フランクフルトの長谷部誠がマスクマンで出場

3月11日 ブンデス第25節 デュッセルドルフ戦を3-0で制した長谷部誠が所属するフランクフルト。

ELラウンド16インテル戦で鼻骨を骨折し、欠場が示唆されていた長谷部だったが、この日はフェイスガードを着用し先発フル出場。

視界の問題もあってか長谷部は前半4分過ぎにはフェイスガードを外しプレー続行。

ヒュッター監督は、こう語った。 「長谷部はプロフェッショナルな選手であるだけではなくフィジカル的なリカバリーにもよく気を使っている。この試合の前にプレー可能か長谷部と話をした。彼の答えは驚くべきものだったよ。 “中盤でのプレーならもちろん厳しい でも3バックの中央だったら 十分プレーできると思う”   その言葉のとおりすばらしいプレーだったよ」

マスクがあってもなくても長谷部は競り合いのほとんどに勝利。自陣に引くデュッセルドルフに対しリベロの位置からゲームメーカーの役割を果たし何度も縦パスを攻撃陣に通した。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索