元女子大生マネージャーが語る慶大野球部の強さ「悪い補欠がいない」

元女子大生マネージャーが語る慶大野球部の強さ「悪い補欠がいない」

 開幕からの9連勝で今秋、3シーズンぶり37回目の東京六大学リーグ制覇を果たした慶應義塾大学。2015年に大久保秀昭監督が就任後、2年間は優勝から遠ざかったが、ここ7シーズンは勝ち点4を挙げる安定した強さを見せた。6シーズンで3度の優勝――東京六大学の名門はどのようにして甦ったのか。昨年、東京六大学史上初の女性主務を務めた小林由佳が強さの秘密を語る!

* * *

 2017年秋、2018年春と連覇を果たし、2019年秋のリーグ戦でも優勝を飾った慶應義塾体育会野球部に、甲子園球児は多くない。毎年のように甲子園のスターが入ってくる早稲田大学や法政大学、明治大学など強敵を相手に、7シーズン連続で勝ち点4を獲得。選手が入れ替わっても、安定した強さを誇っている。


東京六大学野球秋季リーグで優勝した慶應大学野球部

 2018年に東京六大学史上初の女性主務になる小林由佳が、慶應義塾体育会野球部に入ったのは2015年春のこと。当時、野球部には200人もの部員がいた。4年生で試合に出て活躍する選手が多い半面、就職活動に専念するためにグラウンドに顔を出さない選手もいたという。東京六大学リーグでの優勝を目標に掲げていても、全員が一丸になるには難しい環境だった。

 4年生にはキャプテンの横尾俊建(北海道日本ハムファイターズ ) や山本泰寛 (読売ジャイアンツ)、3年に矢崎拓也(旧姓・加藤。広島東洋カープ)など実力のある選手がたくさんいたが、2015年春は優勝に届かなかった。

 小林が振り返る。

「大久保監督が就任されたばかりで、今と比べれば、選手とのコミュニケーションという意味で十分ではなかったのかもしれません。個々の能力がありながら、優勝できませんでした。私は部員のひとりとして、チームの優勝を全員で喜べるようにしたいと思っていました。

 私たちが3年生になった時には、1学年上の先輩が4年生をうまくまとめてくださり、試合に出ないメンバー外の選手たちも練習のサポートをしてくれるようになりました」

 2017年春は、立教大学の18年ぶりのリーグ優勝、59年ぶりの日本一に沸いたシーズン。その陰で密かに改革を始めていた。

「4年生がサポートに回り、1、2年生の練習の時間を増やす。そういう流れが自然とできました」

 その成果はすぐに出た。秋季リーグ戦初戦の東京大学との試合を落としながら、最後の早稲田大学戦で2連勝し、9勝3敗1分、勝ち点4で7シーズンぶりに東京六大学リーグを制した。4年生の「献身」が呼び込んだ優勝だった。

「優勝したことで、4年生がしてくれたことが間違っていなかったと証明されました。私たちの学年はレギュラーがほとんどいなかったので、その形を踏襲しようということになりました」

【「補欠思い」のチームは強い】


女性主務としてチームを支えた小林由佳さん

「東京六大学史上初の女性主務」が誕生したのは、秋季リーグ戦が終わったあと。4年生が中心となってデータ班を組織し、バッティングピッチャーを回した。37人が後輩たちのサポートに徹する形でチームはスタートしたのだ。

「監督からの要請で学生コーチになった人も、自分から志願してデータ班に回った人もいます。最後には、みんなが、『どうすればチームの役に立てるか』を考えて、自分で決断しました」

 他大学同様に、甲子園で活躍し鳴り物入りで神宮球場に乗り込んでくる者もいる一方で、高校時代に華々しい実績はないものの、東京六大学でプレーすることを目指して浪人して入ってくる選手もいる。

「みんな、慶應に入ってきたならば、自分が活躍して優勝したいと考えるでしょう。で
も、全員が試合に出ることはできません。だからといって、支える側に回るまでには相当な覚悟が必要なはずです」

「誰かのために」と思う人が多ければ多いほど、チームは強くなる。

「自分が活躍できなくても、チームが勝てばいい。部員たちは、少しずつ、そう考えるようになったのではないでしょうか。優勝を経験したことでその思いは強くなっていきました」

 そんな意識をどうやって共有するようになったのか。小林はミーティングの重要性を説く。

「私たちが最上級生になるとき、試合に出られる4年生が少ないことはわかっていました。なので、3年生の春くらいから定期的に学年ミーティングを開きました。就職活動も考えなくちゃいけない時期になるので、『みんなでひとつのチームだよね』と確認し合いました」

 ときには、練習が始まる前のグラウンドで、あるときは、寮に集まって。「どうやってチームを作るか」をみんなで話し合うことで、同じ意識を持つことができたのだ。

 試合に出る選手は全員の前で決意を述べた。下級生のときにリーグ戦に出ていた選手から「コーチに回る」という宣言が飛び出したこともあった。

「みんながみんな、リーダータイプではありません。でも、それぞれの持ち場で『チームのために』と考えてくれました」

 2018年春季リーグ戦で慶應義塾大学は9勝4敗、勝ち点4で連覇を果たすことができた。これは、 27年ぶりの快挙だった。

「3年生以下の選手がたくさん試合に出ていて、彼らが『先輩のために頑張ろう』と思ってくれたようです。それで、結果的に『補欠思い』のチームになったんじゃないでしょうか」

「補欠の力」とは、他人の能力を素直に認めること。「誰かのために」動ける力なのかもしれない。

「悪貨は良貨を駆逐する」ということわざがある。悪いことやものがはびこると、善が滅びるという意味だが、組織の中に「悪い補欠」がいれば、チームはまとまりを欠き、空中分解も招きかねない。

「はじめのうち、そういう選手もいました。グラウンドに来ない、ミーティングに遅刻する。自覚が足りないんじゃないかという人が。でも、学年全員で徹底的に話をすることで、そういう行動はなくなりました」

 ペナルティとして、草むしりや寮の掃除が科せられることもあったという。

「選手同士のもめごともありました。だけど、正面からぶつかったことで、チームとして壁を越えられたんだと思います」

 子どものころ、器械体操の選手だった小林に団体スポーツの経験はない。しかし、彼らの喜ぶ顔を間近で見て、わかったことがある。

「コーチになった人が、後輩が活躍するのを見た時。データ班がつくったデータを生かして誰かがヒットを打った時。関わった人はすごくうれしそうな表情をしていました。『いい補欠』とは、他人の活躍を心から喜べる人。『自分事』にできる人だと思います。チームメイトの成功も失敗も『自分のことのように』感じる力のある人です」

 バッティングピッチャーをつとめる同期が、試合のあとで次のように発言したことに、小林は驚き、感心したという。

「もっと違う球を投げてやればよかった。どうすれば、明日、あいつが打てるかな?」

 4年生は野球部の鑑(かがみ)だ。後輩たちは彼らの背中を見て、何かを学んでいるのだろう。

「雑用に関しても、1年生に強制するのではなく、4年生が率先して、特にキャプテンや学生コーチ、主務がやるようにしました。チームに慣れている4年生がやれば、下級生がストレスを感じることが少なくなるからです」

 チームにとって、優勝こそが良薬だ。勝つことでチームへの思いを確認することができ、脇から支える人の存在に日が当たる。

「3年の秋に優勝したときに、そう感じました。春の慶早戦で負けて優勝を逃した悔しさがありました。みんなで『どうすれば勝てるのか』を考えたことが、秋の優勝という結果につながったんだと思います。春に負けたから秋に勝てたし、秋の優勝が翌春の連覇につながりましたね」

【努力を続けている人にチャンスを】

 東京大学を除く五大学の中で、甲子園球児の割合は慶應義塾大学が一番少ないが、高校時代に無名だった選手が才能を開花させることが多いのが近年の特徴だ。

「高校時代にそれほどの成績を残していない選手が慶應に入ってから伸びるのは、頂点を経験していないからだと思います。ハングリー精神も、向上心もあります。一浪して入学してきた選手が活躍することも珍しくありませんが、いろいろな経歴の選手が入り混じって競争するところがチームの強さにつながっているのかもしれません」

 慶應義塾大学OBの大久保監督は、社会人野球で活躍し、オリンピックもプロ野球も経験した名選手。選手の名前にこだわらず、実力を見定めて試合に起用することで、3度の優勝を勝ち取った。

「苦労して上がってきた選手をものすごく大事にしてくれる監督です。自分の特長を最大限に生かす人、チームにいい影響を与える人、努力を続けている人にチャンスを与えてくれますね」

 選手の努力を、色眼鏡なしで見る監督が「補欠の力」をさらに引き出した。2018年、慶應義塾大学の投手のうち、甲子園に出場した経験のある投手はひとりだけだった。それでも、甲子園球児を揃えたチームに勝つ。そこに慶應義塾大学の強さがある。
 
 慶應義塾体育会野球部で、逆境にありながらも「逃げない補欠」を見てきた小林は、書籍『レギュラーになれないきみへ』のなかで、出場機会に恵まれない選手へメッセージを送っている。

「自分が試合に出られないからといって、その競技まで嫌いになってほしくありません。補欠になったから野球を嫌いになるのはもったいない。自分から裏方に回るという決断をするのは難しいけど、関わりは続けてほしいなと思います」

 誰かがきっと、努力する姿を見てくれていると小林は考えている。

「野球のよさは、ホームベースを踏んだ人のまわりに人が集まるところ。ヒットを打った人ではなくて、ランナーのまわりに。団体競技だからチームの力が必要で、それはいろいろな人の支えでできています。補欠の力があってこその団体競技。そのことを私は肌で感じてきました。

 逆境に立ち向かえば自分のプラスになると思うので、絶対に逃げないでほしい。一回逃げたら、逃げ癖がついちゃうから」

 秋季リーグ戦最後の早稲田大学戦で勝ち点を落とした慶應義塾大学。その悔しさを胸に、今季限りでの退任を発表した大久保監督のもと、11月15日に開幕する明治神宮大会に臨む。

著者:元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る