スーパーGTで波乱。難解コンディションがふたりのヒーローを生んだ

スーパーGTで波乱。難解コンディションがふたりのヒーローを生んだ

 9月7日・8日に大分県のオートポリスで開催されたスーパーGT第6戦は、不安定な天候によって大波乱のレースとなり、最後まで誰が勝つかわからない展開となった。

 その混戦を制したのは、GT500クラスはレクサス。ヘイキ・コバライネン/中山雄一のDENSO KOBELCO SARD LC500(ナンバー39)が今季初優勝を遂げた。一方、GT300クラスは吉本大樹/宮田莉朋のSYNTIUM LMcorsa RC F GT3(ナンバー60)が優勝し、こちらもレクサスが制した。


GT500クラスを制した中山雄一(左)とヘイキ・コバライネン(右)

 まず、GT500クラスで優勝した39号車は、1年2カ月ぶりの美酒を味わったコバライネンもさることながら、今季からGT500にステップアップした28歳の中山雄一に注目したい。

 中山は2013年に全日本F3選手権でチャンピオンに輝くと、2014年にはスーパーフォーミュラに参戦。そして2015年からは、スーパーGTのGT300クラスでフル参戦するチャンスを掴んだ。

 だが、GT300クラスでは、2015年=3位、2016年=2位、2017年=3位と、毎年チャンピオン争いに絡むも、最後は一歩及ばず。GT500クラスにステップアップするチャンスもなかなか得られなかった。

 しかし今年、ついにGT500クラスのシートを掴むと、参戦1年目とは思えない安定したパフォーマンスを披露。シーズン前半戦から常にトップ争いに加わる活躍を見せた。

 そして今回、このオートポリスで主役となる時が来た。

 土曜日は急激に気温が上昇し、予選Q1は各チームとも対応に追われて大苦戦。昨年王者のジェンソン・バトン(ナンバー1/RAYBRIG NSX-GT)などが予選Q1で脱落する結果となった。そんななか、中山は5番手タイムをマークしてQ2に進出。最終的には5番グリッドを手にした。

 さらに決勝でも、中山の走りが冴えわたる。雨が降ったり止んだりする難しいコンディションのなか、中山はウェットタイヤを装着して後半スティントを担当。ところが、レース終盤になるにつれて急速に天候が回復し、路面は完全にドライコンディションとなる。しかし、中山は最後までウェットタイヤで耐えしのぎ、スリックタイヤで追い上げてくるライバルを振り切ってGT500初優勝を飾った。

「ダンプ(湿っている)コンディションでのウェットタイヤ走行は難しかったです。でも、GT300でもブリヂストンタイヤで戦ってきたので、そこでの経験をうまく生かすことができました。下積みがすごく長かったですけど、それがすごく生きたな……と感じたレースでした」

 レース後半の中山の激走を、チームメイトのコバライネンも絶賛した。

「彼のことを、もっと評価してあげてほしい。本当にプロフェッショナル。GT500初参戦のシーズンだが、いつもすばらしい走りを見せてくれる」

 中山のGT500クラス初優勝によって、39号車はドライバーズランキングでも3位に浮上。残り2戦、逆転チャンピオンの可能性も見えてきた。

 そして、もうひとりの「初優勝」は、GT300クラスで60号車を駆った20歳の宮田莉朋だ。

 宮田はスーパーGTと併催されているジュニアカテゴリー「FIA F4」で2016年と2017年に2年連続で王座に輝くと、2018年にはGT300クラスのシートをゲット。さらに全日本F3選手権でも活躍を始めた。

 トヨタの若手育成プログラム「トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム」の一員でもある宮田は、将来を期待されるドライバーのひとりだった。しかし、そんな彼にも高い壁が訪れる。

 2018年、スーパーGT初年度で表彰台に立ったのは、第4戦・タイの3位のみ。同世代が活躍してGT500クラスのシートを掴む一方、宮田は今年もGT300クラスに残ることとなった。

 さらに、参戦している全日本F3選手権でも不運に見舞われる。2戦連続で車両規定違反による失格となり、2レースを残してライバルのサッシャ・フェネストラズにチャンピオンの座を奪われてしまった。

 そんななかで迎えたオートポリス。スタートを担当した宮田は難しいコンディションのなか、抜群のテクニックで激走する。途中から雨が降り始めても、チームの指示でコース上にとどまり続けたのだ。

 この宮田の貢献によって、チームはレース後半でのタイヤ選びを見極めることができ、天候の状況を見てスリックタイヤへの交換を選択する。宮田はレースの6割以上にあたる40周を走破してピットイン。結果、この作戦が功を奏して、残り3周でトップに浮上して優勝を飾った。

「FIA F4で2年連続チャンピオンとなって周囲に期待されていたと思いますが、勝つまでに少し時間がかかってしまいました。今回はクルマもタイヤも自信があったので、それを信頼して走りました」

 波乱に満ちたオートポリスだったが、両クラスで新たなヒーローが誕生した。今シーズンは残り2戦。彼らが今後どんな活躍を見せてくれるのか、目が離せない。

著者:吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索