宮司愛海アナが日本シリーズで驚愕。 ホークス甲斐拓也の配球の妙

宮司愛海アナが日本シリーズで驚愕。 ホークス甲斐拓也の配球の妙

宮司愛海連載:『Manami Memo』 第5回

前回の記事はこちら>>

 フジテレビの人気スポーツニュース番組『S-PARK』でメインキャスターを務める宮司アナの連載『Manami Memo』。番組で携わってきた競技や取材した選手の魅力について語ってもらいます。第5回のテーマは、「プロ野球」。スコアブックをつけながら取材した福岡ソフトバンクホークスと読売ジャイアンツの日本シリーズについて。


野球取材時に必要なマイ・スコアブックを持って撮影


 元号が令和になって初めての日本シリーズ。3連覇のかかるソフトバンクホークスに対するは、2013年以来6年ぶりの出場となる巨人。2000年以来の顔合わせとなったこの戦いは、今季限りで引退を表明した阿部慎之助選手の引退試合となることからも多くの注目を集めました。

 結果はホークスの3連覇。しかもCS(クライマックスシリーズ)ファーストステージ初戦での敗戦を除くと10連勝での日本一と、まさに桁外れの強さを見せたソフトバンク。いったいその強さはどこから来るものだったのでしょうか。

『S-PARK』では、第1戦の試合前にチームの守備の要であるキャッチャーのおふたりに話を伺っていました。

 まず巨人の小林(誠司)選手が語ったのは、「ホークスのバッターは1番から9番まで打線に切れ目がなく、足も使えて総合力のあるチームなので、何かを意識させたい。自分なりに観察して、感性を研ぎ澄ませていきたい」ということ。シリーズ中にその何か、を見つけていこうという戦い方だったのだと思います。

 その一方で、ソフトバンクの甲斐(拓也)選手が語っていたのは、1戦目の時点ですでに日本シリーズ全体を見通した戦い方でした。

 日本シリーズは最大7試合ですから、1試合4打席とすると、1人の打者につき最大で30打席くらい打席が回ってくる計算になります。そのことを踏まえて、甲斐選手は「探るよりもこちらから仕掛けたい、攻めていきたい」と語っていたのです。

 例えば、「巨人はCSファイナルの阪神タイガース戦で、スチールだったり、丸(佳浩)選手がセーフティスクイズをしたり、普段はしないようなことをしていたので、後手に回るよりもまずは仕掛けてみよう」と話し、積極的な配球を示唆していました。

 実際に第1戦、甲斐選手と千賀(滉大)投手のソフトバンクバッテリーが坂本(勇人)選手への最初の打席で初球に選んだのはインコースでした。





 坂本選手と言えば、うまく腕を折りたたんでインコースを打つのがうまい選手。それでも、あえて得意なコースから入ったというのは、最初から攻めていこうという姿勢の表れ。しかも、全6球のうち5球がインサイドへの球で、これには一緒に取材していた谷繁元信さんも「この時点ですでに、このバッテリーは普段とは何か違うことをやろうとしている」と驚いていました。

 試合後、先発した千賀投手が話をされていましたが、じつは決め球であるフォークの精度がこの日はあまりよくなかったそうです。そんななか、フォークに頼らず、坂本選手や岡本(和真)選手に対しインコースのストレートで勝負したり、7回のピンチでは代打の重信(慎之介)選手に対しカットボールで三振を奪ったり。ソフトバンクバッテリーの引き出しの多さが表れていた試合だったと感じました。

 そして、最終戦となった第4戦の試合が終わった後にも甲斐選手にお話を伺いました。

 そこで明らかになったのは、1戦目から一番抑えなければいけないと思っていたのが2番打者の坂本選手だったということ。

「CSを見ていて思ったのは、岡本選手も丸選手も打っていた中、僕はまず勇人さん(坂本選手)だなということ。最初に何もしなかったら、後の試合これから何十打席と続いていく中で絶対気持ち悪さが残ると思っていたし、そういう意見はさせてもらいました。」

 巨人封じ・最大のキーポイントが坂本選手であるという推測の元、バッテリー内でその考え方・戦い方を共有し、シリーズ通しての攻め方を考えていたということなのです。

 実際に、第1戦の最初の打席、坂本選手への初球インコースが後々効いてきたということを谷繁さんも振り返ってお話しされていましたが、甲斐選手の攻めの配球、そしてその裏に隠されたバッテリーの巧妙な作戦こそが、ホークス3連覇への鍵となったといえるのではないでしょうか。

 谷繁さんが「バッテリーは物語を作らなくてはいけない」とお話しされていたように、一つ一つの打席を区切って考えるのではなく、先のことを考え常に逆算しながら今の攻め方を考える。どういう物語を作っていきたいのか考えて戦うということ。これがバッテリーにとって大切なことなのだそうです。

 今回は、その「物語」をよりうまく紡げたのがソフトバンクバッテリーであった、ということなのでしょうか。

 とにもかくにも、この「バッテリーの戦い方」がより明確に表れる短期決戦、奥深いなあと思いました。

 私が野球に携わるようになってから丸2年。最初はバッティングに目が行きがちで「打てない=調子が悪い」という見方になってしまっていました。しかし、段々と今回のように見方が変わってきつつあります。

 取材のときはスコアをつけながら見ていますが、たとえば第1戦の千賀投手が7回1失点と記録上すばらしい内容であったにも関わらず、じつはフォークの調子の悪さに苦戦し、いつもと違う組み立て方をして戦っていたように、「スコアや記録には表れない部分」が本当に多いように感じています。

 ぜひ皆さんも、バッテリーの配球やその裏に隠された思い、スコアに表れない部分というのを感じながら野球観戦してみると、また違った楽しみ方ができるのではないでしょうか。

 最後に、番組の宣伝になってしまい恐縮ですが、今年も『中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞2019』が12月1日(日)夜7時から放送されます。

 選手の皆さんが全力で戦ったからこそ生まれた珍プレー好プレーの数々、是非ご覧ください!


こちらが宮司愛海アナ直筆のスコアブック。取材熱心なところがうかがえる


Profile
みやじ・まなみ。91年7月29日生まれ
2015年フジテレビ入社
福岡県出身。血液型:O型
趣味:1人カラオケ、ピアス集め
好きなもの:スニーカー、音楽、寄席
モットー:「めげない」「人事を尽くして天命を待つ」
担当番組:『S-PARK』『潜在能力テスト』など


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る