八戸の冬はわりと穏やかだ。本州最北端の地・青森県下北郡大間町から車で2時間ちょっとの距離にありながら、晴天の日が多く、降雪量も少ない。とはいえ、夜になるとさすがに気温も下がり、北風が肌を突き刺すように吹きつける。

 そんな厳しい寒さのなか、八戸学院大のブルペンではひとりの投手が黙々と練習を続けていた。

「気温が0度以下の時でも、アイツは平気でボールを投げています。窓ガラスが割れて、冷たい風がピューピュー入ってくるようなところでも、自分が投げると決めたら200球でも250球でも平気で投げる。そんな男です」

 八戸学院大の正村公弘監督がそう話す男が、3年の大道温貴(はるき)である。昨年秋は大学ジャパン選考合宿にも召集された本格派右腕だ。


今年秋のドラフト候補・八戸学院大の大道温貴

 話は3年前の2017年2月までさかのぼる。新1年生が続々と入寮を果たすこの時期、大道はある目的のために学生寮の入口にある硬式野球部の事務室前にいた。正村監督が振り返る。

「入寮してすぐのことです。春のキャンプに行くまでの約1カ月間、大道は毎日ここに来て、シャドーピッチングをしていました。『オレを見てくれ』と言わんばかりに、毎日やって来て、『監督ちょっといいですか?』って」

 入学式もまだ終えていない入寮直後の新1年生である。並みの新人なら環境に慣れるだけでも必死な時期なのに、大道は違った。周囲の目は一切気にせず、ただひたすら自身の成長のためだけに監督のところに通い続けた。

 思えば、その半年前に開かれた合同練習会の時もそうだった。練習会が終わると、大道はこう切り出した。

「このままここに残って、練習をしてもいいですか」

 見上げた根性のあるヤツだなと、正村監督は感心した。

「だからキャンプにも連れていって、リーグ戦でも投げさせるつもりでいました。大道の気持ちの強さと志の高さを感じたので」

 そして正村監督は、入学してまもない大道を春のリーグ戦の開幕投手に抜擢した。教え子をめったに褒めない指揮官も、大道の野球に対する真摯な姿勢に心を動かされたのだ。

 春日部共栄高校(埼玉)時代の大道は、どちらかと言えば少し頼りなさのあるピッチャーだった。大道が当時を振り返る。

「高校時代は失敗のほうが多かったです。僕が成功したと思えるのは3年の夏ぐらい。あとはずっと(チームに)迷惑をかけていたと思います」

 今でも忘れられない試合がある。高校2年秋の関東大会での東海大甲府(山梨)との1回戦だ。先発した大道は序盤から制球が乱れて、4回で4四死球を出すなど9安打7失点。チームも7回コールドで敗れ、センバツ出場は絶望となった。

「ヒジを痛めていたこともあったのですが、センバツを決める大事な試合で大乱調のピッチングをしてしまった。その前の県大会でも準決勝の花咲徳栄戦で大乱調……。いつもチームに迷惑ばかりかけていたと思います」

 試合後、同校の佐藤充彦コーチから厳しく叱責された。その時の言葉が、大道の心に深く突き刺さった。

「おまえが変わらないといけない。まずは考え方から変えろ!」

 当時の大道は、周囲の選手と自分を比べてしまうメンタルの弱さがあった。「今の自分は何番目?」といった具合に、自分より上のランクに位置するピッチャーのことを妬んだりもした。

 冬の厳しいラントレ(ランニングトレーニング)に没頭するうちに周囲をライバル視する考えは自然と消え、自分自身をなんとかしようと考えをあらためるようになった。

「その時に”孤独”になればいいのかなって感じました。他人がどうこうではなく、自分がすべきことをやり抜く。そうやって過ごしていたらライバルが視界に入らなくなりました」

 すると、冬を越えた大道に明らかな変化が表れた。ある日の練習でふと遠投をしてみると、自分でも驚くほど楽に、そして遠くにボールを投げられるようになった。「これだ!」。その時、大道は確信に近い手応えをつかんだ。

 その後の進路相談では、本多利治監督とこんなやり取りがあった。

「東京六大学は選手層が厚くてリーグ戦で投げるまでが難しい。だけど、投げられるようになればそれだけプロにも近づける。東北(八戸学院大)は1年春からずっと結果を積み重ねていけば、東北のスターになってプロに近づく。どっちがいいか選べ」

 大道が選んだのは後者だった。そして大学進学にあたり、ひとつの目標を立てた。

「4年間で35勝!」

 ちなみに、八戸学院大が所属する北東北大学野球連盟の通算最多勝利記録は、岩手大の三浦翔太が記録した35勝だ。大学入学後、大道はその目標に向かって着実に実績を積み上げた。

1年春:7試合/2勝1敗/防御率1.84
1年秋:6試合/4勝1敗/防御率2.28
2年春:5試合/4勝1敗/防御率1.19
2年秋:8試合/4勝1敗/防御率1.95
3年春:6試合/2勝0敗/防御率2.84
3年秋:6試合/4勝1敗/防御率1.66

 気がつくと、通算勝利数は「20」を数え、昨年巨人にドラフト1位で入団した2学年先輩の高橋優貴の勝利数「17」を上回っていた。だが、大道に満足感はない。

「勝利数で高橋さんを抜いたと言っても、僕は150キロを出したことがない。1イニングを投げた時のポテンシャルは高橋さんのほうが上なので、僕は平均的に毎年数字を残していかないと上(プロ)はないと思っているんです。だからもっと気を引き締めないとダメだと思っていますし、そのための準備をしています」

 昨年6月に開催された全日本大学野球選手権。大会が終わると、大道は新たなプランを立てた。

「夏の練習は、これまでで一番追い込みました。夏なのに体重を増やして。夏だけど、冬と思ってトレーニングに励みました」

 ウエイトトレーニングはメニューも回数も増やし、体重は全日本大学選手権の時から5キロ増えた。するとボールの威力も増し、秋のリーグ戦では自己最速の149キロをマーク。平均でも145キロ前後を投げられるようになった。

 もちろん、全日本大学選手権での苦い経験も大きい。佛教大戦では4回までに8個の三振を奪う快投を見せるも、7回以降は球速が落ち、9回には走者をためて交代。その後、チームは逆転負けを喫してしましった。

 その時に痛感したのは、1回から9回までを投げきれる体力と根性。夏のトレーニングでは、そこも頭に入れて取り組んだ。

 それが実ったのか、秋のリーグ戦ではこれまで一度もなかった完封が2試合もあった。そのうちの1試合は同リーグのライバルである富士大からだった。正村監督も大道の成長をうれしそうに語る。

「完封した2試合はともによかったと思います。終盤にいくほどよくなって。今のアイツの体つきを見たら、見た目で変化がわかると思います。このへん(大腿部の外側を指して)の肉のつき方が変わってきている。昨年の(全日本大学)選手権の時と比べれば、違いはわかると思います」

 そして正村監督はこう続けた。

「僕は、プロに行くのが最終目標ではないと思っているんですよ。大道の場合も、プロに行って、そこからいくら勝てるか、どれだけ稼げるかだと思っているので……。そんなに急いでもしょうがないと思っているし、焦ってやるとケガにもつながるかもしれない。とにかく今やれることをやって、その結果、ドラフトで指名されたらそれでいいし、ダメなら社会人に行って、もう一度磨き直してからプロに行けばいいと思っています。アイツが目指すところは、プロで50勝、60勝……その上の100勝というところだし、最終的にどこまでいけるかわかりませんが、貪欲にその思いをもってやり続けてもらえたらうれしいです」

 大道の最大の武器は、最速149キロのストレートでもなければ、空振りが取れるタテの変化球でもない。人一倍の探求心とひたむきに野球に取り組む姿勢だ。これがある限り、必ず花は開くと正村監督は信じている。大道自身もそのことは十分に理解している。

「やっと注目してもらえるようになって、ようやくスタートラインに立てたんじゃないかと思っています」

 いよいよ始まる大学ラストイヤー。大道がどれだけ成長を続けていくのか、目が離せない。

著者:永田遼太郎●文 text by Nagata Ryotaro