全英ジュニアの部優勝の望月慎太郎。錦織圭を追う16歳のリアルな素顔

全英ジュニアの部優勝の望月慎太郎。錦織圭を追う16歳のリアルな素顔


全米のセンターコート、アーサー・アッシュスタジアムの前で笑顔の望月慎太郎

 16歳以下ジュニア選手の男子国別対抗戦・ジュニアデビスカップ(9月24〜29日、アメリカ・オーランド・レイクノナ、コートサーフェス/グリーンクレー)の決勝で、第2シードの日本は、第1シードのアメリカを2勝1敗で下し、2010年以来となる2度目の優勝を果たした。

 日本チームの中心メンバーとなって優勝へ導いたのが、7月にウインブルドン・ジュニアの部でチャンピオンになった望月慎太郎(ITFジュニアランキング2位、9月30日づけ/以下同)だ。

 決勝で日本は、第1試合のシングルスで磯村志が敗れたものの、第2試合のシングルスに登場した望月が、共にIMGアカデミーを練習拠点にしているマーチン・ダム(4位)を7−6、7−5で破って日本に試合の流れを引き戻した。さらに、1勝1敗で勝負のかかったダブルスでは、望月と末岡大和の日本ペアが、アメリカペアを6−4、6−3で下して、日本チームが逆転で勝利を確定させたのだった。

 ジュニアデビスカップを戦うのは今回が最後となり、有終の美を飾った16歳の望月。彼がUSオープン・ジュニアの部(9月上旬)に出場した時に、スポルティーバの独占インタビューに答えてくれた。

――ウインブルドン・ジュニアの部で初優勝した直後、7月下旬に日本に帰国していたそうですね。日本に戻ってから、あらためてウインブルドン優勝を実感しましたか?

望月 友達だったり、周りの人達だったりに、「おめでとう」とかよく言われたので、少しは感じました。ただ、過去は過去なので、そんなにそれ(ウインブルドン優勝)ばかり考えないようにしていました。前を見るしかないです。別にこれで終わったわけではないので、できるだけ忘れようとしていました。

――望月くんは、気持ちの切り替えが早いほうなのですか?

望月 やろうと思えば、切り替えはだいぶできるかなと思います。

――ウインブルドン・ジュニアの部の優勝直後には、日本男子ジュニア選手で初めてITFジュニアランキング1位にもなりましたね。

望月 あんまりランキングのことは別に考えていなかったですね。ひとつの大会に優勝して、あのランキングになっただけなので、(自分のテニスの)レベルは変わっていないですし。

――3歳からご両親の影響でテニスを始めたんですよね。

望月 (小さい時のことは)よく覚えていないですけど、めちゃくちゃ(テニスが)好きでやっていたと思います。どういうところが好きかってよく聞かれるんですけど、わからないですね(笑)。ただ、テニスが好きですし、テニスが楽しいっす。

――どうしてプロテニスプレーヤーになりたいと思ったんですか。

望月 子供の頃は、よくわかっていなかったので、そんな(プロになる)ことは考えていなかったです。ちょっとずつ、(ジュニア選手として)日本でも結果が出始めて、少しは上を目指したいと思うようになったんです。

――「盛田正明テニス・ファンド」のサポートを受けて、海外テニス留学をしようとしたきっかけは何だったんですか。

望月 僕はまったく知らなかったんですけど、盛田ファンドのスタッフの方から電話をいただいて、声をかけてもらいました。サポートしてもらってかなり力になっています。最初、僕も(状況は)よくわかっていなかったんですけど、(海外へ)行ってみて、(テニス上達のために)できることをやりたいなと思ったんです。

――海外テニス留学はどうですか。だいぶ揉まれたのではないですか。

望月 あんまりホームシックにならなかったですね。自分で好きになってやっていたことなので、楽しんでいました。そりゃもうひとりで生活して、日本にいる時とまったく違う環境なので、戦っていくにつれて、いろんな面で強くなっていったと思います。

――テニスとは関係ない16歳の望月慎太郎選手について、聞かせてください。まず、趣味は?

望月 You Tubeを見ることです。バラエティーばっかりです。くりぃむしちゅーさんとか好きです。

――好きな音楽は?

望月 RADWIMPS(ラッドウィンプス)。映画(「君の名は」)で流れていた音楽とかめちゃくちゃハマっています。(USオープン・ジュニアの部の)試合前にも聞いていました。
あと、乃木坂46が好きで、音楽を聞いたり、番組も見たりしてます。推しは、生田絵梨花さんです。

――好きな食べ物は?

望月 強いて言うなら、とんかつが好きです。(アメリカにいると)ほぼ食べられないですので、めちゃくちゃ好きで、めちゃくちゃ食べるというほどではないですけど。逆に、嫌いなものはないです。何でもいいという感じです。

――プロテニスプレーヤーになるための心の準備はできてきていますか。

望月 プロになりたいという気持ちはもともとあったので、それが少しずつ近づいてきているという感じです。自分ができることをやるだけかなと思います。やっぱり一番の目標は、世界の一番になりたいです。

――盛田正明テニス・ファンドで、望月くんの先輩にあたる錦織圭選手が、世界のプロテニスでの道を切り拓いてくれているので、錦織選手の存在がやはり大きいのではないですか。

望月 はい。もちろん。(IMGアカデミーで)けっこう一緒に練習もさせてもらっています。できれば追いついて、一緒に戦いたいなって思っています。

著者:神 仁司●文・写真 text&photo by Ko Hitoshi


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索