恩師が語る村上宗隆のターニングポイント。「甲子園に出て変わった」

恩師が語る村上宗隆のターニングポイント。「甲子園に出て変わった」

 村上宗隆(ヤクルト)のプロ2年目は、最下位に沈むチームとは対照的に、大躍進のシーズンとなった。打率.231はセ・リーグ規定打席到達者では最下位で、喫した三振数184も断トツのリーグワーストである。しかし、36本塁打、98打点はともにリーグ3位で、新人王レースでもセ・リーグの新人最多安打記録を更新した近本光司(阪神)とハイレベルで争っている。そして何より評価できるのが、セ・リーグでは唯一の全試合出場を果たしたことだ。


高卒2年目ながら36本塁打、98打点の活躍を見せたヤクルト・村上宗隆

 そんな村上の活躍に目を細めるのが”育ての親”、九州学院高校野球部の坂井宏安監督だ。村上は高校1年夏の甲子園に出場し、同学年のライバル・清宮幸太郎(早稲田実→日本ハム)と比較されるなど、常に注目を集めながら高校通算52本塁打を放った。その成長過程を見てきた坂井監督が、親心たっぷりに村上の2年目を総括した。

「昨年の暮れに帰ってきた時、彼を見て確信したんですよ。『しっかり練習しているな』と。手を抜くことなく、オフの練習に取り組んでいた。高校時代から練習する子だったけど、プロに入っても野球を最優先にしているな、と。田舎の子がお金を手にしてしまうと、つい誘惑に負けてしまったりするじゃないですか。ただ、村上は誘惑というものが何なのかもわかっていないんじゃないか(笑)。誘惑すら気づかないぐらい、野球に打ち込んだ1年だったんじゃないかな。

 昨シーズン終了後、村上は台湾のウインターリーグに参加しました。そこに行くとみんな体重が落ちて帰ってくるらしいのですが、『村上だけは体重が増えて帰ってきた』と球団の方も言っていました。その話を聞いて、しっかり目的を持って行ったんだなと安心しました。食事が合う、合わないではなく、環境が変わってもしっかり食べて、そして練習した。練習することが一番大事、試合に出させてもらうことが一番の喜びだと感じながらやったんじゃないでしょうか」

 入団する際、小川淳司監督(当時)から「1年間は下(二軍)でみっちりやらせます」と告げられたという。

 ちなみに、1年目の村上はファームで98試合に出場し、打率.288(イースタン3位)、17本塁打(同2位)、70打点(同2位)、出塁率.389(同1位)の好成績を残した。そして9月16日の広島戦で初めて一軍昇格を果たすと、史上7人目となる高卒ルーキーの初打席初本塁打の衝撃デビューを飾った。

「1年目を見る限り、最初の出だしさえ間違わなければ、2年目は70〜80試合は出られるだろうと思っていましたが、まさかフル出場とは……。仮にフル出場したとしても本塁打は15から20本ぐらい打てれば御の字だと思っていたし、多く見積もっても25本塁打、60打点でした。それをいともあっさりクリアしたんだから、できすぎですよ」

 二軍の1日は、朝から球場に行って練習をし、昼から試合をこなして、夕方に終わる。これは学生の生活習慣とほとんど同じで、そのことに関しては坂井監督も心配していなかったという。だが、一軍に上がれば、昼頃まで睡眠をとり、夜に試合をするというリズムに変わってくる。まずはそのリズムに体を慣らす必要があるため、一軍に定着したばかりの頃はそれなりに苦労を強いられるだろうと、坂井は考えていた。しかし、それは杞憂に終わった。それどころか、入団2年目にしてチームを代表する選手となった。

「彼を送り出す時にこう言ったんです。『ホームランバッターを目指すんじゃなく、打点を稼げる選手になれよ。おまえが一番チームに貢献できるのはそこだと思うよ。そうすればホームランも自然とついてくるから』と。打率はいいんです。それに三振が多いと言われていますが、三振も凡打も一緒でしょ。大事なのは、どれだけいい場面で打てるか、ランナーを還せるかだと思います。もちろん、96打点という結果は、村上の前を打つ選手がチャンスをつくってくれたからで、そこは本人も感謝しているところだと思います。

 守備ですか? たしかに、たくさん失策を重ねましたし、解説者の方も『守備はまだまだ』と言います。そりゃ、ほかの選手と比べても未熟なところはたくさんあると思います。ただ、高校時代にキャッチャーをやっていた選手が全然違うポジションをやって、ああいう緊張感のなかでプロの打球に対処しなきゃいけないわけです。甘いと言われるかもしれませんが、私は十分に評価していいんじゃないかと思います。チームには申し訳ないと思いますけどね(笑)」

 高校時代の思い出を聞くと、1年の甲子園に行くまでは、ほかの選手とそう変わらないただの野球小僧だったが、1年生スラッガーとして注目を集めながらも甲子園で無安打に終わったことが、村上を変えたと坂井監督は言う。

「ああいう大舞台で打ってこそ、いい打者と言われるんです。そこを彼なりに受け止めたのではないでしょうか。あれでひと皮むけたのは間違いありません。それまでは三兄弟の次男坊気質が抜け切れていなかったけど、あのあとから物事をしっかり言えるようになってきたし、リーダーシップも出てきました。

 甲子園に出場する前から言っていたんです。『いつまでも次男坊で甘えていたらいかんで。野球をやっている以上は、チームのなかで長男にならんといかんで』と。上級生がいても関係ない。そもそも九州学院の野球部がそういう環境でやっているんです。あいつがプロの世界でも先輩にものが言えたり、ちょっかいを出したりしていると聞きますが、ウチの環境で育ってきたことも無縁ではないでしょうね」

 野球がうまくなることに関しては、高校時代から貪欲だったという。坂井監督の言葉を借りれば、「なんでもかんでも食いつかない。自分に合うものにしか食いつかなかった」そうだ。

「空気を読むのが上手なんですよ。場を読めるというのかな。ただ、いろいろと考えすぎるところもあって、それが打席でも迷いや力みにつながっている。だから、今は無理に大人になろうとせず、19歳のガキのままでいいと思うんですよ。でも、それが村上のいいところでもあるんですけどね」

 そして最後に坂井監督はこう言った。

「今はできないことでも、数年後には必ずクリアできる日が来るはず。いずれは100打点も達成するでしょうし、タイトルも手にすると思います」

 はたして来シーズン、村上はどんなプレーで我々を驚かせてくれるのか。日本球界を代表するスラッガーへ成長を続ける村上の今後を見守っていきたい。

著者:加来慶祐●文 text by Kaku Keisuke


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る