錦織圭が400勝後に語った恩人への思い「僕を超える選手が出てほしい」

錦織圭が400勝後に語った恩人への思い「僕を超える選手が出てほしい」


試合後コートの両サイドにいる子供たちに笑顔でサインした錦織圭

 ウインブルドン3回戦で、第8シードの錦織圭(ATPランキング7位、7月1日づけ/以下同)が、スティーブ・ジョンソン(71位、アメリカ)を、6−4、6−3、6−2で破り、4回目のベスト16進出を決めた。

 錦織は、第1セット第2ゲームでサービスブレークをされて、0−3とジョンソンにリードを許したものの、第5ゲームでブレークバックすると、そこから錦織が常にゲームを支配していった。

「サーブはよかったですね。たぶん今日が一番よかったんじゃないかなというぐらい気持ちよく打てた。ファーストサーブを打っている感触が、今週すごくいい。劣勢の時にも、ファーストサーブを決めにいくことができた」

 試合全体で錦織のファーストサーブの成功確率は75%と高く、さらにファーストサーブ時のポイント獲得率も85%で、サービスゲームは非常に安定していた。

「同時に、リターンゲームでプレッシャーをかけられたかなと思う。それがサーブもちょっとリラックスして打てたひとつの要因になっていた。たぶんあっち(ジョンソン)からすれば、サービスゲームはきつかったんじゃないかな」

 こう語った錦織の第2セット以降は、ジョンソンのサービスコースを巧みに読み、特にセカンドサーブに対しては、ベースラインからコートの中へステップインして、早いタイミングで攻撃的なリターンを打ち込んだ。

 結局、錦織はミスを20本に抑えつつ、23本のウィナーを決めた。さらにサーブ&ボレーに7回出て6回成功させるなど、ネットには23回出て20回ポイント(87%)につなげる驚異的な成功率を残し、ストロークだけではない錦織のオールラウンドプレーが、常にジョンソンを上回った。

 今回の勝利によって、錦織はツアー本戦通算が400勝に達した(400勝186敗)。2007年7月のATPインディアナポリス大会(アメリカ)で予選を勝ち上がり、本戦1回戦で初勝利を挙げてから、プロ12年目で到達した日本男子前人未到の記録だ。

 基本的に錦織は、記録や数字にこだわりがなく、試合後に400勝に関して特別な感情を見せていなかったが、恩人である盛田正明氏のことに話が及ぶと、勝利することの喜びについてこう話した。

「やっぱり(盛田)会長のファンドをやっている意味というか、僕を超えられるぐらいの選手がいっぱい出てきてほしいです。僕の中では、会長に一番いい成績を届けたい、一番の人ではあります。そのために自分ももうちょっと頑張りたいと思いますね」

 盛田氏は、錦織が13歳の時に「盛田正明テニス・ファンド」の奨学金によって、アメリカへのテニス留学をサポートしてくれた、錦織にとって一番の恩人。かつては日本テニス協会の会長を務め、名誉会長となった現在も温かく日本のテニス界を見守り、92歳になっても後進を育てる活動への情熱を熱く持っている人だ。

 2019年には、「盛田正明テニス・ファンド」のサポートを受け、錦織の後輩にあたるジュニア選手がアメリカテニス留学し、グランドスラムの舞台で活躍している。

 16歳の望月慎太郎は、2019年ローランギャロス(全仏)の男子シングルス・ジュニアの部で初出場ながらベスト4に進出した。また、17歳の川口夏美は、2019年オーストラリアンオープン女子ダブルス・ジュニアの部で初優勝を成し遂げた(優勝時は16歳)。

 フロリダのIMGアカデミーで望月と一緒に練習したことがある錦織は、若い才能の出現を次のように語る。

「(望月は)IMGアカデミーで一緒にやっていて、将来が楽しみな選手ですね。まだまだ若いので、もうちょっと時間はかかると思います。彼はプレーが魅力的で、パワーだけに頼らず、いろんな方面からプレーできる選手。どう育っていくのか僕もすごく楽しみしています」

 3回戦勝利後に、コートの両サイドにいる子供たちに歩み寄って、丁寧にサインに応じる錦織の姿が見られた。ウインブルドンで錦織のサインがもらえたら、さぞかし子供たちにとって忘れられない思い出になるだろう。もしかしたら、この子供たちの中から錦織のようなプロテニス選手が将来現れるかもしれない。

 29歳になった錦織は、新しい時代を担うであろう子供たちに、”自分の背中を見て早く追いかけて来い! そして、追い抜いてみろ!”というメッセージを発信しながら、世界の大舞台で渾身のプレーを見せているようにも感じる。

 4回戦で錦織は、ミハイル・ククシュキン(58位、カザフスタン)と対戦する。対戦成績は、錦織の8勝0敗。ウインブルドンでは2012年大会の1回戦で対戦し、錦織が勝っている。

 7月8日に行なわれる予定の4回戦で、錦織は2年連続2度目のベスト8を目指して戦う。

著者:神 仁司●文・写真 text&photo by ko Hitoshi


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索