錦織圭、ショットの選択がズバズバ的中「すべきことがわかっていた」

錦織圭、ショットの選択がズバズバ的中「すべきことがわかっていた」


1回戦同様、流れをつかんだ試合で勝利した錦織圭

 ウインブルドンのセンターコートで、錦織圭は、もはやグラス(天然芝)コートは苦手なサーフェスではないことを改めて感じさせる会心のプレーを披露した――。

 ウインブルドン2回戦で、第8シードの錦織(ATPランキング7位、7月1日づけ/以下同)が、キャメロン・ノーリー(55位、イギリス)を、6−4、6−4、6−0で破り、4年連続7回目の3回戦進出を決めた。

 ノーリーとは初対戦だったが、何度か一緒に練習をした経験があったため、相手がどういうプレーをしてくるのか把握できていたという。

「1セット目は、思っていたより相手がいいなと思いましたけど、続かないとも思っていました。プレー自体に、驚きというか、想像していたのと違いはなかったので、初対戦のわりには(自分自身)意外とすべきことが頭に入っていた。出だしからいいプレーはできていたかなと思います」

 こう振り返った錦織が終始ゲームを支配した。ノーリーは、錦織の伸びのあるグランドストロークによって左右に走らされるだけでなく、虚をつくドロップショットで前へ走らされるなど、翻弄された。

 また、錦織はサーブ&ボレーを5回中4回成功させ、ネットへは、32回出て24回ポイント(75%)につなげる充実したプレーも見せた。

「十分だったと思います。前への行き方もわかっていました。攻める姿勢を常にもっていました」

 結局、錦織はミスを17本に抑えつつ、34本のウィナーを決めた。

 1回戦に続いて、2回戦での錦織のファーストサーブの確率は70%と安定していた。ファーストサーブのポイント獲得率も79%と非常に高く、さらにセカンドサーブのポイント獲得率も67%と上々の出来だった。

 一方のノーリーは、セカンドサーブでのポイント獲得率はわずか30%にとどまり、リターンも好調な錦織に脱帽状態だった。

「今日の圭のリターンは信じられないくらい本当によかった。あんな風に自分のサーブをリターンしてくる選手は初めてだった。彼は、僕のサーブに確実にプレッシャーをかけていたね」

 元来、屈指のショットメーカーである錦織なのだが、ここへ来てようやくグラス(天然芝)コートでも、得意とする頭を使うテニスが冴えている。特にリターンの駆け引きが、他のサーフェスよりもグラスでは重要だと認識している。

 今後ラウンドが進む中で、ミロシュ・ラオニッチ(17位、カナダ)やロジャー・フェデラー(3位、スイス)といったサーブのいい選手とグラスで対戦する時は、相手サーブのコースにヤマを張っていかないと苦しい状況も出てくる。そうなると、駆け引きの重要性が増してくるのだ。

 また、錦織自身、グラスでの有効な戦術やショットの選択が的確になってきたことで、ポイントに結びつけやすくなっている。

 29歳の彼が、ウインブルドンのセンターコートでプレーするのは今回が4回目だったが、センターコートでの勝利は、2016年大会2回戦以来2度目となった。これまでの経験を踏まえ、彼特有のマインドセットで、センターコートでの戦いに臨んでいた。

「たぶん何かいい意味で、あんまり”今日はセンターコートだ”って思わなくなっていた。今日も試合後に言われて気づきましたけど、試合前もあんまり意識もなく、センターだからといってそんなに緊張感もなかった。たぶん今までの経験とか慣れが助けになっているんじゃないかなと思う」

 ただ、伝統と格式を重んじるウインブルドンらしさを錦織は、センターコートに向かう間で感じたと言う。

「センターコートの会場(オンコート)に入るまでの、ロッカーからの道のり(センターコート内の通路と階段と優勝トロフィーが飾ってあるエントランス)というのが、何かこうゾワゾワするものがあって、ここならではの雰囲気はあるなとは感じました」

 3回戦では、第25シードのアレックス・デミノール(29位、オーストラリア)を2回戦でフルセットの末破ったスティーブ・ジョンソン(71位、アメリカ)と対戦する。対戦成績は、錦織の4勝0敗で、2016年マスターズ1000インディアンウェルズ大会以来、久々の対戦となる。グラスでは、2014年ATPハレ大会準々決勝で一度だけ戦っている。

「(ジョンソンは)芝だと、さらに強さがあるのかなと思います。バックはスライスが主体の選手なので、どうしても芝だと(自分が)低いボールを打たされるので、楽ではないです。フォアの一発もある。ちょっと嫌な相手かなとは思います。(相手の)バックに集め過ぎる単純な作戦ではなかなか勝てないと思うので、いろんなショットを混ぜてプレーしたい」

 グラスでは武器になる、ビッグサーブとスライスを駆使するジョンソンとの3回戦は、グラスのプレーが進化中である錦織にとって、さらなる真価が問われる一戦になりそうだ。

著者:神 仁司●文・撮影 text&photo by Ko Hitoshi


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索