なにわのド根性注入で帝京魂復活。「馴れ合い」排除で甲子園出場が近い

なにわのド根性注入で帝京魂復活。「馴れ合い」排除で甲子園出場が近い

 もし野球の神が実在するなら、仕組んだとしか思えないカードだった。

 神宮外苑の再開発に伴い、58年の歴史を紡いできた神宮第二球場が今年いっぱいで閉場になる。神宮第二球場は神宮球場と隣接し、主に高校野球・東京大会の会場として使用されてきた。ゴルフ練習場としての顔もあるため、一塁側には3階建てのゴルフ練習ケージが並ぶ異色の球場として知られた。


神宮第二球場のラストゲームで活躍した帝京の主将・加田拓哉

 その最後の試合となる秋季東京都高校野球大会準々決勝。東京の高校野球界をリードしてきた帝京と日大三という両雄が激突したのだ。入場制限がかかるほどの大観衆がこのカードに押し寄せ、スタンド後方には立ち見客が幾重にも並んで熱戦を見守った。

「いい試合だったね……。たくさんのお客さんが入って、接戦になって(最後に)ふさわしい試合になった。ベンチで感心しながら見ていましたよ」

 試合後、そんな感慨を漏らしたのは帝京の前田三夫監督だ。試合は2対1で帝京が競り勝った。甲子園での通算勝利数は日大三が54勝(優勝3回)で、帝京は51勝(優勝3回)。実績は同格と言っていいが、近年の状況は対照的だ。安定して甲子園に出場して2018年夏には甲子園ベスト4に進出した日大三に対し、帝京は2011年夏を最後に甲子園から遠ざかっている。

 かつては「東の横綱」と呼ばれた帝京も、近年は東東京では関東一や二松学舎大付に押され、都立高に力負けするなど栄枯盛衰の感は否めなかった。名将の名をほしいままにした前田監督は70歳になった。同世代の監督が次々に現場を退くなか、前田監督が晩節を汚すリスクを背負ってまで高校野球監督にこだわる理由は何なのか。そんな疑問をぶつけたこともある。

 前田監督は「過去の栄光は、私にとってはどうでもいいことなんです」ときっぱりと語り、こう続けた。

「目の前の選手たちをうまくしてやりたい。その思いだけなんです」

 前田監督の思いとは裏腹に、帝京は甲子園からすっかり遠ざかっている。もちろん、選手は懸命に戦っている。それでも憎まれるくらい強かった帝京の時代を知る者からすれば、寂しさを募らせる年が続いていた。

 そんな時期を経て、迎えた神宮第二球場のラストゲーム。帝京は日大三の猛攻を耐え抜いた。前田監督は「三高はバッティングがいいから、ウチのピッチャーが持ちこたえられなければワンサイドゲームもあるなと思っていた」と本音を明かす。

 奪った点は相手のエラーで得たチャンスから、内野ゴロとスクイズで得た2点のみ。守っては田代涼太、柳沼勇輝という左右両腕の継投で1失点に抑えたものの、両投手とも打たせて取るタイプである。全盛期の帝京のイメージからすれば、投打とも迫力不足なのは明らかだった。

 それでも帝京が勝ったことに「奇跡」というムードはなく、前田監督の表情にも明らかな手応えが見てとれた。これまで前田監督が選手に求め続けてきた「戦う意志」が今のチームは強いのではないか。そう聞くと、前田監督は「うん、うん」とうなずいて、こう答えた。

「私は常に(戦う意志を)持っていますけど、今の子たちだからね……。でも、今年のチームはキャプテンが締めて、選手同士でやり合っていますよ。選手が動いているから、監督はやる必要はありません。選手の邪魔をしないようにしていますよ」

 主将の加田拓哉はセンターの守備でダイビングキャッチを2度成功するなど、好守を連発した。試合後、加田の右腕は人工芝との摩擦で真っ赤に腫れていた。

「無意識で突っ込みました。腕は痛いです。1回目のダイビングで擦れて、2回目で血が出ました。親指はやけどしています。打てない分、気持ちをしっかりリセットしたので好プレーが出たのだと思います」

 主将の加田、1年時から二塁手のレギュラーを獲得した小松涼馬という2人の中心選手には、「大阪出身」という共通点がある。加田は住吉ボーイズ、小松は富田林リトルシニアと、それぞれ大阪の中学硬式クラブチームに所属していた。帝京の近隣に私営の寮ができ、今まで以上に越境入学者を呼びやすくなったのだ。現在はベンチ入りした5選手が寮生活を送っている。

 前田監督は加田と小松の”大阪組”を「向こうの子はハートの強さがあるね」と頼もしそうに評価する。

 加田は入部当初、地元出身のチームメイトに対して「控え目であまり人に何かを言わないんだな」と感じたという。息が合う小松とともに「チームを変えていこう」と、意識改革を進めてきた。その背景には、帝京OBから託された思いがあると加田は語る。

「OBの方から、いろいろとお聞きしたんです。『今の帝京は馴れ合いになっている。味方同士でも潰し合うくらいじゃないと、本当にしんどいときに力を出せないぞ』と言われました。自分がキャプテンになってから、1つのミスでケンカをしてもいいから、流さずに言い合おうと徹底しています。みんなついてきてくれましたし、今は自分が言わなくても、1年生を含めてみんなが言え合えるようになりました」

 帝京にはかつて、シートノック中にだらしないプレーを見せた選手に対して「どいとけ!」と罵声を浴びせる風習があった。いかにも勝利に対して厳しく、1球にこだわる帝京ならではの風習だったが、いつしか選手間で厳しいことを言い合えなくなっていた。そこで新チームでは「どいとけ!」の声が復活したという。二塁手の小松は言う。

「強かった時の帝京にあって、今の自分たちにないものは何なのか。それを知ることが甲子園への近道だと思うので。練習ではとことんプレッシャーをかけて、厳しく言い合います。みんなには『練習で厳しく、試合で楽をしよう』と言っています」

 大阪出身と言えど、帝京への思いは強い。小松は7歳上の兄・健太さんが熱心な高校野球ファンで、帝京の大ファンだったという。

「兄は智弁和歌山との試合(2006年夏の甲子園準々決勝・13対12で智弁和歌山が帝京に逆転サヨナラ勝ちを収めた大乱戦)を見て、帝京のファンになったんです。僕が帝京に行くことが決まって、帝京のことをいろいろと教えてくれました。厳しいイメージがあったみたいで、『ついていけるんか?』と心配してくれました」

 今秋の東京都大会では関東一、日大三と難関を相次いで突破し、ベスト4に進出。久々の春のセンバツ出場が見えてきたが、前田監督によると「試合が終わってすぐ、選手たちの間から『まだまだ』という声が出ていた」と気持ちが緩んだ様子は見えない。

「なにわのド根性」が注入され、蘇りつつある帝京魂。その戦いには、技術だけでは測れないたくましさを感じる。

著者:菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る