ロッテがホームランラグーン設置で激変。本塁打増より外野守備に注目

 ロッテの急変ぶりが話題になっている。

 4月15日の時点でチーム本塁打数は21本。これはソフトバンクと並び、リーグトップの成績である。このまま本塁打を量産し続ければ、1988年に巨人が記録したシーズン本塁打記録の259本を更新する可能性すら出てきた。昨年は12球団最少のチーム本塁打数(78本)だったロッテに、一体、どんな変化が起きているというのか。

「(ホームラン数は)絶対に増えると思いますよ。それは間違いないと思います」

 開幕前、きっぱりとそう言い切ったのは、外野手の荻野貴司だ。その要因として一番に挙げたのが、今年からロッテの本拠地・ZOZOマリンスタジアムに新設された”ホームランラグーン”の存在だ。

 両翼99.5メートル、中堅122メートルのこの球場は、これまで外野スタンド場外のはるか後方に広がる東京湾から吹きつける風の煽りもあって、もっとも本塁打が出にくい球場とも言われていた。


ポテンヒットになりそうな打球を好捕するロッテ・角中勝也

 それが今回の改装により、外野フェンスが最大で4メートル前にせり出す形となり、いわゆる”ラッキーゾーン”が設置された。右中間および左中間の打球は、東京ドームやヤフオクドーム同様、オーバーフェンスしやすい仕様に変わったというわけだ。

 4月11日までにロッテが戦った11試合中、ZOZOマリンでの試合は5試合で、本塁打は8本。相手球団の本塁打数(8本)も合わせれば合計16本。5試合で16本塁打というのは、間違いなく「ホームランが出やすい球場」になったことを証明している。

 一方で、ZOZOマリンで行われた3月29日からの開幕3連戦ではバッテリーの配球面でこんな傾向も見られた。

 ラグーン新設でホームランを意識するあまり、ボールを低めに集めようとしすぎて四球を連発。30日の試合は9四球、31日は8四球と乱れた。

 31日の試合後、ロッテの井口資仁監督は「昨日、今日と四球が多いのが気になる。球場が狭くなった分、少し慎重になりすぎている」とバッテリーに苦言を呈した。

 たしかにホームラン数は増えているが、「えっ、これが入るの?」という打球での一発はほとんどない。開幕前にホームランは増えると話していた荻野はこうも言っていた。

「以前のフェンス直撃くらいの打球を打たないとホームランはなかなか入らないと思いますね。(打球を)高く上げて以前のフェンス間際まで飛ばした打球ならもちろん入るとは思いますけど、そういう打球って1試合に1本あるかないかじゃないですか。だから増えると言っても、そこまでは変わらないかもしれないです」

 打者が完璧にとらえた打球でなければホームランラグーンがあるといえども本塁打にはならない。正直なところ今季から加入したブランドン・レアードが開幕から好調をキープし、7本塁打を放っていることも大きい。

 急増する本塁打に目を奪われる一方で、ZOZOマリンの戦い方にもうひとつ影響を及ぼしそうなのが、MLBの球場にならって、今年からファウルゾーンを狭くしたことだ。

 大塚明外野守備・走塁コーチは、次のような感想をもらす。

「(ホームランラグーンができたことで)ロングヒットは少なくなるというか、三塁打をあまり考えなくてすむようになりました。なので、外野の守備位置はちょっと前でもいいのかなと思っています。両サイド(ライトとレフト)はとくにそうですよね。センターの場合は、バックスクリーンまで距離があるので、その限りではないですけど、両サイドはフェンスまでの距離が詰まっているので、多少、前に出やすくなったのはあります。それにファールゾーンが狭くなった分、守るほうとしては楽になったと思います」

 従来の形より内野スタンドがせり出されたことで、ライトおよびレフトのファウルフライはほぼ期待できないようになった。それにより守備位置はともにセンター寄りとなり、右中間、左中間に飛んだ打球は抜けにくくなる。仮に抜けたとしてもフェンスまでの距離が近くなったため、ZOZOマリンスタジアム名物と言われてきた三塁打の数は激減することになるだろう。事実、4月15日の時点で、ZOZOマリンで二塁打は15本出ているが、三塁打はまだ0本である。

 昨年までの守備位置は、外野フェンスから4メートル前が基本となっており、今年もそれは変わらないが、ホームランラグーン設置により守る位置は随分と前になった。つまり、外野の前に飛んできた打球は以前よりも落ちにくい状況になった。

「今後はもう一、二歩、前に出るかもしれません。三塁打が少なくなる分、打者の打ち損じを捕っていこうということです。僕らの時代は、よくピッチャーから『打ち損じを捕ってくれ』と言われました。ピッチャーからすれば、打ち取ったと思う打球がヒットになるのが嫌みたいです。昨年までの守備位置ではポテンヒットになっていた打球を、今後はしっかり捕っていきたい。打者に芯でとらえられた打球に対しては、ピッチャーもあきらめがつくし、納得がいく。外野守備としてはそこを追求していきたいですよね」

 そう語る大塚コーチは、現役時代はゲーム終盤に守備固めとして出場するなど、名手として名を馳せた。そうした外野手としての醍醐味を、若い選手たちに伝えていきたいとも語る。

「外野手の本質を考えたら、うしろの打球に強くならなきゃいけないんです。前に落ちそうな打ち損じを捕りにいきながらも、うしろの打球は背走してキャッチしてもらう。ヘタな選手はうしろに抜かれたくないから、フェンスに(背中を)付けちゃうんですけど、そうではなく、できるだけ前に守って、うしろの打球をキャッチしてもらう。僕らが目指すところはそこなんです」

 三塁打が減り、ポテンヒットも少なくなる。そう考えたら、ピッチャー陣もデメリットばかりではないように思えてきた。

 開幕前に「ホームランは確実に増える」と話していた荻野も、大塚コーチの意見に呼応するように次のように語る。

「単純に(外野を)走る距離は減りました。外野フェンスも近くなるので、そこまでの距離感をできるだけ早くつかもうと考えています。昨年までは距離があったので、全力で走ってもフェンスまでたどり着けない時がありましたが、今年はちょっと走るとすぐにフェンスに着くので、その打球をどれだけフェンス際で捕れるかということも大切になってくると思うんです」

 荻野の言葉どおり、まだ試合数は少ないがフェンス越しのスーパーキャッチを昨年以上に目にしているような気がする。その一方で大塚コーチの言うように、ポテンヒットになりそうな打球を外野手が好捕するというシーンも何度か見られた。

 荻野に「ピッチャー陣はそこまで神経を尖らせる必要はないんですかね?」と聞くと、こんな答えが返ってきた。

「ホームランは増えると思いますが、その分、前のヒットは減ると思うので、意外とピッチャーの防御率や失点は変わらないかもしれないですね」

 まだZOZOマリンでの試合数は少なく、今は新しい球場の戦い方を模索している段階だろう。シーズンが進んでいくと、いろんなものが見えてくるはずだ。今後のZOZOマリンでの試合に注目していきたい。

著者:永田遼太郎●文 text by Nagata Ryotaro


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索