに与えられなかった。森保評は高くないと考えるのが自然だ。

 武藤も北川同様、アジアカップでパッとしなかった。北川より年齢がいっているので、そのぶん大化けする可能性も低い。森保監督が選択肢を他に求めたくなる気持ちは理解できる。

 アジアカップで貴重な戦力として重宝がられた塩谷、槙野そして青山は、いずれも30歳超だ。次回があるかどうか、微妙なラインにある。3人とも森保監督とはサンフレッチェ広島時代、監督と選手の関係にあったが、代表では立ち上げ期間限定の関係に終わるのではないか。

 一方、アジアカップでサブに甘んじながら、今回、再度選ばれた選手は、三浦弦太(ガンバ大阪)、室屋成(FC東京)、佐々木翔(サンフレッチェ広島)、乾貴士(アラベス)、そしてGKのシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)の5人になる。

 たとえば、実績のある乾が、森保采配に不満を抱いていても不思議はない。今回、そうした選手に森保監督はどれほど出場機会を与えるだろうか。呼んでおきながら使わない。これを繰り返すと選手は腐る。チームのムードは悪くなる。

 過去に代表に選ばれた経験はあるが、森保ジャパンでは初という選手は、中村航輔(柏レイソル)、西大伍(ヴィッセル神戸)、香川真司(ベシクタシュ)、小林祐希(ヘーレンフェーン)、山口蛍(ヴィッセル神戸)、昌子源(トゥールーズ)、宇佐美貴史(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)になる。このグループは実力者揃いだ。

 このなかで一番の注目は、間もなく30歳を迎える香川だ。カタールW杯開催時には33歳。高年齢の選手が代表に選ばれる場合は、ロシアW杯に出場した長谷部誠のように、プラスアルファの魅力が不可欠になる。香川はどうだろうか。外せない選手と認定されるのか否か。

 今季のドルトムントでは監督からまったく評価されていなかった香川だが、ロシアW杯でのプレーは上々だった。これまで代表選手として披露したプレーのなかで一番と言いたくなるほど、協調性に富む機能的なプレーをした。それと、西野ジャパンの好成績とは密接な関係があった。そのイメージはいまだ健在なのか。あの時に限った偶然の産物なのか。今回、真っ先に確認したい事項になる。

 ハリルジャパン時代のハイチ戦以来、約1年半ぶりの復帰となる小林祐希は、左利きという特殊性を活かせるか。本田圭佑が代表を引退した後だけに、以前よりチャンスの芽は膨らんでいる。

 山口、昌子も柱になる可能性が高い選手。それ以上に目を引くのは西大伍の存在だ。代表歴は31歳7カ月になるいままで1度しかない。2011年6月、新潟で行なわれたペルー戦で前半45分間出場したのみだ。実に7年10カ月ぶりの選出になる。だが、その実力を考えればこれは異常な話で、すでに何十回と呼ばれていて不思議はない名手なのだ。

 いったい森保監督は、今回、どういうつもりで西を呼んだのか。35歳で迎えるカタールW杯との関係はどうなのか。今回の舞台は横浜(コロンビア戦)と神戸(ボリビア戦)だ。今季から神戸でプレーする西は、ボリビア戦でご当地選手となる。選出した一番の理由がそこにあるなら失礼な話になる。今後とも選んでいくつもりがあるのか。ベテランでも選ばなければいけない特別な選手と見ているのか。今回、もっともミステリアスなのがこの西の選出になる。

 森保監督の好みが見て取れるのは、アジアカップに向けた合宿中にケガで離脱した守田英正(川崎フロンターレ)を、再び選出したことだ。川崎では今季、代表チームに不可欠な選手だと言いたくなるプレーは見せていない。デビューシーズンだった昨季に比べてミスが目立つ。きっと好きなタイプなのだろう。

 一方、昨季、東京ヴェルディから横浜F・マリノスに加わった畠中槙之輔の選出には納得がいく。Jリーグで代表レベルのプレーを見せることができる数少ない大型センターバックだ。淡々とプレーする冨安より、アクションが大きいので見栄えもいい。今後が楽しみな選手と言える。

 安西幸輝(鹿島アントラーズ)も順当な選出だ。左右のSB並びにサイドハーフまでこなす多機能性はまさに今日的。小さくて俊敏、巧緻性をも備えた外国人が嫌がりそうな選手だ。長友の域に達することはできるか。

 FWとして選ばれた新人2人、鈴木武蔵(コンサドーレ札幌)と鎌田大地(シント・トロイデン)も楽しみといえば楽しみな選手だが、これ以外に選手は呼ばれていないので、うまくハマらないと試合にならなくなる危険がある。アジアカップで、北川や武藤がうまく機能しなかった試合があったが、そのときと同じ状態になりかねない。

 サッカーで一番の主役はストライカーだ。しかし、日本の現状はそうではない。ストライカーが、後方にいる選手の顔色をうかがいながらプレーしている。ストライカーありきのサッカーにならないと、レベルは上がっていかない。そうしたムードを森保監督は代表チーム内に醸成することができるか。大迫に代わるストライカーを育てないと、日本のマックス値は上がっていかないのである。


著者:杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shinji photo by VI Images/AFLO


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索