「2強」断然の神戸新聞杯。一角崩しの期待は先行する上がり馬2頭

「2強」断然の神戸新聞杯。一角崩しの期待は先行する上がり馬2頭

 3歳牡馬クラシック最終戦となるGI菊花賞(10月20日/京都・芝3000m)のトライアル戦、GII神戸新聞杯(阪神・芝2400m)が9月22日に行なわれる。

 同レースは、過去10年で1番人気が6勝、2着2回、3着0回、4着2回と、かなりの好成績を残している。加えて、2番人気も2勝、2着2回、3着2回、着外4回、3番人気も1勝、2着2回、3着2回、着外5回と、まずまずの結果を出しており、数ある重賞の中でも堅いレースのひとつに挙げられる。

 それでも、5番人気以上の伏兵馬が馬券圏内(3着以内)に絡んでくることも頻繁にあって、時に好配当が生まれることもある。はたして、今年は波乱が起こるのか、はたまた堅い決着で収まるのか……。

 出走メンバーを見てみると、皐月賞馬のサートゥルナーリア(牡3歳)と、皐月賞2着でダービー3着のヴェロックス(牡3歳)による”2強対決”といった趣が強い。事実、下馬評でもこの「2強」の断然ムードにある。

 しかしそんな状況にあって、「2強」に付け入る隙あり、と見ている記者もいる。日刊スポーツの太田尚樹記者である。

「出走8頭という少頭数になったのも、この”2強”に恐れをなして……という側面があると思います。ただ裏を返せば、それでも出走してきた馬たちは、気概のある”意識高い系”の馬、と見ることができます。

 また、皐月賞ではワンツーを決めた”2強”ですが、2400mに距離が延びたダービーでは、着順もパフォーマンスも落としています。そして、今回も2400m戦。この距離では、絶対的な信頼を置けないと思います」

 では、「2強」を脅かすとすれば、どういった馬なのか。スポーツ報知の坂本達洋記者はこんな見解を示す。

「昨年は、6番人気のメイショウテッコンが逃げ粘って3着に入線。2015年には、3番人気のリアファルが逃げ切り勝ちを収め、断然人気のリアルスティールにひと泡吹かせました。今の馬場傾向を考えると、切れ味勝負では”2強”には適いませんから、こうした過去の例を踏まえて、ここでは前で運ぶ馬に妙味があると感じています」

 そして坂本記者は、ユニコーンライオン(牡3歳)を穴馬候補に挙げた。

「函館で2連勝を飾った上がり馬で、その先行力は魅力です。前走の2勝クラス・松前特別(7月21日/函館・芝2000m)でも、好位の3〜4番手を追走。直線に入ってグンと伸びかけて、その後に一旦脚色が緩んだんですけど、ゴール前で再びギュンと脚を伸ばして鼻差で差し切りました。

 まだ粗削りな面があって、フワフワした走りではありますが、能力的にはまだまだ奥がありそうな印象を受けます。手綱を取るベテランの岩田康誠騎手も、その辺は頭に入っているでしょうから、今回も粘り込みを期待してもいいのではないでしょうか」

 ただし、今回は初の2400m戦。距離適性への不安はないのだろうか。

「父ノーネイネヴァーは、現役時代にフランスGIモルニ賞(芝1200m)を制するなど、短距離路線で活躍した種牡馬ですから、たしかに今回の距離はやや長いかもしれません。それでも、逃げ馬不在の少頭数のメンバー構成なら、そこはカバーできると踏んでいます」(坂本記者)


「2強」の一角崩しが期待されるユニコーンライオン

 ユニコーンライオンについては、太田記者もオススメする。

「実は、ユニコーンライオンはデビューの時から気になっていた1頭なんです。年明けの新馬戦(1月27日/京都・芝1800m)、同馬は1番人気だったんですが、直線を向いた時には手応えが悪く、『これは負けるな』と思ったんですよ。ところが、外から伸びてきた馬に反応して再加速し、後続を振り切って見事な勝利を飾ったんです。当時、鞍上のミルコ・デムーロ騎手が『”負けない”という気持ちが強い』と、同馬の勝負根性を評価していたこともよく覚えています。

 切れ味よりも、しぶとさが身上の馬。唯一惨敗を喫したGIIスプリングS(11着。3月17日/中山・芝1800m)は、出遅れて後方からの競馬になってしまったので、度外視できると思います。実際、直後のGIIIアーリントンC(4月13日/阪神・芝1600m)では先行して粘って、勝ち馬からコンマ1秒差の5着と好走しました。

 その後、徐々に距離を延ばしていって2連勝と、波に乗ってきました。相手なりで、真面目に走っていない面もありますが、先行して持ち味を生かせれば、”2強”の一角崩しの期待は十分に見込めると思いますよ」

 この他、坂本記者がもう1頭、推奨馬を挙げる。

「シフルマン(牡3歳)です。ユニコーンライオンと同じく、500万下(現1勝クラス)、2勝クラスと連勝してきた上がり馬。こちらも先行タイプで、父ハービンジャーと血統的な魅力もあります。クラシックディスタンス(2400m戦)が得意な血統で、距離適性は折り紙つきです。

 さらに、母父サンデーサイレンス。祖母は秋華賞馬で、ジャパンC2着のファビラスラフインと、母系も優秀です。2週前、1週前の調教でも、栗東のCWコースで長めからしっかりと追われて、仕上がりも上々。伏兵の資格は十分かと思います」

 先行する穴候補2頭は、「2強」をどれだけ翻弄できるのか。どちらかでも一角崩しを果たせば、オイシイ馬券がゲットできるかもしれない。

著者:土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索