野球日本代表 オリンピックの記憶〜1984年ロサンゼルス大会
証言者・宮本和知(2)

前回の記事はこちら>>

 1984年8月7日、ロサンゼルス五輪。

 野球の決勝はアメリカと日本が対戦することになった。日本の先発のマウンドを託されたのは、伊東昭光(本田技研、のちにヤクルト)。準決勝のチャイニーズ・タイペイ戦で延長10回途中まで投げたアンダースローの吉田幸夫(プリンスホテル)もブルペンでスタンバイしていた。日本はこの試合でも、これまでにつくり上げた”伊東、宮本、吉田”という勝ちパターンの3人による継投を目論んでいた。


ロス五輪の決勝でアメリカを破り、金メダルを獲得した野球日本代表メンバー

 そのうちのひとり、サウスポーの宮本和知(当時、川崎製鉄水島、のちに巨人)の脳裏には、決勝直前に見たある光景が焼き付いている。

「アメリカの選手たちがガムを噛んでいたんですよ。あの頃の日本の野球にはあり得ないことでした。チャラチャラしているというか、ダラダラしているというか……いや、いま思えば、ガムを噛んでいただけなんですけど(笑)。高校野球で育って、厳しい監督のもとで野球をやってきた僕からすれば『何、ガム噛んでんだよ』って思いました。アメリカ人にとってはそういう文化のなかで育ってきたんですから、それが当たり前なんでしょうけど、僕らには抵抗がありましたね。

 しかも、ごっついアメリカ人がガムをクチャクチャ噛んでいると、それだけで強く見えたりして(苦笑)……。選手村でもね、日本人は、朝は早起きして、散歩して体操して、あとは部屋に閉じこもって本を読んだりするわけじゃないですか。でもアメリカ人は選手村のディスコで踊ったりするわけですよ。我々、日本人は競技者って感じで、アメリカ人はアスリートって感じなんです。普段はリラックスしながら『休む時間に踊って何が悪いの?』みたいな発想(笑)。『オリンピックだからって普段の生活を変えるの? オレたちは変えないよ』って感じ。考え方が日本のスポーツ界とはまったく違っていたんです。そういう類のことには何度も驚かされましたね」

 ドジャースタジアムの午後8時、決勝戦が始まった。

 アメリカの打線にはマーク・マグワイア、ウィル・クラーク、シェーン・マックら、のちにメジャーリーグで活躍するスーパー大学生たちが並んでいた。日本の先発、伊東は3回、そのマック(のちに巨人でもプレー)にレフトスタンドへ先制のソロホームランを浴びてしまう。

 対する日本もアメリカの先発、ジョン・フーバーから4回、4番の荒井幸雄(日本石油、のちにヤクルト)が同点タイムリー、5番の広澤克己(明治大、のちにヤクルト)が逆転タイムリーを放って、2−1と逆転に成功した。続く5回も日本は嶋田宗彦(住友金属、のちに阪神)のタイムリーツーベースで1点を追加。3−1とリードを2点に広げた。

 6回までアメリカ打線をマックの一発だけに抑えてきた伊東は、7回、ワンアウトからこの試合、初めてのフォアボールを2番のクリス・グウィンに与えてしまう。続くバッターは3番のクラーク。伊東がクラークを2−2と追い込んだところで、突然、松永怜一監督がベンチを出た。なんと、ここで宮本が投入される。

「そうでしたっけ……覚えてないなぁ。でもアメリカのバッターと対戦した時、僕の支えになったのは5月のキューバとの親善試合での経験でした。あの時、キューバのバッター、金属バットだったんですよ。後楽園球場だったですけど、よく覚えてます。キューバのバッターが金属バットをぶんぶん振り回すのが怖くてね。オリンピックも金属バットでしたけど、デカいバッターが金属バットを持つことへの免疫は、あの時に身についていましたね」

 宮本はクラークに対して、2−2からの1球目、得意のカーブを投じた。緩いタテのカーブにクラークはタイミングが合わず、引っかけてセカンドへゴロを転がした。これでワンアウト。続くバッターは、4番のマグワイア——。

「マグワイアにも、全球カーブだったと思います。キューバ戦でもカーブばっかりだったし、キャッチャーの嶋田(宗彦)さん、僕にはカーブのサインしか出さないんですよ。だからカーブを続けたら、ライト前へ打たれた……んでしたっけ」

 実際、この場面で宮本はマグワイアに対して5球続けてカーブを投げている。初球、2球目と高めに外れて、3球目、4球目はアウトコースでストライクを取った。2−2となった5球目、さすがにマグワイアもこれだけカーブが続けば、タイミングを合わせてくる。マグワイアはアウトコース低めのカーブを押っつけて、ライト前へ打ち返した。その打球を処理したライトの荒井が、中継に入ったファーストの広澤へ返す。その瞬間、3塁を回ろうとしたグウィンの動きを広澤が見逃さず、すかさずサードへ送球。グウィンがタッチアウトとなって、これでツーアウト1塁となった。

 しかし宮本は5番のコリー・スナイダー、6番のジョン・マルザーノに立て続けにフォアボールを与え、満塁となったところで、吉田がマウンドに上がる。ここで吉田がマックを三振に斬って取り、日本はこの試合、最大のピンチを切り抜けた。

 その後、日本には広澤の3ランホームランが飛び出す。9回、吉田もスナイダーに2ランホームランを打たれたものの、結局、6−3で逃げ切り、強敵、アメリカを下した。日本がロサンゼルス五輪で金メダルを獲得したのである。宮本はこう言った。

「金メダルを獲れたのは……急遽、召集されて行くことになったからかな(笑)。緊張する時間もなかったし、事の重大さもわからないうちに終わっちゃったって感じでしたからね。でも、大事だと思ったのは、やっぱり日本の野球を貫くということなんじゃないですか。細かい、足を生かした野球。最近は日本人にもパワーが備わってきていますけど、それでも2−2から突然、ピッチャーを代えたりすれば、相手は『おっ、何をやってくるんだ』と思うじゃないですか。

一球一球、野球を動かしながら、心理戦を仕掛けていくところが日本の持ち味だと思うんです。僕はあの時、オリンピックで金メダルを獲れたことによって、日本の野球が世界のトップレベルにあるんだということを、ファンに伝えられたことが何よりもうれしかった。日本の野球って、すげぇんだぜって……」

 出発の空港には見送ってくれる人はほとんどいなかったのに、帰国したときには凄まじい数のフラッシュに迎えられた。金メダルを獲って世界一になったことで、宮本は自らの野球人生に自信を持つことができたのだと言った。

「帰りの飛行機のなかで話したんです。『オレたち、世界一になったんだから、プロ野球選手になれるんじゃないの』って……アマチュアで頂点を獲ったんだから次はプロだよな、みんな、プロの世界で会おうぜ、みたいな、そんなノリでした」

 実際、ロサンゼルス五輪の全日本メンバー20名のうち、16名がプロの世界へ進んだ。そして今のところ、この金メダルは、日本の野球界がオリンピックで獲った、唯一の金メダルだ。オリンピックの金メダルを手にした日本の野球人は、この20人だけなのである。

著者:石田雄太●文 text by Ishida Yuta