山本尚貴は「F1に乗りたい。でも……」。国内二冠王者の本音と現実

山本尚貴は「F1に乗りたい。でも……」。国内二冠王者の本音と現実

 国内モータースポーツシリーズの最高峰、「スーパーGT」と「スーパーフォーミュラ」。昨年、その両シリーズを同時に制する快挙を成し遂げたのが、30歳の山本尚貴だ。

 2010年に国内最高峰カテゴリーへステップアップした山本は、誰もが認める「ホンダのエース」であり、昨年の強さや安定感は突出していた。

 TEAM MUGENから参戦したスーパーフォーミュラでは、シーズン全6戦(第2戦・オートポリスは悪天候で中止)のうち3レースで勝利。最終戦・鈴鹿ではニック・キャシディ(KONDO RACING)との死闘を制し、逆転で5年ぶりにシリーズチャンピオンを獲得した。

 スーパーGTでは、元F1王者のジェンソン・バトンと組んでRAYBRIG NSX-GTより参戦。シーズン序盤はスーパーGTに慣れないバトンを引っ張っていった。バトンはレースを追うごとに習熟度を増し、最終戦・もてぎでシリーズチャンピオンを獲得。山本にとってはスーパーGT初のタイトル獲得となった。

 国内最高峰のレースシリーズを両方とも制したのは、史上4人目。日本人ドライバーでは本山哲(2003年)以来ふたり目で、二冠王者の誕生は14年ぶり(リチャード・ライアン/2004年)である。

「目標としていた結果が得られるとは、開幕前は思っていませんでした。『こんなシーズンもあるんだな』というのが本音ですね」

 インタビューの冒頭、山本は昨シーズンの大成功を意外そうに振り返った。過去のシーズンを振り返ると、山本は悔しさばかりを味わってきたという。

 国内トップカテゴリーにデビューした当時、まだ無名に近い存在だった山本は、ときおり存在感あふれる走りを披露しつつも、肝心なところで勝機を逃すことが多かった。若い頃は、レース後に失敗を悔やんで大粒の涙を流すシーンも見られた。


 ただ、そうした失敗のひとつひとつが、今の山本尚貴を作り上げるきっかけになったという。

「レースで経験してきたことのすべてが、今のこの結果に大きく関係していると思います。やっぱり、負けたレースから学んだことのほうが多いですね。

 レース人生を振り返ると、負けたレースがほとんどです。でも、その負けたレースから目を背けずに、『どうして負けたのか?』『なぜ失敗したのか?』としっかり分析してこられたことが、今につながっている。

 人間は、失敗したことから逃げたくなります。そして負けた時、『クヨクヨするなよ』と言う人もいます。しかし僕は、失敗した時や負けたことの中にこそ(勝つための)ヒントがあると思っています」

 その努力の結果、山本はダブルチャンピオンという栄光を勝ち取った。それにより、山本はF1参戦に必要なスーパーライセンスを得るための「スーパーライセンスポイント」の規定値をクリア。F1に参戦の可能性を手にしたのだ。

 スーパーGTの最終戦から2週間後、山本はF1アブダビGPを訪問した。その様子は国内外のモータースポーツメディアで報じられ、F1挑戦への期待の声が高まった。

 当時の状況、そして今の心境について、山本はこのように語る。

「あの時の話をすると、(国内二冠を獲得した後)F1に乗れるチャンスが0%ではなかったので、『そんなチャンスがある身でありながら、わざわざ自分からチャンスを手放すことだけはしたくない』と考え、アブダビGPに行かせてもらいました。まずは、今のF1の世界を知ることが大事だと思ったので。

 やっぱり、F1は特別な世界。あらためて『F1で戦ってみたい』という、レーシングドライバーとしての純粋な想いは強くなりました。結果的にF1のレギュラードライバーのシート獲得は叶いませんでしたが、今でもその想いは持ち続けています。

 F1ドライバーになることが『乗りたい』という気持ちだけでは実現できないハードルの高いステージだということは重々理解しています。また、自分としても『絶対にF1を目指すんだ!』と、そこまで強く言い切れない歯がゆさもあります。

 それは、ここまで築いてきた日本でのポジションや、家族の問題もあるからです。とくに、家族の存在は何物にも代えられない。すごく悩ましい部分ではありますが……2019年はスーパーフォーミュラとスーパーGTで再びチャンピオンを目指すことが大事だと思っています。

 ただ、『F1に乗りたい』という想いの灯(ともしび)が消えることはない。なので、努力は最大限したいと思っています」

 気持ちを切り替えて臨む今季、スーパーGTでは昨年同様にジェンソン・バトンと組んでRAYBRIG NSX-GTをドライブし、スーパーフォーミュラではさらなる高みを目指してDOCOMO TEAM DANDELION RACINGへの移籍を決断した。

 また、山本にとって2019シーズンは、国内最高峰レースにデビューして10年目となる節目の年。今年7月には31歳となり、気つけば自分を慕う後輩たちも多くなってきた。

「僕が21歳でデビューした当時は、道上龍選手や小暮卓史選手が第一線で活躍している時でした。それから10年が経って……今の牧野任祐選手(21歳)や福住仁嶺選手(22歳)が10年前の自分だと考えると、僕が(10年前の)小暮選手のような(若い世代を引っ張っていく)ポジションに来たのかなと。そう思うと……不思議な感覚ですね。

 当時、小暮選手は憧れの人でしたし、誰もが認めるエースドライバーでした。僕もデビュー当時はいろんなことを教わりました。そんな小暮選手が(今シーズンから)GT500クラスからいなくなってしまったのは、すごく残念な気持ちはあります。

 目標とする選手を無心で追いかけてきた10年でしたけど、これからは若手ドライバーに見られる存在になっていく。10年という節目に、新しいステージを迎える感じです」

 ダブルチャンピオンという快挙をひとつの区切りとして、2019年からは「第2ステージの始まり」なのだと語った。

 14年ぶりの国内二冠王者に輝き、F1挑戦の道も垣間見えた。注目度が一層高まった2019シーズンに、山本尚貴は真の強さを証明するため、王座防衛を目指す。

著者:吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索