グラウンド内外でオーラ全開。西岡剛はBCリーグの価値を高めている

グラウンド内外でオーラ全開。西岡剛はBCリーグの価値を高めている

 今年で13年目のシーズンに突入し、新たに1球団を加えるなど、一貫して攻めの姿勢を崩さないルートインBCリーグ。そのなかでも、とりわけ攻めの姿勢を続けているのが栃木ゴールデンブレーブス(栃木GB)だ。

 2017年に加盟した新興球団だが、昨年は行き場を失った村田修一(現・巨人コーチ)を入団させ、世間をあっと言わせた。結局、村田はNPB復帰をかなえることはできなかったが、大ベテランに花道をつくったことで栃木GBの知名度は一気に上がった。

 NPBを目指す若者の挑戦の場として存在する独立リーグに、NPBを経験したベテラン選手を入団させることについて、すべてが肯定的ではない。しかし、ファンを喜ばせ、リーグのプレーレベルを上げるという点においては、彼らの存在は不可欠と言えるだろう。実際、昨年の栃木GBは村田の入団によって飛躍的に観客動員数を伸ばした。

 そして今シーズンも、栃木GBにビッグネームがやってきた。NPBのみならずメジャー経験もある”スピードスター”西岡剛だ。トップバッターとして圧倒的な存在感を見せつけている。


NPB復帰を目指しBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーする西岡剛

 開幕戦で対戦した茨城アストロプラネッツの投手・小沼健太はこう語る。

「もう雰囲気が違います。オーラが出ているって感じですね。僕は千葉出身なので、西岡さんは子どもの頃からのヒーローでした。緊張したってわけではないですけど、やっぱりのまれてしまったというのはありましたね」

 NPBのスカウトも注目している小沼と西岡の対戦は4打数2安打。「逃げずにいこう」と得意のストレートで勝負するも、初回にいきなりライトオーバーの二塁打を打たれてしまう。ボールをリリースした瞬間、「いかれた」と思ったほど、西岡は独特の雰囲気を醸し出していたと小沼は振り返る。

 さらに小沼が驚いたのは、2、3打席を真っ向勝負で抑えたあとの4打席目だった。追い込んだあと、ダブルプレー狙いで投じた外角低めのチェンジアップを西岡はうまく合わせ、レフト前にポトリと落とした。

「うますぎでしょ!」

 小沼は思わずそう叫んだ。打たれるはずのないコースの球をいとも簡単に無人のフィールドに落とした熟練の技に、小沼は自分が目指すNPBの壁の高さを思い知らされた。

 そして10連休真っ只中の5月2日、再び茨城アストロプラネッツと栃木GBの試合が行なわれた。ネギの名産地だという茨城県坂東市にある岩井球場には、独立リーグにしては大勢のファンが押し寄せ、数百人も入れば満席となる小さなスタンドは大入りとなっていた。

 ファンのお目当てが西岡であることは、彼の現在の背番号である「1」がプリントされた栃木GBのレプリカユニフォームだけではなく、昨年までプレーしていた阪神タイガース、さらに千葉ロッテマリーンズ時代のユニフォームを着たファンの姿からもわかる。

 この日、栃木GBはビジターゲームだったが、ホームゲームは毎試合、これ以上の観客でにぎわっていると言う。

 独立リーグは「会いに行けるプロ野球選手」を売りにしている。試合後には、ホームチームの全選手がスタンドの外に出て、来場したファンを見送る。選手たちはファンからのサインや写真撮影の要求に快く応じ、なじみのファンと談笑する姿は日常となっている。

 そういうシーンに西岡の姿があることをイメージすることは難しいが、NPB時代には考えられなかったファンサービスにも快くやってくれていると、ある球団スタッフは言う。

「ほかの選手とまったく同じ扱いですよ。住むところも、地元のアパートを借りて住んでいますし、ファンサービスにも積極的に参加してくれています。『遠慮せずにもっとなんでも言ってくれ』って自ら申し出てくれていますし。やっぱり独立リーグに来て、思うところがあったんじゃないでしょうか」

 この日の試合でも、西岡は格の違いを見せつけた。トップバッターとして第1打席で四球を選ぶと、3回の第2打席は無死一塁の場面で追い込まれながらセンター前ヒットを放ち、先制点のきっかけをつくった。さらに、5回に回ってきた第4打席でもセンター前にヒットを放ち2打点。集まった観客は西岡の活躍に大喜びだった。

 ヒットで出塁し、一塁ベース上に立つ西岡の姿を、ファウルグラウンドにあるブルペンにまで出て、じっと見つめる選手がいた。茨城アストロプラネッツの小野瀬将紀、独立9年目のベテランだ。この日まで、小野瀬は西岡と同じリーグ2位の5盗塁を記録していた。

 翌日、このシーンについて小野瀬に尋ねると、照れ笑いを浮かべながらこう答えた。

「ちょうど前の日に西岡さんの動画を見ていたんです。それでどんなスタートを切るのか、塁上ではどこを見ているのか気になったんです」

 NPBの第一線を走ってきた男の技を少しでも盗もうと、フィールドでプレーする西岡の姿にくぎ付けだったようだ。

「去年の村田さんもそうでしたが、やっぱりNPBのトップでプレーされていた選手が独立リーグに来てくれるのは、選手にとって本当にいい刺激になります。僕はもう年齢的にNPBは苦しいと思いますが、現役でやっている以上、うまくなりたいと思っていますから……勉強させていただいています。ただ一緒のチームだと、ポジションがひとつ埋まってしまうわけで、そこは複雑な気持ちになるかもしれないですね」

 今年32歳になる小野瀬だが、塁上での極意を西岡に直接聞くのはまだ先だと言う。

「いや、いきなりはおそれ多いですから。あいさつ程度はしましたけど、まずは名前を覚えていただいてからですね」

 5月15日現在、西岡の打席成績はリーグ2位の4割1分1厘。ヒットメーカーとして圧倒的な存在感を見せつけていると言っていいだろう。なにより西岡の存在は、NPBを目指す若い選手たちにとって、自らのレベルを計る試金石になっている。

 そして地方のファンは、独立リーグがなければなかなか目にすることはできなかったであろう”本物のプレー”に野球の魅力を知る。また、西岡がプレーすることでBCリーグのレベルがどの程度のものかを知ることができる。実際、メジャーのスカウトも日本の独立リーグに足を運ぶようになっているという。

“西岡効果”は、確実に日本の独立リーグの存在価値を高めている。

著者:阿佐智●文 text by Asa Satoshi


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索