横浜FM、「矛」が「盾」を突き破る。首位肉迫でこのまま無双を誇るか

横浜FM、「矛」が「盾」を突き破る。首位肉迫でこのまま無双を誇るか

 横浜F・マリノスは、リーグ屈指の攻撃型チームと言える。第25節終了時点で得点数45は、鹿島アントラーズに次ぐ2位。攻めの姿勢が目立つのは、引き分けが3つと打ち合いを制している点にあるだろうか。逆に、上位にしては失点(32)が多く、その落差が攻撃力を引き立てているとも言える。

「Fast Game」(速い展開のゲーム)

 オーストラリア人指揮官、アンジェ・ポステコグルーは端的に戦いの様式を標榜し、上位対決となったサンフレッチェ広島との戦いに挑んでいる。


サンフレッチェ広島戦で先制ゴールを決め喜ぶ仲川輝人(横浜F・マリノス)

 9月14日、ニッパツ三ツ沢球技場。3位の横浜FMは4位の広島と”優勝争いへの生き残り”を懸けた一戦を迎えている。

 それはまさしく、「矛」と「盾」のぶつかり合いだった。横浜FMは攻撃力を武器とし、広島は第25節終了時点で最少失点(18)の堅い守備をよりどころにしていた。試合の様相は「矛」が「盾」を突く形で始まった。

 横浜FMはバックラインからボールをつなげる技術の練度が高い。中盤ではサイドバックとトップ下のマルコス・ジュニオールが一度密集してパスコースを作り、優位を作る。そこから素早く外に展開し、高い位置での攻撃を可能にしていた。ボールを奪われた後、セカンドボールへの対応も早かった。

 ただ、広島は攻められながらも、守りのリズムを作って対応し、堅牢な盾を誇った。一方でバックラインの裏へ効果的なボールを入れ、ゴールを脅かす。カウンターでは、右サイドを駆け上がるハイネルのスピードが脅威を与えた。さながら、盾の陰から出る飛び道具のようだった。

 しかし、横浜FMはリスクを懸けた戦いを怯まない。後半になると攻撃の勢いをさらに強めた。矢を打ち込むように縦パスを入れ、広島をくぎ付けに。相手の強度の高い守備に潰されそうになっても、足を止めなかった。

「前半、(相手の守備に)イライラせずにプレーできたのがよかったと思う。後半も激しくチェックされたが、メンタルを保ってプレーできた。そして相手選手がイエローカードをもらって……」(マルコス・ジュニオール)

 後半7分、広島はボランチの青山敏弘が警告を受け、激しい守備ができなくなる。するとチーム自体、守勢に入ってしまった。後半16分には、GK大迫敬介が遅延行為でイエローカードを受けていた。

「自分たちのサッカーで勝ってきて、今日もチャンスを作ることができていました。だから、後半もこの形を続けよう、と話していました」(横浜FM・仲川輝人)

 横浜FMは嵩(かさ)にかかって攻めに出た。後半22分には、20本近いパスをバックラインから回す。左サイドで幅を作りながら、左サイドバックのティーラトンが左FWの遠藤渓太にスルーパスを通す。ニアへのグラウンダーのクロスに走りこんだFW仲川が、GKの鼻先で合わせて先制ゴールを決めた。

「矛」が「盾」を突き破ったのだ。

「広島の守備が強く、堅いのはわかっていました。その勝負で強度を保てるか。自分たちとしては速いテンポのサッカーを狙い、それができていました。ただ、(守備力の強い)広島に先制されていたら、難しい展開になっていたでしょう」(ポステコグルー監督)

 ボールを前に進めるプレーモデルを確立した横浜FMは、リードしても下がらなかった。後手に回った広島を完全に追い込んだ。

 81分、センターバックの畠中槙之輔が左サイドに開き、前線へフィード。これに敵が混乱し、クリアに失敗した。そのボールを左サイドバックのティーラトンがエリア内で拾い、左足ボレーを叩き込んだ。

 さらに84分には、カウンターを発動。左サイドでボールを受けたマテウスが躊躇なく左足を振る、その一撃がタックルに及んだ広島の選手のハンドを誘い、PKの判定に。これをエリキが沈め、試合を決した。

「(優勝を争う)大事な試合だったが、普段どおり、自分たちの力を出し切ることができた」(横浜FM・喜田拓也)

 横浜FMのサッカーの正当性は順位で十分に証明されているが、もうひとつ、大事な産物がある。

 今シーズン、横浜FMは天野純(現スポルティング・ロケレン)、三好康児(現ロイヤル・アントワープ)、畠中などの日本代表選手を輩出している。仲川もそれに匹敵するプレーを見せていると言える。プレーモデルが確立したことで、各選手が持っている技術を出せるようになり、それに自信をつけた選手が成長を示しているのだ。

「横浜の攻撃は見ていても面白いけど、守備もやらないといけない。ブラジルにいた時よりも守備にかける割合は高いだろう。今までやっていないこともできていて、自分自身、成長できている」(横浜FM・エリキ)

 横浜FMはポステコグルー監督が鍛え上げてきた戦い方で、3−0と勝利している。3位をキープしただけだが、首位のFC東京が敗れたことによって、その差は4ポイントになった。残り8試合、「矛」は無双を誇るか。

著者:小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索