消滅する近鉄のホーム最終戦。松坂と中村は抱き合い、選手は号泣した

消滅する近鉄のホーム最終戦。松坂と中村は抱き合い、選手は号泣した

【ホーム最終戦での歓喜と涙】

 15年前のこの試合を、どれだけの人が覚えているだろうか。

 2004年9月24日、大阪近鉄バファローズの本拠地である大阪ドームに4万8000人のファンが集まった。


ホーム最終戦を終えた近鉄の選手たち

 西武ライオンズが2−1とリードして迎えた5回裏、松坂大輔が二番手としてマウンドに向かった。プロ野球界を代表するエースが登板したのは、最優秀防御率のタイトルを狙うため。1イニングを0点で抑えれば、ライバルである近鉄の岩隈久志の射程から逃れることができた。

 しかし、予定の1イニングを三者凡退で抑えた松坂は、6回裏もマウンドに上がった。バッターボックスでは、”いてまえ打線”の四番・中村紀洋がバットを高々と掲げていた。
 
 松坂がストレートを投げる。中村は空振り。球速表示は149キロ。

 2球目のストレートをまたも強振して空振り。150キロ。

 3球目。149キロのストレートを打ち返した打球は、力なくセカンドに転がった。

 試合前に「ブルペンで(調子が)悪ければ投げない」と話していた松坂が、なぜこの日の登板を決めたのか。タイトルを引き寄せるために上がったマウンドで、なぜ被弾のリスクを冒してまで中村に真っ向勝負を挑んだのか。

 それは、「近鉄の最後のホームゲーム」だったからに他ならない。まもなく消滅してしまうチームに対する敬意、最後のホームゲームを見るために大阪ドームに集まったファンへの思いがあったのだ。

 満員のファンの声援に包まれ、2−2の同点になった試合は延長11回まで続いた。その裏の近鉄の攻撃、1アウト二塁で星野おさむが放った打球がライト線を破った瞬間、一塁側ベンチから選手が飛び出した。男たちの歓喜の抱擁は、ゆっくりと別れの儀式へと変わっていく。笑顔はすぐに泣き顔になった。

 その年限りで引退することになる加藤伸一と赤堀元之、ケガから復帰したばかりの吉岡雄二、エースの岩隈、ベテランの水口栄二……球団の歴史に輝かしい足跡を残した主力選手、栄光を夢見て近鉄のユニフォームに袖を通した二軍選手たちも外野に向かった。

 サインボールを投げ込み、ファンに手を振る。選手たちの瞳からは、拭っても拭っても、涙がこぼれ落ちる。三塁側ベンチ前では、中村が松坂と抱き合った。

 岩隈はその瞬間をこう振り返る。

「試合後に球場を回った時、涙が止まらなくなりました。球団の歴史を考えたら、僕はそんなに長くプレーしたわけでもないのに、自分のチームがなくなると、こんな気持ちになるのかと……さびしくて、さびしくて」

 そんなチームメイトを見ていた礒部公一は言う。

「ベテランはもちろん、在籍期間の短い若手も、『本当に近鉄の一員になってくれたんだな』とうれしくなりました。年数じゃないですよ。近鉄の色にみんなが染まってくれた証拠でしょうね」

 グラウンドを回り終えた選手たちが、一、二塁間に整列し、ライトスタンドを背に記念撮影を行なった。前列に座った礒部の胸には、その年の5月に急死した鈴木貴久二軍打撃コーチの遺影が抱えられていた。

 1月31日に勃発したネーミングライツ(球団命名権)の売却問題、6月13日にいきなり表面化したオリックスとの球団合併、リーグ再編問題に端を発した史上初めてのストライキ……さまざまな問題に揺れたプロ野球にとって、70年の歴史の中で大きな区切りとなる一日だった。

【誰にも渡せなかった監督のバトン】

 この日の試合前、監督の梨田昌孝の元を、西本幸雄が訪れた。”お荷物球団”と揶揄され続けた弱小球団を2度のリーグ優勝に導いた名将は「ご苦労さん、しんどいことをさせてしもうたな」とつぶやくように言った。

 2000年に監督に就任した梨田にとって、西本は師匠であり、父親であり、恩人だった。一方の西本からすれば、2連覇を果たしたチームのキャッチャーだった梨田は、手塩にかけて育てた弟子になる。

「大阪ドームでの最後の試合、西本さんはわざわざ足を運んでくださいました。ねぎらいの言葉しかなかったですね。『つらいことをさせたなぁ』と。近鉄は最下位もあったけど、それなりに優勝も狙えるようになっていただけに……。84歳(当時)のご高齢なのに、顔を見せてもらって本当にありがたかったですね」

 かつて、ともに優勝を目指して戦った師匠と弟子に、多くの言葉はいらない。

「たぶん僕もそうですが、西本さんも少し涙ぐんではったように、目頭が熱くなっているように見えました。僕はこれまでに西本さんの涙なんか一度も見たことないけど、あの時はちょっとそうなっていた感じを受けましたね。『近鉄がなくなったら、さびしくなるやないか』と言って」

 ホーム最終戦が行なわれた時点で、チームがオリックスと合併して「オリックス・バファローズ」になることは決定済み。野球ファンを魅了してきた近鉄バファローズが、この世から消えようとしていた。

 選手、コーチ、監督として29年間もそのユニフォームを着た梨田の胸中は複雑だった。55年の歴史を刻みながら、一度も日本一にのぼりつめることなく、チームが消滅を迎える無念さがあったからだ。

「僕は教え子やったから、西本さんが届かなかった日本一に、何としてでもなりたかった。2001年にリーグ優勝して日本シリーズに出た時には『冥土の土産に日本一になりますよ』と言ったんですが、できなかった。鈴木啓示さん、佐々木恭介さん、そして僕と、西本さんと一緒に日本シリーズに出たメンバーが監督をやってきた。でも、僕は誰にもバトンを渡せなかった。これは本当につらい。合併については、『どうにかならんかったんか』という気持ちが強い。心残りがありますよ」

【すべての背番号が近鉄バファローズの永久欠番】

「みんな、胸を張ってプレーしろ。おまえたちがつけている背番号は、すべて近鉄バファローズの永久欠番だ」

 試合前に梨田から聞いたこの言葉を、礒部は今でも覚えている。

「試合前に選手を集めて、オーナーや球団社長が話をしたんですが、素直に聞けなかったというのが正直なところ。でも、最後に梨田さんの言葉を聞いて、選手はみんな、『よし!』と思ったんじゃないですか」

 この日は完全ノーサインで試合を進めた。梨田の仕事は、選手を笑顔で見つめることだった。

「ピッチャー交代のたびにマウンドに行って、ボールを渡しましたよ。星野がヒットを打った瞬間『よかったな』と思った。最後のホームゲームだから胴上げされるつもりで待ってたのに、みんなが盛り上がって、それどころじゃない。誰も胴上げしてくれんのかと、ちょっとがっかりした(笑)」

 梨田はこの2日後、オリックスとのシーズン最終戦のあと、神戸で5度、宙を舞っている。

【近鉄は奇跡を起こすチームだった】

 近鉄の選手たちはもちろん、ホーム最終戦での梨田の胴上げを計画していたが、星野のサヨナラヒットで吹き飛んだ。

 礒部が言う。

「この試合の前に、梨田監督を胴上げしようとみんなで相談していたんですけど、星野さんのサヨナラヒットが出て、セレモニーが始まって、集合写真を撮ってという流れになってしまって……西武の選手たちも最後までセレモニーに付き合ってくれて、みんなと握手して、抱き合いました」

 梨田はこの日、こんなコメントを残した。

「近鉄は奇跡を起こすチームだった。いい選手、コーチ、裏方さんに恵まれてきた。みんなに支えられて、感謝しかない。チームはバラバラになっても、今日の気持ちを忘れずに、それぞれの野球人生を歩んでほしい」

 2リーグ制になった1950年、パ・リーグに加わった近鉄は55年間、優勝を目指して戦った。

 1950年から4年連続で最下位。その後も”お荷物球団”と言われるほど弱く、勝率3割を切る年もあった(1952年は勝率2割7分8厘、1958年は勝率2割3分8厘、1961年は勝率2割6分1厘)。

 西本が監督に就任するまでの24年間で、14回も最下位を経験している。初めてAクラスに入ったのは1969年(勝率5割8分9厘)。初めてリーグ優勝したのは1979年と、当時の12球団の中で最も遅かった。

 1979年以降の26年間でリーグ優勝は4回。鈴木啓示、阿波野秀幸、野茂英雄、岩隈というリーグを代表するエースがいた。大石大二郎、小川亨、羽田耕一、栗橋茂、中村紀洋、鈴木貴久、タフィ・ローズなど個性のあるバッターもたくさんいた。西本、仰木彬、梨田という優勝監督も、4度敗れた日本シリーズも……。2004年、すべてが「過去のチームの歴史」になった。

著者:元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る