今宮健太が甲子園で見せた伝説の10球。「チビでもやれる」と証明した

今宮健太が甲子園で見せた伝説の10球。「チビでもやれる」と証明した

 今宮健太(ソフトバンク)の高校時代は、打って通算62本塁打を放ち、投げて最速154キロをマークする超高校級の”二刀流”だった。

 そんな今宮を初めてみたのは、今から12年前の秋。明豊高校(大分)の1年にして「1番・ショート」で出場していた神宮大会だった。明徳義塾(高知)に敗れた試合後、今宮は悔しさたっぷりに強い口調でこう言った。

「絶対にまた明徳とやって勝ちたいです。同じ相手には負けたくないんです」

 間近で見る今宮は、スタンドで見ていたよりも小柄で、体つきも幼かった。それでも攻守に高い可能性を感じたプレーはもちろん、鼻っ柱の強さと野球好きオーラが全身から漂っていて、一瞬にして大ファンになった。


明豊時代に3度の甲子園に出場し、投打で活躍した今宮健太

 それからは3度出場した甲子園はもちろん、大分や九州大会が開催されていた沖縄にも足を運び、今宮を追いかけた。

 2年春のセンバツ、常葉菊川(静岡)に初戦で敗れた試合のスコアカードには、今宮についてこんなメモ書きが残っている。

 まず、先発した投手・今宮について。「ハイテンポ」「上体が反り気味」「シュート回転」「秋のMAX138キロ」「相手なりに強弱の投球センス」。

 打者・今宮についてはこうだ。「ミート力高い」「外寄り、低め、拾うセンスあり」「振れる」「体幹が強い」「秋は打率5割超え」「次の塁を狙う意識高い」。

 この時点では、まだ好選手のひとりにすぎなかった。それが翌年になると、一躍ドラフト1位候補として注目されるほど、スケールアップしていった。とくに3年春から夏までに30本塁打以上を量産したバッティングの成長は著しく、全国屈指の強打者になった。

 そしてもうひとつ興味を持ったのが、花巻東(岩手)のエース・菊池雄星(現シアトル・マリナーズ)との対決だった。3年春のセンバツで初めて対戦し4打数1安打。1打席目は初球の真ん中高めのボールゾーンのストレートをライト前に弾き返した。しかし、残りの3打席は本気で抑えにきた菊池の前に見逃し三振、ファーストゴロ、セカンドゴロ。いずれも勝負球はインコースに厳しく食い込んでくるストレートで、1安打したものの、内容的には今宮が完敗だった。

 試合後、菊池との対戦について、今宮はサバサバした表情でこう振り返った。

「(インコースに)100%くるとわかっていても打てなかった。スピードも威力もあったし、本当にいい球でした」

 のちに、今宮が「インズバ」と表現するようになった菊池のインコースの球をいかに攻略するのか。夏に向かっての興味は、その一点に絞られた。

 そして最後の夏、大分大会を勝ち上がり甲子園へとやってきた明豊は、島袋洋奨(元ソフトバンク)を擁する興南(沖縄)、秋山拓巳(阪神)がエースの西条(愛媛)、庄司隼人(元広島)のいる常葉橘(静岡)と好投手が揃う強豪校を次々と撃破し、準々決勝で花巻東と再戦を果たした。

 しかし、十分なコンディションになかった菊池のボールは本来のものではなく、5回途中で降板。「インズバ」をめぐる攻防戦も実現されることはなかった。

 一方で、この試合で強烈に印象に残っているのは、「投手・今宮」だった。今宮は先発のマウンドに上がったが、4回途中4失点で降板し、本職のショートではなくサードに入った。あとを継いだ投手陣が踏ん張り、打線も奮起。中盤に試合をひっくり返し、2点リードのまま9回表を迎えた。

 ところが、ここから花巻東が意地を見せて同点とし、なおも一死二塁と明豊のピンチは続いた。すると、この緊迫した場面で今宮がサードのポジションからマウンドに歩み寄り、背番号10の2年生投手・山野恭介(元広島)の頭をグラブでポンポンとしながら声をかけた。

 この時、山野は同点に追いつかれた責任や不甲斐なさから涙ぐんでいたという。そこへ今宮が「あとは任せろ!」と、自らの意思で再びマウンドへと上がったのだった。

 じつはこの時、今宮はタイムをかけずにポジションを離れたため、それを見た二塁走者が三進。一死三塁の大ピンチとなったが、「二塁も三塁も変わらない。自分の得意とするストレートを全力で投げるだけでした」と語ったように、まるでお構いなし。そしてその言葉どおり、スタンドまで気迫が伝わってくる圧巻の投球で2者連続三振。このシーンについて、試合後、今宮はこう振り返った。

「アイツ(山野)とは小学校の頃から同じチームでやってきて、高校も自分のいる明豊に来てくれた。ほんとかわいいヤツなんです。あの場面、アイツがどういう気持ちなのかわかったし、ここは自分が抑えないといけないと思って……それが力になりました。もう一緒に野球をすることはないと思うんですけど、アイツと野球をするのが一番楽しかったので……」

 今宮が投じた10球のうち8球がストレートで、そのうち2球が自己最速となる154キロだった。今宮健太という野球人としての能力の高さ、男としての魅力が詰まった、じつにしびれる場面だった。

 試合は10回表に今宮がタイムリーを許して明豊は敗れた。試合後の今宮は、こんな言葉で高校野球生活の最後を締めくくった。

「こんなチビでも150キロを投げられるってことを、野球をやっている子どもたちに見せられたんじゃないかなって思います。本当に、こんなチビでもやれるってことを甲子園で証明したかったので、そこは伝わったんじゃないかなと思います」

 当時の資料によると、今宮のサイズは171センチ、69キロ。この小さい体のどこにこれだけのパワーが潜んでいるのか……今宮のプレーを見るたび、「サイズは関係ない」とつくづく気づかされたものだ。

 先の巨人との日本シリーズ第4戦。ソフトバンク1点リードの9回裏、一死から三遊間の深い位置にゴロが飛んだ。タイミングは際どく、アウトの判定に巨人はリクエストを要請した。

 この試合をあるNPB関係者とテレビで見ていたのだが、その人は即座に「絶対にアウト」と言った。たしかに、私の目にもアウトに見えたが、その人はさらにこう加えた。「今宮ですから」と。

 どんな位置からでも、どんな体勢からでも、強く生きた、かつ正確にコントロールされた球を投げられるのが今宮なのだ。

 そう言えば、以前、今宮の母・一子さんがこんなことを話していた。

「赤ちゃんの時にガラガラと鳴るおもちゃを渡すと、普通の子はそれを振ったりして音を楽しむのに、健太はすぐに投げるんです。それを見て、『ああ、この子は野球をやるために生まれてきたんだ』と思って、精一杯、教えてあげないといけないと思ったんです」

 一子さんは、今宮が所属していた少年野球チームでコーチを務め(父・美智雄さんが監督)、野球のイロハを教えた人でもあるが、その話を聞いて「投げる」が今宮の野球人としての出発点だと思ったものだ。

 もし、今宮が野手ではなく投手として野球を続けていたら、どんな野球人生を送っていたのだろうと、ふと考えることがある。

 ともあれ、あの頃も今も、今宮健太はじつに魅力的で、頼れる男であることは何も変わっていない。

著者:谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る